男の子に人気のランドセル6選|流行に騙されない選び方まとめ

男の子に人気のランドセル6選|流行に騙されない選び方まとめ

「男の子向きで人気のランドセルはどれ?」「男子はどのランドセルを買えば良いかしら?」と、男の子に人気のランドセルについて気になっていませんか?

ランドセルを人気だけで選んでしまうと、「普通ので十分だった」と後悔する場合もあるので、ランドセルの選び方を知っておくことをおすすめします。

このページは百貨店でランドセルの販売員をした経験のある私が、男の子に人気のランドセルと失敗しない選び方についてまとめたものです。

  1. 人気ランドセルを選ぶ前に注意するべき2つのこと
  2. 男の子に人気のランドセル6選【2022年度】
  3. 流行に流されて後悔しないための4つのポイント
  4. 男の子のランドセル選びに関するQ&A

このページを読めば、男の子に人気のランドセルが分かり、選んで失敗するリスクも大幅に減りますので、ぜひご覧ください。

筆者のプロフィール

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

1. 人気ランドセルを選ぶ前に注意するべき2つのこと

人気のランドセルを紹介する前に2つだけ注意点があります。

  • メーカー選びを一番大切にする
  • 流行の色には注意する

それぞれ簡単に解説します。

1-1. メーカー選びを一番大切にする

人気のランドセルをチェックする前に、どのランドセルメーカーが製造・販売しているかをチェックしておきましょう。

ランドセルは100以上のメーカーが存在するので、どれを選んで良いか分からなくなってしまいますが、下の図のように大きく4つに分けることができます。

この中で最も人気があっておすすめできるのは、実績のある大手・専門メーカーのランドセルです。

タイプ選びやすさ特徴主なメーカー
大手・専門メーカー★★★★
スタンダード
・値段、品質、バランスに優れている
・実績が一番ある
・選んで失敗が少ない
セイバン
フィットちゃん
キッズアミ
流通系メーカー★★★☆
種類豊富
・あらゆるニーズに応えてくれる
・安い物を選んで失敗する場合あり
イオン
イトーヨーカドー
伊勢丹
ブランド系
(ファッション・スポーツ等)
★★☆☆
値段が高い
・ブランド代で値段が高くなっている
・飽きるリスクあり
ミキハウス
コンバース
サンリオ
工房メーカー★☆☆☆
玄人向き
・値段は高いが希少価値あり
・品質にバラツキがある
・特に注意して選ぶ必要がある
池田屋
山本鞄
土屋鞄製作所

※クリックすると、公式ページにリンクします。

大手メーカーは人気があるだけでなく、販売実績とノウハウがダントツにあるため、現在のランドセルのスタンダードを作っている存在です。

私はランドセル販売員として41社をチェックしましたが、特に人気なのが次の3社でした。

  • セイバン」・・・2022年入学モデルで最もおすすめのメーカー
  • フィットちゃん」・・低価格のランドセルが豊富
  • 池田屋」・・・牛革なら合わせて検討すべき

