プーマランドセルの完全ガイド|買う場所で異なる4つのモデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「プーマのランドセルってどうなの?」「基本モデルと百貨店モデルって何が違うの?」など、プーマのランドセルが気になっていませんか?

プーマのランドセルはサッカー好きの男の子に大人気ですが、実は買う場所によって複数のモデルがあるため、きちんと違いを意識して選ぶことが大切です

このページでは、百貨店でランドセルの販売経験のある私が、プーマのランドセルの特長やモデルごとの違いから、おすすめの購入場所までご説明します。

  1. プーマのランドセルが人気の2つの理由
  2. プーマのランドセルはどこで買えるの?
  3. プーマのランドセルはちょっと高いなと思った人へ
  4. ランドセルに関してよくあるQ&A

すべて読めば、プーマランドセルのモデルごとの違い理解して、お子さんにぴったりのランドセルを見つけられるでしょう。

口コミ・評判

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

1. プーマのランドセルが人気の2つの理由

プーマのランドセルは、デザインも機能性も圧倒的に優れているため、サッカー好きの男の子には間違いなくおすすめします

実際に世の中でも人気で、その人気の理由を、デザインと機能に分けて順にご説明します。

1-1. 大きなロゴでスポーティーなものからクールなものまで選べる!

プーマのランドセルと言っても、実はロゴが目立つスポーティーなものからクールなデザインまで、様々な種類から選ぶことができます。

元気でスポーティーなデザイン(基本モデル/量販店モデル)

プーマのランドセルは、スポーツ好きなお子様が一目惚れするような”スポーティーでかっこいいデザイン”が多いです。セイバンの公式ストアで買うことができます。

ワンランク上のクールな雰囲気(百貨店モデル)

一方で、大手百貨店で販売されている「百貨店モデル」は、「puma」の文字を外してプーマの柄だけにするなど、よりクールでスタイリッシュなデザインが特長です。

特に高島屋などの「限定モデル」は特に人気で、すでに一部完売しています。また、一般的な百貨店モデルはセイバンの公式ストアで買うのが最も手軽で、アフターサービスも安心なのでおすすめします。

1-2. デザインだけでなく、機能面でも圧倒的に優れている!

実は、人気のセイバンの「天使の羽(天使のはね)」がベースなので、他のランドセルより背負いやすく、元気なお子様をしっかりサポートしてくれます。

引用:セイバン

特に以下のように、肩のベルトをぐっと立ち上げることで、体によりフィットして軽く感じるというわけです。

引用:セイバン

2. プーマのランドセルはどこで買えるの?

プーマのランドセルは、主な以下の場所で買うことができます。

  • セイバンの公式ストア
  • 百貨店(高島屋など)
  • 総合スーパー(イオンなど)

後ほどご説明する通り、プーマのランドセルは買う場所によって主に4タイプありますが、どれも機能的には変わりません

そのため、後ほどそれぞれのデザインをご紹介するので、お子さんとどのデザインがいいか相談しながら選ぶのがよいと考えています。

もしどうしても決めきれない場合は、アフターサービスなども考慮すると、セイバンの公式ストアでの購入をおすすめします。なぜなら、ランドセルは6年間使うものなので、修理などアフターサービスを重視して選ぶべきだからです。

さらに、基本モデル・百貨店モデルの2種類が購入できるので種類が多く、在庫も多いメリットがあります。

※もちろんセイバンの直営店や百貨店などでも買うことができますが、在庫が限られるため、欲しいデザインが売り切れていることも多いです。公式ストアなら種類や在庫が多いため、早めにネットでおさえるのがよいと言えます。

2-1. 試着しないでネットで買っても大丈夫なの?

試着しないで買って大丈夫なのか気になる人も多いですが、最近は公式ストアなどオンラインで購入する人が増えてきています。

例えば、ランドセルを見に行くと、種類がとても多くて、販売員による営業トークなどもあって余計に迷って決めきれないという人も多いです。

プーマランドセルは「圧倒的に背負いやすい」と評判!

