ランドセルのレインカバーは必要?おすすめレインカバー5選

ランドセルのレインカバー

「ランドセルにレインカバーは付けた方が良い?」「おすすめの雨カバーはどれ?」と、ランドセルのレインカバーについて気になっていませんか?

昨今のランドセルは水に強く設計されているものが多いですが、大雨で隙間から水が入るなどの心配はあるので、一つくらい持っておくのがおすすめです。

このページでは、百貨店でランドセルの販売員を行っていた私が、ランドセルのレインカバーについて以下の流れで紹介していきます。

  1. レインカバーは付けないとダメ?
  2. ランドセルのレインカバーを選ぶ3つのポイント
  3. おすすめのレインカバー5選
  4. ランドセルのレインカバーに関するQ&A

この記事を読めば、ランドセルのレインカバーの選び方からおすすめのランドセルカバーまで全てのことが分かるので、ぜひご覧ください。

筆者のプロフィール

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

1. レインカバーは付けないとダメ?

ランドセルのレインカバーは必須ではありませんが、あった方が役に立つ場合があります。

優良なランドセルメーカーが出しているランドセルは、どれも防水性・撥水性に優れており、水に濡れても浸水しないようになっており、レインカバーは必ずしも必要ではありません。

池田屋では、降水量10mmの降雨室の中に1時間放置する雨試験(シャワー試験)を行いましたが、浸水は一切ありませんでした。

池田屋の防水性

出典:池田屋

池田屋以外でも耐水性の試験を行なっているメーカーはありますが、どれも雨に負けない耐久力を証明しています。

もし、水に濡れても、サッと乾拭きするだけでケアは十分です。

ランドセルのレインカバーが役に立つ時

レインカバーは必須ではありませんが、次のような場合は役に立ちます。

  • ゲリラ豪雨など大雨が降っている時
  • 台風など風が強い雨の日

傘では防ぎきれない雨の時には、ランドセル全体を覆うことができるレインカバーは有効です。

ランドセルのレインカバー

出典:amazon

無くてもやり過ごすことができますが、6年間使うことを考えると持っておいて損はありません。

あまり高くも無いので、ランドセルと一緒に買っておくと良いでしょう。

2. ランドセルのレインカバーを選ぶ3つのポイント

レインカバーを選ぶ際は、次のポイントをおさえておくと安心して使うことができます。

  1. ランドセルに合った大きさ
  2. 反射材が付いている
  3. 使いやすさにこだわりがある

それぞれ紹介します。

ポイント① ランドセルに合った大きさ

ランドセルカバーを購入する際は、ランドセルカバーの大きさ(高さ・横幅・マチ幅)を確認しておきましょう。

基本的にどのランドセルにも対応できる大きさに設定されていますが、一応確認しておいた方が安心です。

下の図にあるように大きさをチェックしましょう。

ランドセルカバーの大きさ

出典:楽天

サイズの詳細が無い場合は、「A4フラットファイル対応」などと表示されていれば問題なく使えます。(不安なら遠合わせてみると良いでしょう)

ポイント② 反射材が付いている

ランドセルのレインカバーのデザインは多種多様ですが、反射材が付いているのを選ぶと夜道での安全性が高まります。

レインカバーの反射材

出典:amazon

暗い色のカバーを選ぶなら、なおさら反射材付きがおすすめです。

反射材が付いていない場合は、黄色など目立ちやすいカラーを選ぶようにしましょう。

ポイント③ 使いやすさにこだわりがある

レインカバーを選ぶ際は、子どもが簡単に使えそうかチェックしましょう。

以下のように、販売ページに収納のしやすさを書いているものがおすすめです。

レインカバーの使いやすさ

出典:amazon

レインカバーを使った後に収納が面倒だと、子どもが使いたがらなくなってしまうので、片付けやすいものを選びましょう。

収納袋がシートと一体だと、袋を無くす心配が無いので安心です。

3. おすすめのランドセルレインカバー5選

2章で紹介したポイントをもとに、おすすめのレインカバーを紹介します。

最後の半透明のカバー以外は全て反射材が付いています。

商品値段&重さ大きさの目安特長
傘屋さんがつくったランドセルカバー
傘屋さんが作ったランドセルカバー
1,390円
50g
高さ:38cm
横幅:28cm
マチ:22cm
・ネイビー、イエロー、ラベンダーの3色
・袋とシートが一体
・中国製
しまえるレインカバー
しまえるレインカバー
3,000円
100g
A4フラット
ファイル対応
・黒、紺、ターコイズ、赤、ピンク、ブラウンの6色
・イニシャル入れられる
・日本製
ディアコロン
ランドセルのレインカバーda024
890円A4フラット
ファイル対応
・全9色
・伸びるゴム
まもるちゃん
まもるちゃんのレインカバー
1,280円横:27.5cm
縦:35cm
マチ:24cm
・黄、青、黒、紺、ピンク2色
・水洗いOK
半透明レインカバー
半透明のレインカバー
1,380円高さ:37cm
横幅:27cm
マチ:25cm
・透明なので、ランドセルのカラーやカバーが見える
・日本製

それぞれ紹介します。

3-1. 傘屋さんが作ったランドセルカバー 安全テープ付

傘屋さんが作ったランドセルカバー

傘屋さんが作ったランドセルカバー』は、撥水加工された生地が使用されているレインカバーです。

収納袋が、カバー本体に縫い付けてあるので、袋を無くす心配が無いので安心です。

さらに、反射テープも入っているので、安全性にも気を使われています。

レインカバーにほしい機能が全ておさえられているおすすめの一品です。

イエロー、ネイビー、ラベンダー
価格1,390円
素材ポリエステル
販売サイトhttps://www.amazon.co.jp/dp/B08KQ4FW3H/?th=1

3-2. しまえるレインカバー

しまえるレインカバー

しまえるレインカバー』は、イニシャルが大きく目立つ日本製のレインカバーです。

注文する時に、イニシャル1文字を申請して入れてもらうことができるので、すぐに自分のものだと分かります。

アウトドア用の生地が使われており、傷に強くて通気性があるので、蒸れにくいです。

値段は高めに設定されていますが、性能の優れたレインカバーと言えます。

黒、紺、ターコイズ、赤、ピンク、ブラウンの6色
価格3,000円
素材
販売サイトhttps://www.amazon.co.jp/dp/B07ZVCQQ3T/

3-3. ディアコロン

ランドセルのレインカバーda024

ランドセルカバーd-024』は、柄がおしゃれなレインカバーです。

おしゃれなレインカバーはいろいろありますが、反射材が付いていない物が多いです。しかし、このモデルはおしゃれな柄なのに、反射材がついてきます。

ゴムが伸びるようになっていて、装着しやすくなっています。

値段も1,000円を切るので、コスパが高い商品です。

ねこ、あじさい、ギンガムチェック、コスモ、スモールスター、ネイビー、ネイビーチェック、ネイビードット、ブラックボーダー
価格799円
素材メイン素材:ポリエステル
表地:合繊
販売サイトhttps://item.rakuten.co.jp/nissen-r/zzy4321h0304/

3-4. まもるちゃん
まもるちゃんのレインカバー

まもるちゃん』は、ポリエステル製のレインカバーです。

反射ワッペンが付いていて、安全に気が使われています。

また、水洗いもできるので、清潔に保つことができます。

袋は無いので、小さな収納袋を用意する必要があるので注意してください。

ブルー、コン、クロ、ピンク、キイロ
価格1280円
素材ポリエステル
販売サイトhttps://www.amazon.co.jp/dp/B00MWPDXDW/?th=1

3-5.半透明レインカバー半透明のレインカバー

半透明レインカバー』は、名前の通り、半透明仕様のレインカバーです。

「ランドセルの色を見せたい」「ランドセルカバーが見えるようにしたい」などの希望がある方は半透明がおすすめです。

半透明なので、男女どちらも使用できます。

袋が付いていないので、小さな収納袋を用意する必要があるので注意してください。

ブルー、コン、クロ、ピンク、キイロ
価格1380円
素材ポリ塩化ビニル
販売サイトhttps://www.amazon.co.jp/dp/B0777KN4G5/

4. ランドセルのレインカバーに関するQ&A

ランドセルのレインカバーについてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. ランドセルカバーはどうやって付けるのですか?
  2. ランドセルカバーは1年生でも付けられますか?
  3. レインコートで代用できますか?
  4. 反射材が無いのは使って良いですか?

それぞれ紹介します。

4-1. ランドセルカバーはどうやって付けるのですか?

ランドセルとレインカバーの上下を合わせて、覆うように取り付けるだけです。

ランドセルメーカーのセイバンがレインカバーの取り付け方を紹介しているので、気になる方は参考にしてみてください。

セイバンなどランドセルメーカーがレインカバーを販売している所も多いです。

ランドセルと合わせて購入しても良いでしょう。

4-2. ランドセルカバーは1年生でも付けられますか?

ランドセルカバーは一年生でも取り付けはできます。

ランドセルカバーの口コミを確認すると、「小学1年生でも脱着できました」という口コミがあります。

不安ならば、家で取り付ける練習をすると良いでしょう。

4-3. レインコートで代用できますか?

レインコートがあれば代用可能です。

ランドセルもカバーできるようなレインコートがあります。

レインコートの代用

出典:amazon

低学年の頃は、レインコートが推奨されていることもあるので、その場合はレインコートでも良いでしょう。

ただ、レインコートを着たくない子もいるので、その場合はレインカバーがおすすめです。

4-4. 反射材が無いのは使って良いですか?

反射材が無くても良いですが、その場合は黄色など目立つ色がおすすめです。

あまり目立たないデザインのレインカバーを使う際は、目立つ傘を使うと良いでしょう。

反射材付きの傘

出典:amazon

反射材が入っている傘もあるので、お子さんの安全にしっかり気を使うことをおすすめします。

5. さいごに

ランドセルのレインカバーについて紹介してきましたが、参考になりましたか?

レインカバーは台風の時など、風が強い雨の日にあると安心です。値段も高くないので、買っておいて損はないでしょう。

最後におすすめのランドセルカバーをまとめておきます。

  1. 傘屋さんが作ったランドセルカバー 
  2. しまえるレインカバー
  3. ランドセルカバーd-024
  4. まもるちゃん
  5. 半透明レインカバー

一番のおすすめは、値段がお手頃で基本性能がそろった「傘屋さんが作ったランドセルカバー」です。

このページが読者の皆様のレインカバー選びにお役に立てることをお祈りします。