今年、特におすすめなのが性能が充実していてコスパが良いセイバンです。

それと、希少な工房系メーカーから選びたい方には、鞄工房山本をピックアップして紹介します。

メーカー選びについて詳しいことが知りたい方は、こちらのページ「41メーカーを徹底比較。2022年男女・価格別おすすめランドセル12選」をご覧ください。

1-2. 流行の色には注意する

「2021年の男の子向きランドセルはシルバーが人気」というように色には流行がありますが、色選びでおすすめなのは、男の子は「」「」「」などスタンダードな色です。

ランドセル選びで失敗する原因として多いのが色選びで失敗することで、低学年の頃には満足していても、高学年になると好みが変わり、イヤになってしまうことがあるのです。

下の表は小学生のお子様をもつ親に実施したアンケート結果ですが、依然として黒系の色が人気だということが分かります。

男の子に人気なランドセルのカラー

※当サイト独自調べ 2020年3月

ちなみに、ランドセル最大手のセイバンでも、これとほぼ同じの調査結果が出ています。

「最近はランドセルがカラフル」とよく言われますが、実は現在でも黒や紺がスタンダードな色になっているわけです。

もし、お子様の希望でスタンダードな色以外を選ぶ時は、「他の男の子は違う色が多いけど、後悔しない?」と確認すると良いでしょう。

色以外の注意点については、3章「流行に流されて後悔しないための5つのチェックポイント」をご覧ください。

2. 男の子に人気のランドセル6選【2022年度】

大手の人気メーカーブランド「セイバン」「フィットちゃん」「池田屋」の中でも、特に人気のランドセルをご紹介します。

各メーカーのランドセルの中から、以下の観点を踏まえておすすめのランドセルを価格別にピックアップした。

  • 色:無難な色が選べる
  • 形:全かぶせで使いやすい
  • 重量:重すぎず、軽すぎず
  • 素材:予算の中でコスパよく
  • 使いやすさ:背負いやすいかなど

1つずつ紹介しますが、いくらくらいのにすればいいのか見当もつかないという方は多くの方が選ばれている価格帯の「モデルロイヤル ベーシックセイバン)」が最もおすすめです。

男の子~4万円:フィットちゃん「フィットちゃん201」

フィットちゃん「フィットちゃん201」のイメージ

フィットちゃん201」は「フィットちゃん」の40,700円(税抜37,000円)のランドセルです。

3ブランドの中で最も安いランドセルはこの「フィットちゃん201」で、少しでも安く良い物をという方におすすめです。

カラーバリエーションも豊富で、フィットちゃんならではの背負いやすさ・丈夫さを持つ、最もおすすめのランドセルの一つです。

カラーバリエーション(男の子向け全3色)

フィットちゃん201のカラーバリエーション

フィットちゃん201詳細データ
価格40,700円(税抜37,000円)送料無料
使用素材クラリーノ
重量約1,100g

フィットちゃん公式ストア: http://www.fit-chan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2021年10月) フィットちゃん201は、フィットちゃん公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子4~5万円:セイバン「ユアメイト チャーリー」

セイバンのランドセル「ユアメイト チャーリー」2020年版

ユアメイト チャーリー」は「セイバン」の52,800円(税抜48,000円)のランドセルです。アンジュエールグロスというつやめきがあり、はっ水性の高いセイバンオリジナル素材が使われており、丈夫で背負いやいです。

アメリカンカジュアルな雰囲気があり、サイドには2本線のスポーティな盛り加工、カブセやサイドにほどこしたカラーのステッチが、デザインのアクセントになっています。

「天使のはね」も搭載され背負いやすく、左右前後に反射材が付いているため、暗い夜道や雨の日でも安心できる機能に優れたランドセルです。

カラーバリエーション(男の子向け3色)

セイバンのランドセルユアメイト チャーリー マリンブルー・カーマインレッド・モスグリーン 2020年版

ユアメイト チャーリー詳細データ
価格52,800円(税抜48,000円)送料無料
使用素材人工皮革(アンジュエール グロス)
重量約1,190g

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2021年10月) ユアメイト チャーリーは、セイバン公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子5~6万円:セイバン「モデルロイヤル ベーシック」

セイバンのランドセル「モデルロイヤルベーシック」2020年版

モデルロイヤル ベーシック」はセイバンの出すコスパ抜群のランドセルです。

セイバンの特徴である機能を搭載し、黒を基調とした高級感溢れるデザインで6年間飽きずに使えること間違いなしです。

税抜き価格6万円以下で買えるランドセルの中では機能性、耐朽性、高級感、どれをとってもおすすめです

カラーバリエーション(全4色)

モデルロイヤル ベーシック ブラック×キャメル・マリンブルー・カーマインレッド、ネイビー

モデルロイヤル ベーシック詳細データ
価格63,800円(税抜58,000円)送料無料
使用素材人工皮革(アンジュエール グロス)
重量約1,270g

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2021年10月)モデルロイヤル ベーシックは、セイバン公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子6~7万円:セイバン「モデルロイヤル クラシックナイトII」