プーマのランドセルは、天使のはねの機能がついている分、圧倒的に背負いやすいと評判です。

口コミ・評判

piinattu18さん(30代ママ)
娘が「天使のはね モデルロイヤル」を使っています。今年のお正月に大型スーパーで、片っ端から背負ってみて、「一番背負いやすい」と言うので、それにしました。引用:yahoo知恵袋

口コミ・評判

@medeppaさん(2代ママ)
ランドセル見てきた。本人曰く天使のはねが背負いやすいらしい
天使のはねシリーズの中で近々決めちゃおう。引用:twitter

口コミ・評判

mkattun2000さん(30代ママ)
店頭で天使の羽を娘に背負わせたらピッタリでした。すでに使われてる方、今検討中の方、ご意見いただきたです!引用:yahoo知恵袋

上のように背負いやすさが実感されているのは、例えば以下のような様々な工夫がされていることによるものと考えられます。

そもそもフィッティングが不要という声も!

口コミ・評判

友人の話だと、ちゃんとフィッティングして、「これが体にぴったり」と言われたけど、実際に4月に使用するときは、6cm身長も伸びてたしね、、、。試着はあんまり意味ないかも」と言ってました。。

引用:ヤフー知恵袋

実はネットを見ると「そもそもフィッティングがいらない」という声もたくさんあります。

子供はすぐに大きくなるので入学前に試着することより、6年間背負いやすい工夫が大切というママさんは多いです。

プーマランドセルは圧倒的な背負いやすい工夫が施されているため、公式ストアでも安心して買うことができます。

2-2. プーマランドセルのデザイン比較

ここからはデザインの違いについて、特に以下のモデルについてご説明します。

上をクリックすると、気になるものからすぐチェックできます。

それぞれ順にご紹介します。デザインに迷った場合はセイバンで購入可能なモデルを選んでおけば間違いありません。

①「基本モデル」(セイバンで購入可能)

引用:セイバン

セイバンの「基本モデル」はロゴやアクセントカラーなど、プーマの躍動感溢れるイメージが最も反映されたランドセルです。

そのため、特に元気な男の子たちを中心に、周りからも一目置かれること間違いなしです。

さらに、以下のようにランドセルの内側のロゴやアクセントカラーは、目立ちすぎないため高学年になっても安心して使えるのがメリットです。

カラーバリエーション(全3色)

以上のように、セイバンの基本モデルは「スポーティーかつアクセントカラー」が特長です。

②百貨店モデル(セイバンで購入可能)

引用:セイバン

セイバンの「百貨店モデル」は、カブセは型押しされたキャットロゴだけであるなど、プーマのブランド感を控えた落ち着いた雰囲気が特長です。

さらに、以下のようにランドセルの内側もネイビーのキャットロゴだけなので、ワンランク上のクールな印象となっています。

カラーバリエーション(全4色)

セイバンの百貨店モデルは、プーマのブランドが悪目立ちすることなく、スポーティーかつクールな雰囲気なので、飽きずに6年間使うことができると言えます。

③高島屋の限定モデル

百貨店で買えるプーマランドセルの中では、特に高島屋限定モデルが人気です。

値段は他のプーマランドセルより5000円程度高いですが、素材感、色使い、仕立ての良さなどから一目で違いがわかるセレブボーイ向けのランドセルです。

高島屋限定の以下の人気モデルは、完売しました。(2018年1月時点)

カラーバリエーション(全4色)

④イオンの限定モデル

イオン限定モデルはブランド感を控えて、スポーティーでありながら落ち着いた雰囲気となっています。

ただし、以下の通り、ランドセルの内側は青地に、大きくプーマのロゴが入っているため、入学前のお子様や低学年のうちはいいですが、高学年になると恥ずかしさを感じるお子様もいらっしゃるようです。

例えば、高学年になってランドセルが子供っぽいと友達にからかわれて、あと数年しか使わないのに結局買い替えたというケースも時々ありますので留意しましょう。

カラーバリエーション(全4色)

イオンの限定モデルはクールな印象ですが、内側がやや子供っぽいデザインで、高学年になって好みが変わると買い替えのリスクもあるため注意しましょう

※値段はセイバンの基本モデルと同じなので、お子さんの好みが変わる可能性も考慮すると、セイバンの基本モデルをおすすめします。

値段の違いは?