セイバンのランドセル「モデルロイヤル クラシックナイトII」2020年版

予算が7万円だと、デザイン性に優れたランドセルを選べるようになり、「モデルロイヤル クラシックナイトII」は男の子の心をくすぐる剣と盾がモチーフされています。

カブセには、クールなイメージのダイヤ型の飾り鋲(びょう)、前ヒモには、レオンのロゴが入った透かしデザインのバックルなど随所にカッコ良さを感じさせられます。

デザインだけではなく、雨に強いクラリーノエフ「レインガード Fx」が素材に使われ、「せみね」や「背中Wクッション」など、快適な背負いごこちにこだわっており、小児科医98%が推奨する機能にも優れたランドセルです。

カラーバリエーション(男の子向け全4色)

モデルロイヤル クラシックナイトII フォレストグリーン ブラック マリンブルー カーマインレッド ネイビー

モデルロイヤル クラシックナイトII詳細データ
価格69,300円(税抜63,000円)送料無料
使用素材人工皮革(アンジュエール グロス)
重量約1,300g
セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2021年10月) モデルロイヤル クラシックナイトIIは、セイバン公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子7~8万円:フィットちゃん「牛革ランドセル 安ピカッタイプ」

フィットちゃんのランドセル「牛革ランドセル 安ピカッタイプ」 2020年版

牛革ランドセル 安ピカッタイプ」は牛革を使ったフィットちゃんのランドセルです。

カブセをあえてシンプルにすることで、牛革の美しさが引き立つデザインになっています

フィットちゃんならではの背負いやすさ・丈夫さはもちろん、反射材付きで安全・安心機能も充実しているため、6年間安心して使うことができます。

カラーバリエーション(男の子向け2色)

フィットちゃんのランドセル「牛革ランドセル 安ピカッタイプ」の男の子向けカラー

牛革ランドセル 安ピカッタイプ詳細データ
価格90,200円→81,180円(税込・Web限定価格)
使用素材牛革
重量約1,390g
フィットちゃん公式ストア: http://www.fit-chan.com
ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。
在庫情報(2021年10月) 牛革ランドセル 安ピカッタイプは、フィットちゃん公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子8万円超え:池田屋「防水コードバン」

8万円越えのランドセルになるとコードバンを選べるようになりますが、3メーカーのコードバンのランドセルで最もおすすめしたいのが「池田屋」の「防水コードバン」です。

どれも高品質ですが、コードバンのランドセルはフィットちゃんからは販売されておらず、セイバンは8月31日に販売終了したため、3メーカーで最も安く手に入るコードバンランドセルだからです。

参考:コードバン比較表
メーカー型名価格(税込)
セイバンホマレ アンティークコードバン8/31で販売終了
フィットちゃんなし
池田屋防水コードバン98,000円

池田屋の防水コードバン

防水コードバン」は「池田屋」の中で最も高級なランドセルです。コードバンの美しさが際立つように、上品にツヤ消し加工で仕上げられています。

池田屋のランドセルは、背当てにはクラリーノが利用されており、コードバンのランドセルにしては軽くなっています。

「最高級素材を使いたいけど、軽いものが良い」という方におすすめです。

カラーバリエーション(全2色)

池田屋のコードバンのカラー2021年

防水コードバン詳細データ
価格98,000円(税込・送料無料)
使用素材

[カブセ] 防水コードバン

[本体・背負いベルト表] 防水牛革

[カブセ裏・背負いベルト裏] クラリーノ

[背あて] ピンホールクラリーノ

重量約1,400g
池田屋公式ストア: https://www.pikachan.com
ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。
在庫情報(2021年10月) 防水コードバンは、池田屋公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

3. 流行に流されて後悔しないための4つのポイント

色やデザインの流行に乗ってランドセルを選んでしまうと、次のような失敗をすることがあります。

口コミ・評判

J さん
うちは6年前息子にせがまれポケ〇ンのランドセルを買い与えました。
(背中のあたる白い部分にはピ〇チュウ顔の刻印あり、時間割、名前を書くところもポケ〇ン仕様)1~2年生の間は喜んで持っていっていましたが3年生くらいから少し恥ずかしそうにし始め高学年では周りの友達に見つかって笑われたくない一心にばれないよう持って行っていました。
うちの学校はランドセル以外のカバンでの登校は禁止だったので必死で隠していたようです。
子供も自分が無理を言って買ってもらった手前、買いなおして欲しいとは言えなかったようです(笑)