4モデルの値段を比べたのが、以下の表です。(値段は税込)

セイバン公式ストア 百貨店モデル 高島屋限定モデル イオン限定モデル
70200〜73440円 73440円 74520円 70200円

例えば、百貨店モデルであれば、セイバン公式ストアでも百貨店でも値段は同じであることがわかります。

値段にはほとんど差はなく、どれも背負いやすいので、お子さんの好みに合わせて選んでいきましょう。

どこで買うか迷った場合は、ランドセルは6年間使うことを考慮して、専門メーカーのアフターサービスが受けられる「セイバン」で買うことをおすすめします

セイバン公式ストア:

https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

〔型落ちのプーマランドセルを検討中の人へ〕

2017年度やそれ以前のモデルは、A4フラットファイルがきちんと入らない「A4クリアファイルモデル」もあるため注意しましょう。

上のように、わずか1cm程度の違いですが、A4フラットファイルが入らないと手提げカバンで持つことになるので、手が塞がってしまいます

子供にとってはかなりの手間になるので、私はA4フラットがきちんとおさまる2018年度モデルから探すことをおすすめします。

3. プーマのランドセルはちょっと高いなと思った人へ

ランドセル選びで人気の価格帯は約5〜6万円なので、7万円前後するプーマランドセルをちょっと高いなと思う人も多いと思います。

しかし、ランドセル業界全体で見ると、お子さんの個性を尊重したり、周りと差をつけたい人が最も選んでいる価格帯は「65000〜8万円」程度です。

つまり、プーマランドセルはまさにこの範囲内です。

ちなみに、これを人気メーカーの価格帯も入れてまとめたのが、次の図です。

上をみると、プーマランドセルは決して高いわけではなく、スポーティーなデザインや背負いやすさや丈夫さなども考慮すると安いくらいと私は思っています。

それでもやっぱりもう少し安い価格帯を見てみたい人へ

プーマにこだわらなければ、同じように優れたランドセルを数万円くらい安く買うこともできます。

私は以下のどちらかも検討してみることをおすすめします。

  • 天使の羽ランドセルの「公式アウトレットセール」を活用する
  • プーマランドセルと同じ背負いやすさ、高品質のものから選ぶ

それぞれ順にご説明します。

①天使の羽ランドセルの「公式アウトレットセール」を活用する

型落ちランドセルを一番手軽に買う方法として、セイバンの「公式アウトレット」をおすすめします。

型落ちの天使の羽ランドセルを最大約52%OFFで買うことができます

※ただし、セイバンによる「プーマランドセル」の取り扱いは2018年度モデルからなので、2018年1月現在はまだアウトレットに出ていません。

今後在庫が追加されることもあるため、こまめにチェックすることをおすすめします。

②プーマランドセルと同じ背負いやすさ、高品質のものから選ぶ

プーマのランドセルは値段は高めなので、もしプーマにこだわらなければ品質を落とさないで、同じ機能性のものを数万円安く買うこともできます。

特に、プーマランドセルと同じ「天使の羽」シリーズの中で、コスパ抜群でおすすめなのは「モデルロイヤル ベーシックです。

セイバンは他のメーカーと比べて、背負いやすさ、丈夫さ、収納など圧倒的に優れているのが特長です。

セイバンは明らかに質が良い分値段も高めですが、男の子向けで唯一、5万円台で買えるのがこのランドセルです。

天使の羽などの様々な工夫がされていて、黒を基調とした正統派のデザインで6年間飽きずに使えること間違いなしです。

カラーバリエーション(全3色)

モデルロイヤル ベーシック詳細データ
価格 59,400円(税込・送料無料)
使用素材 クラリーノ
重さ 約1,170g

セイバン公式ストア:

https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2018年11月)

モデルロイヤル ベーシックは、セイバン公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

ちなみに、セイバンは背負いやすさが特に好評なので、上記のモデルロイヤル以外でもお子さんが気に入るものがあれば、本人の希望を優先してあげるのも良いでしょう。

4. ランドセルに関してよくあるQ&A

ここで、ランドセルに関してよくある質問に答えていきたいと思います。

それぞれ順にご説明します。

Q1. プーマランドセルは水にも強いの?

基本モデル・百貨店モデルともに水に強い「クラリーノRエフ・レインガードR Fα」を採用しているため、水にも強いのも特長です。

雨の日でも元気いっぱいのお子さんを、しっかりサポートしてくれます。

Q2. プーマランドセルの口コミは?

プーマランドセルのうち、ここでは特にセイバンで「基本モデル」を購入した人と、「百貨店モデル」を購入した人の口コミをご紹介します。

セイバンで「基本モデル」を購入した人の口コミ

口コミ・評判

30代ママ(ランドセル選び2017年7月〜)
ランドセルに興味のない息子でしたが、自分のサッカーボールと一緒のプーマのランドセルを見せたら一目惚れしてその後何度聞いても心変わりはありませんでした。引用:セイバン

口コミ・評判

20代ママ(ランドセル選び2017年6月〜)
大人は軽さや背負いやすさ子どもは黒と青というカラーがとても気に入り購入しました「まだ買わないの?」と買うのを心待ちにしていた息子。届くのが楽しみにです!引用:セイバン

口コミを調べる中で、以上のように、スポーティーなデザインに子供が一目惚れをして、背負いやすさなどの機能に大人も納得して買うケースが多いことが見えてきました。

セイバンで「百貨店モデル」を購入した人の口コミ

口コミ・評判

20代ママ(ランドセル選び2017年9月〜)
実物は見てないけど、親も子も一目惚れです!予算はオーバーしたけど、価値ある商品だと思っているので満足です。早く届くのが楽しみです!引用:セイバン

口コミ・評判

30代ママ(ランドセル選び2017年4月〜)
長男のランドセルも、天使のはねで、しっかりしたつくりで、3年間使用していますが、傷も入りにくく、型崩れもないので、気に入っています!!
やはり次男のも、初めから天使のはねランドセルがいい!っと決めていました。
百貨店モデルと量販店で購入できるプーマがあり、ギリギリまで、悩みました。次男は百貨店モデルのブラック×ゴールドが気に入って、絶対にこれがいいと言い張るので、本人の意見を尊重して決めました引用:セイバン

口コミを調べる中で、基本モデルと百貨店モデルで悩んだ人は多く、最終的にはデザインの好みで決めた人が多い印象でした。

Q3. プーマランドセルを「セイバン」で買うと何がいいの?