出典:yahoo知恵袋

ポケットモンスターや鬼滅の刃が流行っているからと言って、安易に選んでしまうと高学年の時に後悔してしまう場合があるわけです。

ここで紹介したランドセルを選べば、失敗するリスクは少ないですが、他のランドセルを選ぶ際は、高学年になって後悔しないように、次のポイントに注意して選びましょう。

  • 平均的な色を選ぶ
  • 全かぶせを選ぶ
  • 頑丈なものを選ぶ
  • 安全なものを選ぶ

それぞれ解説します。

ここで必要な情報はまとめていますが、さらに詳しい選び方が知りたい方は、こちらのページ「プロがポイントを総まとめ!後悔しないランドセルの選び方」をご覧ください。

3-1. 平均的な色を選ぶ

せっかくだし、みんなと被らないような個性的な色を..と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、飽きてしまう恐れもあるので、周りと違う奇抜な色はおすすめしません。

ここはあえて無難な色にするのがベストです。通う予定の小学校の登下校をチェックしたり、知り合いから聞くなどして、通学予定の学校でみんなが使っている色を選ぶようにしましょう。

ちなみに全国規模ですと、以下のランドセル工業会のアンケートの結果が参考になります。

Qランドセル、何色を買いましたか?

出典:一般社団法人 日本鞄協会 ランドセル工業会

やはり6年間使うことを考えると、男の子は「」「」、女の子は「」「」「ピンク」を選んでおくのが安心です。また、男女共に「茶色」を選ぶ人が増えてきたのが最近のトレンドです。

また最近はベースはオーソドックスな色なのに、差し色で差をつけられるものも多いです。もし「ちょっとおしゃれに」ということであればそのようなランドセルもおすすめです。

ランドセルの色「オーソドックス・差し色入り」

出典:セイバン

3-2. 全かぶせを選ぶ

ランドセルの形は、基本的によくある「全かぶせ」のものを選びましょう。

今はメーカーによっては下記のようにかぶせの部分が半分しかない「半かぶせ」のものも出てきています。

全かぶせのランドセル・半かぶせのランドセル

画像:キッズアミ

ただし、全かぶせを選んでおいた方が後悔しにくいです。反かぶせを選ぶと下記のような失敗をしてしまうケースがあります。

  • ランドセルカバーや教材が対応していない
  • かぶせの部分にものを挟めない
  • 後ろから簡単に開けられるので、防犯上良くない

こういった感じで、おしゃれですが注意点が盛りだくさんです。無難に「全かぶせ」を選んでおくのがおすすめです。

3-3. 頑丈なものを選ぶ

ランドセル選びの際は素材選びに合わせて、メーカーが頑丈さにこだわりを持っているかチェックをしましょう。

例えば、セイバンは、下の図のように「タフかるプレート」という軽量で頑丈なプレートを内部に入れることで、ランドセルの潰れにくさが従来の倍になっています。

セイバンの「タフかるプレート」のイメージ

これ以外にも素材について知っておくことが大切です。

素材価格高級感丈夫さ耐水性
人工皮革(クラリーノなど)低~中
牛革中~高
コードバン(馬のお尻の革)

人工皮革は雨に強いですが、引っかき傷に弱いです。

牛革やコードバンは傷に強いですが、雨に弱いので注意しましょう。

3-4. 安全なものを選ぶ

ランドセルは棒番ブザーを付けやすいか、また、光を反射する反射材(リフレクター)を付けやすいかなどをチェックしておきましょう。

防犯ブザーは肩ベルトに付けられるタイプが好評で、何かあった時にすぐ使うことができます。

防犯ブザーを肩ベルトにつけられるタイプのランドセル

出典:amazon

反射材がついていると雨の日や暗い夜道でも事故のリスクを減らすことができるので安心です。

4. 男の子のランドセル選びに関するQ&A

男の子のランドセル選びでよくある質問をQ&A形式でまとめました。

クリックすると該当部分に行きます。

4-1. ランドセルはいつ購入するべきですか?

ランドセルは、人気なこだわりの商品を買うなら6~7月の予約開始になったところで買わないと売り切れてしまいます。

人気の商品を買うのであれば、メーカーのホームページを確認して、資料やサンプルの請求、予約などを計画立てて行っていきましょう。

ランドセル争奪スケジュール

ランドセルをどこで購入するかについてですが、ネットで購入するのが一番良いのではないかと、販売員経験のある私は考えています。

  • 販売員のセールストークにだまされないため
  • お子様が勝手に選んでしまうことが多いため
  • 値段が最安で購入できるため

実際に背負って購入するのが基本だと思う方も多いですが、ネットで十分にチェックすることができます。

実際に店舗でチェックするのも良いですが、セールストークにだまされないように、一度家に帰ってからよく考え、それでも購入したいならネットで最安で購入しましょう。

4-2. スポーツブランドのランドセルはダメですか?

スポーツブランドやファッションブランドのランドセルもありますが、飽きられてしまう可能性があるのが気になるところです。

それに、こういう系のランドセルは、ブランド料が入っているので値段が高いということも弱点です。

それでも良いという方は、ランドセルメーカーならではの技術が取り入れられているので、『セイバン』のような大手専門ランドセルメーカーが販売しているものをおすすめします。

PUMACONVERSE
セイバンとPUMAのコラボセイバンとプーマのコラボセイバンとコンバースのコラボ

※クリックすると、紹介ページへリンクします。

どちらも背負いやすいと評判です。

ナイキは一時期ニューモデルを出さなくなってしまいましたが、2020年から新モデルが販売されたので、こちらも気になる方は要チェックです。

4-3. 購入前に実物を触らないとダメですか?

実物を触らないと失敗するということはなく、背負いやすさなど、メーカーのこだわりをネットでチェックするだけでも大丈夫です。

たとえば、セイバンでは「天使のはね」という背中にフィットさせ、重さを分散する機能があるなど、ここで紹介したいランドセルは背負いやすく設計されています。

肩の立ち上がり

引用:セイバン

もちろん、実物に触れることも役に立ちますので、気になる方は見本市やデパートでチェックしてみましょう。

ただ、実物に触れなければ失敗するということはないので安心してください

4-4. ランドセルの重さはどれ位がおすすめですか?

ランドセルの重さは1,100~1,300g程度のものが一般的なので、このあたりから選ぶのがおすすめです。

ただ、牛革やコードバンなどは1,500g位のものもありますが、本1~2冊程度の差でなので、あまり気にしなくて大丈夫なはずです。

逆に、軽いものもありますが、軽いものは壊れやすいという欠点があります。基本的に重さと頑丈さは比例すると思っていて間違いありません。

ランドセルの重さを気にするより、荷物を軽くするなどの工夫をする方が良いでしょう。

4-5. 他のランドセルメーカーを選んではダメですか?

中小企業や工房系のメーカーは質が良いものが多いですが、品質にはバラツキがあります。

日本ランドセル工業会の「ランドセル認定証」があると信頼できます。

日本ランドセル工業会の「ランドセル認定証」

出典:ランドセル工業会

この認定証があると、次の5つが認められたことになります。

  1. すべての縫製が日本国内で行われ6年間の使用に耐え得るもの。
  2. 日本鞄協会発行の「信頼のマーク」を縫着したもの。
  3. 素材は皮革又は人工皮革とする。
  4. 形状はかぶせ部が本体を覆う長さで縦型であるもの。
  5. サイズは大マチ部分の内寸の縦(最高部)が31cm前後、幅が23cm前後であること。

あまり口コミが無いランドセルを購入する場合は、このような第三者機関の審査を通ったメーカーを選ぶことをおすすめします。

有名所のメーカーをまとめていますので、気になる方は公式ページをご覧ください。(色が付いているのは、日本鞄協会「ランドセル工業会」に加盟していて、6年間修理対応してくれる所です。)

タイプメーカー特徴価格帯
大手
専門
セイバン
(天使の羽)
・デザイン、機能、バランスが優秀
・最もおすすめ
47,300円〜93,500円
ハシモト
(フィットちゃん)
・150種類のラインナップ
・安ピカッタイプ等、安全性が優秀
・148,176,000通りのオーダーメイド
40,700円〜90,200円
協和
(ふわりい)
・男女どちらにも人気
・ミニチュア加工サービスも好評
54,450円〜69,300円
NAAS
(キッズアミ)
・個性的なデニムなど種類が豊富
・セイバンに続きおすすめ
50,600円〜121,000円
羅羅屋
(ララちゃん)
・オシャレで機能性もある
・サイトが魅力的
53,900円〜77,000円
流通系 イオン
(かるすぽ)
・171万通り以上のカスタマイズ
・安いタイプが人気
30,800円〜82,500円
三越伊勢丹・バリエーション豊富
・他ブランドとのコラボあり
47,001円〜242,000円
イトーヨーカドー・選択肢が豊富
・店舗数が多いので足を運びやすい
29,000円〜85,800円
アビダビアゴ
(ママポケット)
・大容量20%アップ
・撥水性で水をはじく
42,900円〜67,100円
ニトリ
(わんぱく組)
・値段が安いのが魅力19,900円〜50,824円
工房榮伸
(フェリー・デ・エマイユ)
・すべて自社工場で生産
・プライベートブランドあり
26,100円〜91,300円
澤田屋ランドセル・すべて自社専用工場で製造
・品質を維持しながら価格を下げる工夫
33,120円〜38,800円
池田屋
(ぴかちゃん)
・70年以上の歴史ある静岡の老舗
・牛革製品が高評判
・144種類のオーダーメイド
53,000円〜98,000円
KMW
(ハネッセル)
・エアヌールという独自素材使用
・登山用リュックのメーカー
52,920円〜59,400円
フェフェ・メルへンなデザインが人気
・刺繍や花柄などユニーク
79,200円〜90,750円
カザマランドセル・70年以上の歴史ある奈良の老舗
・特許を取得した独自の背カン
32,800円〜69,500円
 カバンのフジタ・60年以上続く老舗
・360度発光、防水加工
55,000円〜98,000円
 モギカバン・高級な牛革(スムース革)を使用
・高級ながらお手頃な値段設定
53,900円〜195,800円
萬勇鞄・1950年創業のメーカー
・ネームプレートを入れてくれる
55,000円〜101,200円
中村鞄製作所・NASAのクッション素材を使用
・360度どこから見ても光る
53,680円〜93,500円
鞄工房山本・防犯、ケガ防止に特に優れている
・創業60年以上の奈良の老舗ブランド
49,900円〜190,000円
土屋鞄・高級なヌメ革を使用
・SHAPEという独特なデザインあり
64,000円〜140,000円
神田屋鞄製作所
(カルちゃん)
・耐久性、機能性全て優秀
・1951年東京豊島区で創業
48,000円〜77,000円
堀江鞄製造・雨にも強い牛革ボルサを使用
・テレビで紹介されて話題に
47,000円〜86,000円
 生田・200以上の全工程を自社工房で行う
・色、柄、パーツを選べる
52,500円〜85,700円
五十嵐製作所・創業70年以上の東京台東区の老舗
・職人が一つずつ手作り
68,000円〜10,300円
トヤマカバン店・創業明治37年
・シンプルで深みのあるデザイン
64,000円〜68,000円
松山カバン・昭和34年から続く名古屋の老舗
・昔ながらの丁寧な手作業が魅力
53,900円〜71,500円
横山鞄・イタリア製牛革を使用
・シンプルなデザインが魅力
53,000円〜69,000円
大隈カバン店・創業90年、ランドセル歴60年以上
・福岡を中心に人気
60,000円〜191,400円
バンビ鞄工房・アウトレット販売あり
・10個のプレゼントが魅力
52,000円〜92,000円
ナカノランドセル・予約ではなく即売
・値段が安いのが魅力
19,000円〜28,000円

(価格は税込)

※クリックすると公式ページへリンクします。( )はブランド名です。

値段等の変更があるかもしれませんので、最新情報は公式ページをご確認ください。

5. さいごに

男の子の人気ランドセルについてご紹介してきましたが、参考になりましたか?

人気のランドセルから適当に選ぶのではなく、実績のある大手メーカーから選ぶと失敗するリスクが減るのでおすすめです。

メーカーランキングベスト3は次の3社です。

それぞれ、上記の公式サイトで、予算やお子さんの希望を交えながら選んでみるのがおすすめです。

決められないという方は下記のランドセルから選びましょう。

男の子におすすめ

このページが、読者の皆さまのランドセル選びに役立てることをお祈りします。