どこで買っても値段や品質は同じですが、一番の違いは「アフターサービス」です。

どこで買っても値段や品質は同じですが、ランドセルは6年間使うものなので、「アフターサービス」も重視して選ぶべきと私は考えています。

セイバンで購入すると、故障して修理が必要になった時によりスムーズにアフターサービスを受けられる可能性が高いです。

セイバンで買った場合:満足のいく説明やアフターサービスを受けられる可能性が高い

セイバンであれば、老舗メーカーとして十分な商品知識を有しているため、より納得のいく説明が受けられる可能性が高いと言えます。

また、セイバンはアフターサービスにも定評があります。

セイバンに修理依頼すれば、修理中の代替ランドセルもセイバンが手配してくれるため安心です。

その他のお店で買った場合:説明が不十分だったり、アフターサービスをスムーズに受けられないおそれがある

百貨店ではそれなりの説明を受けられる可能性がありますが、総合スーパーでは期待するような納得のいく説明は受けられない可能性が高いと言えます。

また、アフターサービスに関しても、以下からスムーズにいかない恐れもあります。

  • 修理依頼は販売店に行い、販売店からセイバンに修理依頼する
  • 修理中の代替ランドセルは販売店が手配する

Q4. 天使の羽ランドセルはどうして人気なの?

私は特に評判のよい13社のランドセルを「41メーカーを徹底比較。2018年男女・価格別おすすめランドセル12選」の記事で比較しました。

その結果、セイバンの天使の羽ランドセルは、圧倒的な背負いやすさに加えて、丈夫さ、収納、安心安全など、総合的なバランスが特に優れています

背負いやすさ:天使の羽の他にも、背負いやすい仕組みが満載!

お子様が成長しても背負いやすいように、例えば、以下のようにベルトや背中側に工夫もされています。

セイバンのランドセルにはすべて「天使のはね」や上記の工夫がされているため、6年間を通じて背負いやすいのも大きな特長です。

6年間安心して使える丈夫さ

セイバンは以下のような様々な工夫によって、6年間安心して使える丈夫さも特長です

タフかるプレート:ランドセルの潰れにくさが従来の2倍

以下のようにタフかるプレートという軽量で頑丈なプレートを入れることで、ランドセルの潰れにくさが従来の倍になっています。

スタイルキーパー・総内張りPET:潰れにくく、傷もつきにくい

タフかるプレード以外にも、以下のようなスタイルキーパーや総内張PETによって、潰れにくく、傷つきにくい工夫がされています。

A4フラットファイルも楽々入る大容量

セイバンのランドセルは、2016年度以降のモデルはすべて「A4のフラットファイル」がきちんと収まるためおすすめします

引用:セイバン

26タイプ×豊富なカラーから選べる

セイバンは26タイプのランドセルごとに複数の色から選べるため、きっとご両親もお子様も気に入るものが見つかると私は確信しています。

引用:セイバン

セイバンのランドセルは「安心・安全」

セイバンは1946年からランドセルを製造している老舗メーカーで、特に安心・安全なランドセルとしても定評があります。

すべて国内生産で、高品質にこだわり抜いているのが特長です。

引用:セイバン

さらに、毎日子どもが安心・安全に学校に通えるように、以下のような工夫もされています。

お子様の通学路には思わぬ危険が潜んでいるため、安全性により配慮されたものを意識していただきたいと思います。

Q5. ランドセルはいつ買うのがベスト?

ランドセルは、人気なこだわりの商品を買うなら年長の6~7月の予約開始になったところで買わないと売り切れてしまいます。

人気の商品を買うのであれば、メーカーのホームページを確認して、資料やサンプルの請求、予約などを計画立てて行っていきましょう。

とはいえ、ランドセルは年中売られていますので、人気な商品にこだわらなければいつでもいいのです。

特に、年明けになると、各メーカーが値引きを始めます。値段を安く抑えたい方はそのタイミングで買うこともおすすめです。

5. まとめ

ここまでプーマのランドセルについて、基本モデルや百貨店モデルなどを比べながらご説明してきましたが、いかがでしたか?

プーマのランドセルはスポーティーなデザインはもちろん、天使の羽ブランドで品質的にも間違いないと言えます

特にアフターサービスや商品知識なども考慮すると、天使の羽ランドセルのメーカーであるセイバンで、基本モデルか百貨店モデルを買うことをおすすめします

セイバン公式ストア:

プーマランドセルの「基本モデル」「百貨店モデル

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

以上を参考に、お子様にぴったりのランドセルを見つけられることを心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket