ランドセルのカタログ資料請求先一覧|おすすめ人気メーカー総まとめ

ランドセルの資料請求

「ランドセルの資料請求先はどこ?」「どこのメーカーの資料を請求するべき?」と、ランドセルの資料請求をしようと考えていませんか?

ランドセルメーカーは数多くあるので、ある程度数をしぼって資料請求しないと、時間のロスになったり、結局選ぶのに時間がかかったりするので注意が必要です。

このページは、実際に百貨店でランドセルの販売員を行っていたことがある私が、ランドセルの資料請求先をまとめ、どこに資料請求をするべきかについてまとめたものです。

  1. ランドセルの資料請求先おすすめ一覧
  2. おすすめのランドセルメーカー紹介
  3. 他のランドセル資料請求先まとめ
  4. ランドセルの選び方とおすすめ6選
  5. ランドセルの資料請求に関するQ&A

このページを読めば、資料請求先を受け付けているランドセルメーカーと、どこに申し込むのがおすすめかわかるので、是非ご覧ください。

筆者のプロフィール

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

1. ランドセルの資料請求先一覧【2023年入学者向き】

ランドセルのカタログ請求先をまとめたのが下の表です。

特におすすめのランドセルブランドをマーキングしておきましたので、どこに資料請求しようか迷う方は参考にしてみてください。

分類メーカーブランド名資料請求ページ特徴まとめ

セイバンランドセルの資料請求・全学年で一番選ばれている
・背負いやすく、医師の推奨を獲得
・価格帯47,300円〜93,500円
フィットちゃんランドセルの資料請求・150種類以上のラインナップ
・安全性にこだわりのある安ピカッ
・価格帯40,700円〜90,200円
ふわりぃランドセルの資料請求・クラリーノランドセルの元祖
・オーダーメイド対応可
・価格帯54,450円〜69,300円
キッズアミランドセルの資料請求・軽いランドセルが多い
・グッドデザイン賞受賞
・価格帯50,600円〜121,000円
HAKURAランドセルの資料請求2024年度版・2023年度版はWebカタログ
・26色からのオーダーメイド
・価格帯50,600円〜121,000円


池田屋ランドセルの資料請求・牛革製品が高評判
・144種類のオーダーメイド
・価格帯53,000円〜98,000円
鞄工房山本ランドセルの資料請求・防犯、ケガ防止に特に優れている
・創業60年以上の奈良の老舗ブランド
・価格帯49,900円〜190,000円
萬勇鞄ランドセルの資料請求・オーダーメイド対応あり
・価格帯55,000円〜101,200円
土屋鞄ランドセルの資料請求・変わった色が用意されている
・価格帯63,000円〜135,000円
横山鞄ランドセルの資料請求・イタリア製牛革を使用
・シンプルなデザインが魅力
・価格帯58,000円〜69,000円
流通系三越伊勢丹ランドセルの資料請求・ランドセルのラインナップが充実
・価格帯47,300円~154,000円
高島屋ランドセルの資料請求デジタルもあり・選び方を真摯に教えてくれるサイト
・価格帯53,900円~110,000円
大丸松坂屋
カタログなし
・オリジナルネームタグプレゼント
・価格帯53,900円~231,000円
イトーヨーカドーランドセルの資料請求デジタル・8/31までnanacoポイント30倍
・らんどせるらぼという面白いページあり
・価格帯22,000円~83,600円
イオンランドセルの資料請求デジタル・8/31まで10%OFF
・イオンカード小運輸でボーナスプレゼント
・価格帯30,800円~80,982円

※メーカー名をクリックすると、公式ページに行きます。資料請求したい方は、資料請求ページのロゴをクリックしてください。

カタログが用意されていないところもありますので、その場合はホームページをチェックするか、実店舗に足を運ぶのどちらかになります。

この表以外のランドセルメーカーを知りたいという方は、3章「他のランドセル資料請求先まとめ」をご覧ください。

1-1. どこに資料請求するべき?

どういうランドセルを選びたいかで請求先は変わりますので、下の表をご覧ください。

一番のおすすめは、セイバンやフィットちゃんなど、お手頃な値段で高品質のランドセルを出している大手メーカーです。

分類メリットデメリットメーカー例
大手値段がお手頃で高品質
・軽くて水に強い人工皮革が多い
・オーダーメイド対応あり
・天然皮革の種類が少ないセイバン
フィットちゃん
キッズアミ
工房系・数が少なくて希少
天然皮革の種類が充実
・値段が高め
売り切れが早い
池田屋
山本鞄
萬勇鞄
流通系・種類が多い
店舗が多く、足を運びやすい
・数が多く、性能に不安な所もあるイオン
イトーヨーカドー
三越伊勢丹

希少価値のあるランドセルを選びたいなら工房系、お店に足を運んで選びたいなら流通系のお店がおすすめです。

1-2. 資料請求は何社くらいするべき?

ホームページをチェックし、どうしても気になるメーカーだけ資料請求すれば十分です。

資料請求の申し込みが苦でなければ別に申し込んでも良いですが、数がありすぎると、選ぶのが大変になる恐れがあるからです。

カタログがなくてもネットに情報は十分載っていますし、電子カタログがある所も多いので、それで検討することができます。

良さそうな会社を2~3社程度、多くて4~5社ほどピックアップして申し込むと良いでしょう。

2. おすすめのランドセルメーカー紹介

資料請求をしたいけど、「どのランドセルメーカーが良いか分からない」という方のために、ここでは各メーカーを紹介していきます。

1章と同様に、ランドセルメーカーを3つに分けてご紹介します。

  • 大手・・・お手頃な値段で上質なランドセルが欲しい方向き
  • 工房系・・・天然皮革の高級感あるランドセルが欲しい方向き
  • 流通系・・・デパートなど手にとって探したい人におすすめ

クリックすると、紹介部分に行きます。

それぞれ紹介します。

2-1. 大手ランドセルメーカー

「質の良いランドセルをお手頃な価格で購入したい」という方は、こちらのメーカーをチェックするのがおすすめです。

メーカー・ブランド名価格帯一言解説
セイバン47,300円〜93,500円・医師の推奨も受けている人気メーカー
フィットちゃん40,700円〜90,200円・お手頃な値段のラインナップ
ふわりぃ54,450円〜69,300円・クラリーノランドセル発祥
キッズアミ50,600円〜121,000円・グッドデザイン賞受賞
HAKURA52,800円〜110,000円・26色からえらぶことができる

※クリックすると公式ページに行きます。

それぞれ紹介します。

セイバン|2023年入学モデルで最もおすすめのメーカー

セイバン TOPページ

セイバン』は、CMでもおなじみの国内に3つも工場をもつ最大手の大手ランドセルメーカーです。

背負いやすくする仕組み、そして、6年間しっかり使える仕組みがトップクラスに充実しています。

優良ランドセルメーカーはどこも背負いやすさにこだわりを持っていますが、セイバンは小児科医の98%の推奨を獲得しており、第三者からも認められている点で一歩優れていると言えます。

デザインや選べるカラーも充実しており、最初にチェックするべきランドセルメーカーです。

価格帯42,570円〜84,150円
購入方法クレジットカード、PayPay、代金引換、コンビニ決済、GMO後払い
購入特典早期割引、オプション品500円OFF
送料5,000円以上で送料無料
配送9月下旬より順次配送
その他試着アプリのダウンロードで1,000円割引クーポンプレゼント

※カタログはこちらのページから請求できます。

フィットちゃん|低価格のランドセルが豊富なメーカー

フィットちゃん』は背負いやすさ、丈夫さや安全性に優れており、お手頃な値段で購入しやすいブランドです。

背負いやすさ、丈夫にする工夫はピカイチで、特に壊れやすいと言われる背カンは10万回の耐久性テストを実施しています。

安ピカッという100m先より視認できるようになっているなど、安全性に優れています。

デザインも豊富で、値段の安いクラリーノを中心に、50モデルから幅広く選べます。

価格帯40,700円〜85,800円
購入方法クレジットカード、コンビニ支払い、銀行振込、代金引換
購入特典早期割引、連絡ファイル、筆箱、雨除けカバーなど。
送料5,001円以上で無料
配送出来上がり次第発送(1週間前にお便りあり)
その他オーダーメイドあり

※カタログはこちらのページから請求できます。

ふわりぃ|クラリーノランドセルを世界で初めて作ったメーカー

ふわりぃのトップ2023年

ふわりぃ』は、1951年に創業した歴史の長いメーカーで、世界で初めてクラリーノのランドセルを販売しました。

現在のランドセルの素材で最もメジャーなのがクラリーノですが、そのクラリーノをランドセルに使い始めたのがこのメーカーです。

名前からも分かる通り、軽さにこだわりがあり、920gという最軽量モデルがあります。

アウトレットで60%OFFで販売していることもあるので、安く買いたい方もチェックする価値ありです。

価格帯53,000円〜69,000円
購入方法クレジットカード、コンビニ、銀行、代金引換、楽天Pay
購入特典早割で最大15%OFF
ネームプレート無料
送料5,000円以上で無料
配送入金確認後4営業日以内
その他障がい児用のランドセルがある

※カタログはこちらのページから請求できます。

キッズアミ|グッドデザイン賞を受賞した老舗メーカー

キッズアミのトップ2023年

キッズアミ』は、1948年に創業した老舗メーカー「ナース鞄工 株式会社」のランドセルブランドです。

昭和33年にランドセルとして初めて文部大臣賞を受賞するなど高い技術力が認められており、複数の有名ブランドのOEM生産を引き受けています。

デザインがスライリッシュで、グッドデザイン賞を受賞したモデルがあるので、一味違うランドセルが欲しい方はチェックしてみると良いでしょう。

もちろん、デザインだけでなく、収納力をアップするペリカンポッケ、背中の負担を減らすウィンディポケットなど、使いやすさもバッチリです。

価格帯50,600円〜121,000円
購入方法クレジットカードのみ
購入特典しわけショーズ、キッズアミパック、雨除けカバー、文房具クリアケースなど
送料無料
配送入金処理の完了後、2~5営業日程度で発送手配
その他7日以内なら無料で返品可能

※カタログはこちらのページから請求できます。

羽倉|素材選びに強いこだわりがあるランドセルメーカー

羽倉のトップ2023年

HAKURA』は、かばんの一大生産地である兵庫県豊岡市のメーカーです。

革の美しさに定評があり、特に牛革ではエイジング牛革や耐性牛革を使用するなど、素材へのこだわりを強く感じます。

HAKURAでは26色から選ぶことができ、かぶせと本体の色を選ぶことができます。

再来年の入学者向きにもカタログを出しているので、早めに選びたい方は申し込んでみると良いでしょう。

価格帯52,800円〜110,000円
購入方法大金引換・クレジットカードなど
購入特典雨カバー付き
送料無料
配送2023年3月上旬まで
その他持ち手やナスカン、ネームプレートなどはオプション

※カタログはこちらのページから請求できます。

2-2. 工房系ランドセルメーカー

牛革やコードバンなど、天然皮革を扱った工房系メーカーを紹介します。

高級感のある希少なランドセルが欲しい方はこちらをチェックしてみてください。

店名価格帯一言解説
池田屋53,000円〜98,000円・刺繍を入れないシンプルなデザイン
鞄工房山本49,900円〜190,000円・刺繍が印象的なデザイン
萬勇鞄55,000円〜101,200円・オーダーメイド対応あり
土屋鞄64,000円〜135,000円・ユニークなカラーあり
横山鞄58,000円〜69,000円・昔ながらのシンプルデザイン

※クリックすると、公式ページに行きます。

それぞれ紹介します。

池田屋|70年以上続く老舗メーカー

池田屋

池田屋』は、1950年創業の老舗メーカーで、ピカちゃんブランドで有名です。

丈夫な牛革と軽い人工皮革の両方を使ったハイブリッド仕様になっており、また、上下左右に動く背カンで背負いやすさにもこだわりが光ります。

耐久性を上げるため、刺繍を入れないシンプルなデザインになっています。

ランドセルカタログには、子ども用カタログ、色見本や絵本がついているなど、請求してみる価値があります。(子ども用カタログは配布終了、数に限りがあります)

価格帯53,000円〜98,000円
購入方法クレジットカードなど
購入特典反射シール、イニシャル刻印
送料全国一律660円
配送仕上がり次第順次発送(最終納期:2023年3月末)
その他ランドセルリメイク受付あり

※カタログはこちらのページから請求できます。

鞄工房山本|最もおすすめできるランドセルメーカーの1つ

鞄工房山本のトップ2023年

鞄工房山本』は、1949年に創業した歴史あるランドセルメーカーです。

丈夫さに定評があり、肩ベルトは一枚革で作られており、素材に合わせたコーディングがされているなど、他の工房メーカーと比べても特にこだわりが強く感じられます。

デザインはコンビカラーのものが多く、刺繍の色でオシャレさが演出されています。

カタログには、購入者の口コミを紹介したものや、ランドセルの素材感がわかる革サンプルを200円で購入することができます。

価格帯49,900円〜190,000円
購入方法クレジットカード、代金引換(現金のみ)、Amazon Pay
店舗ではPayPay、LINE Pay使える
購入特典ネームプレート無料
送料全国一律、送料無料(ランドセル以外は一律300円)
配送メールにて連絡
その他3,850円で持ち手を追加
ランドセルリメイクで時計にできる

※カタログはこちらのページから請求できます。

萬勇鞄|伝統と革新が調和したランドセルメーカー

萬勇鞄ランドセル

『 萬勇鞄』は、1950年創業の歴史あるメーカーの一つで、全てのランドセルを手縫いで製作しており、丈夫さに定評があります。

一方で、刺繍入りのデザインや、15色のカラーがあるなど、工房系メーカーにしてはカジュアルなデザインになっています。

また、おしゃれなネーム刻印プレートを全てのランドセルに付けてくれるのも魅力です。

カタログは男女で分かれていて、男の子用の数がまだ残っています。(2022年7月20日現在)

価格帯55,000円〜101,200円
購入方法クレジットカードなど
購入特典ネームプレート入り
送料無料
配送9月ごろより順次配送
その他オーダーメイド対応あり

※カタログはこちらのページから請求できます。

土屋鞄|色にこだわりたい方におすすめ

土屋鞄の2023年

土屋鞄』は、1965年にスタートした鞄メーカーです。

ジャスミンイエローやピスタチオカラー、ミントブルーなど、他のメーマーにはあまり見かけないカラーが用意されているのが魅力です。

重さにこだわりがあり、牛革と人工皮革を使って重さをおさえるハイブリッドモデルが用意されています。

製品や注文についてききたいことがあれば、LINEでお気軽に相談できます。

価格帯64,000円〜135,000円
購入方法クレジットカード、代引き、Amazon Payなど
購入特典ランドセル袋、飴カバー、革製のネームタグ、きんちゃくが付属
送料1配送につき750円(沖縄県は1,600円)
配送注文の時に指定可能
その他ランドセルリメイクあり

※カタログはこちらのページから請求できます。

横山鞄|シンプルなデザインが魅力のランドセル

横山鞄のトップ2023年

横山鞄』は、1961年に創業した岐阜県に本社がある鞄メーカーです。

イタリア製牛革とフィルウェル人工皮革という2種類の素材のランドセルがあり、お手頃な値段で購入できます。

昔ながらのシンプルなデザインが欲しい方におすすめです。

価格帯53,000円〜69,000円
購入方法 現金・クレジットカード・電子マネー対応
購入特典イニシャル刻印と飾りカシメが選べる
送料無料
配送9月以降
その他アウトレットあり

※カタログはこちらのページから請求できます。

2-3. 流通系ランドセルメーカー

さまざまなメーカーやブランドからランドセルを選びたい方は、以下のデパートや百貨店に資料請求をすると良いでしょう。

店名価格帯一言解説
三越伊勢丹47,300~154,000円・ランドセルの取り扱い数が多い
高島屋53,900~110,000円・使いやすさに一番こだわりがある
大丸松坂屋53,900~231,000円・オシャレなネームタグを付けてくれる
イトーヨーカドー22,000~83,600円・お手頃な価格設定
イオン42,570~80,982円・980gという最軽量ランドセルあり

※大丸松坂屋はカタログが用意されていないので、公式ページをご覧ください。

それぞれ紹介します。

三越伊勢丹|ブランドメーカーとのコラボのランドセルが多い百貨店

三越のランドセル2023年

三越伊勢丹』は、有名ブランドとのコラボレーションが多い百貨店です。

大峽製鞄(オオバセイコウ)、くるピタ、CROSTER、mezzo piano(メゾピアノ)など、様々な鞄メーカーやアパレルメーカーとコラボして、オリジナル品を出しています。

また、三越伊勢丹にはLOISTAR(ロイスター)というオリジナルブランドがあり、榮伸という鞄メーカーが製造しています。

三越伊勢丹でしか買えないシリーズが多いので、他の子と被らないランドセルを探したい方に向いています。

価格帯47,300~154,000円
購入方法クレジットカード・楽天Pay・MI友の会お買い物カード・Amazon Pay・ネットバンキング・携帯キャリア決済・ATM決済
購入特典メッセージカード付けることが可能
送料税込550円
配送2023年1月中旬より順次
その他・MIカードで5〜10%引き

※カタログはこちらのページから請求できます。

2-2. 高島屋|ランドセルの販売に最も力を入れている百貨店

高島屋のランドセル2022年

高島屋』は、百貨店でランドセルを買いたい方に一番おすすめのお店です。

高島屋のランドセルは全て国内生産で6年間保証があり、アップ式背カン、4方向反射、ワンタッチロック、持ち手付きなど、使いやすさにこだわりがあります。

百貨店のランドセルは、使いにくいランドセルを選んで失敗するリスクがありますが、高島屋では一定の基準をクリアしたランドセルが販売されているので、そのような失敗は少ないです。

魅力的なカタログを出しているだけでなく、Youtubeで選び方を解説していたりするので、一度はチェックする価値があります。

価格帯53,900円~110,000円
購入方法クレジットカード・タカシマヤ友の会お買物カード・d払い(ドコモ)・Amazon Pay・コンビニエンスストア・ネット銀行・ペイジー
購入特典タカシマヤオリジナルネームタグ名入れ無料サービス(承り期間は、2022年3月16日(水)午前10時→2023年1月4日(水)午前10時まで )
送料税込330円
配送日本全国どこへでもお届けいたします。
※東京都:小笠原諸島、沖縄県:島尻郡のうち北大東村、南大東村など一部地域につきましては、お届けが遅れる場合があります。
<一部配送停止地域>
※東日本大震災の影響により、届けられない地域があります。
その他・タカシマヤカードで2〜10%引き
・申し込み期限日
クレジットカード決済:2023年02月22日10時00分まで。
コンビニ・ペイジー決済・ネット銀行決済は、2023年02月17日18時00分まで。

※カタログはこちらのページから請求できます。

大丸松坂屋|オシャレなネームタグを付けてくれる百貨店

大松の松坂屋2023年

大丸松坂屋』は、購入特典としてランドセルにネーム入れのサービスと筆記用具のプレゼントを行っています。

ネーム入れのタグがオシャレなので、気になる方はチェックしてみましょう。

オンラインショッピングのページにはランドセルの情報がほとんど書かれていないので、ランドセルページで紹介されているものを選ぶと良いでしょう。

あるいは、実際に店舗に足を運び、買いたいランドセルをチェックしてから購入することをおすすめします。

価格帯53,900円〜231,000円
購入方法クレジットカード決済、コンビニ(現金)決済、銀行ATM(ペイジー)決済、ネットバンキング(ペイジー)決済、楽天ペイ(旧:楽天ID決済)、d払い(ドコモ)、代引き (商品によって使えない場合あり)
購入特典大丸・松坂屋オリジナル さくらパンダ えんぴつ+エコけしごむセットを先着でプレゼント
送料全国一律送料税込495円
配送商品ごとによって異なる
その他nanacoポイントやセブンマイルが貯まる

イトーヨーカドー|お手頃な値段のランドセルを揃えている

イトーヨーカドー

イトーヨーカドー』は、お手頃なランドセルを買いたい方におすすめのお店です。

セイバン、フィットちゃん、ふわりぃなど、人気ブランがラインナップされているので、6年間安心して使うことができます。

サーティーワンのアイスクリームとフィットちゃんがコラボしたランドセルがあるのが特徴的です。

2022年8月31日までに、ネットで購入するとnanacoポイント30倍、店舗でセブンカードで購入すると10%引きのサービスをやっています。

価格帯22,000円~83,600円
購入方法実店舗orネット
購入特典ネット購入でnanacoポイント30倍、カード会員が店舗購入で10%引きサービス(2022年8月31日まで)
送料お届け先1件につき全国一律300円(税込330円)
配送商品によって配送日は異なる(2022年9月~12月ごろ)
その他nanacoポイントやセブンマイルが貯まる

※カタログはこちらのページから請求できます。

イオン|オーダーメイドランドセルがあるショッピングモール

イオンのランドセル

イオン』は、天使の羽やフィットちゃんなどの人気ブランドだけでなく、オーダーメイドや独自ブランドが用意されているお店です。

「かるすぽランドセル」という「”かる”がる背おえて、”すっぽり”入る」をコンセプトとするブランドがあります。

980gという最軽量のランドセルが用意されていたり、269万通りにもなるカスタマイズできるサービスもあります。

2022年8月31日までに購入すれば、早期購入特典で10%OFFで購入できます。(アプリ会員限定)

価格帯42,570円~80,982円
購入方法実店舗orネット
購入特典アプリ会員で10%割引(2022年8月31日まで)
送料5,000円以上で送料無料
配送商品によって異なる
その他イオンカード、WAONでボーナスポイント付与

※カタログは公式ページをご確認ください。

3. 他のランドセル資料請求先まとめ

おさえておくべきランドセルメーカーや販売店を紹介しましたが、他にも知りたいという方のために、資料請求先をまとめておきます。

メーカーブランド名資料請求ページ特徴まとめ
くるピタランドセルの資料請求・早期割引あり
・施錠がユニーク
・価格帯60,500円~121,000円
FUJITAランドセルの資料請求・光るランドセルがイチオシ
・淡いカラーが多い
・価格帯55,000円~98,000円
カザマランドセルランドセルの資料請求・1950年からの老舗企業
・特別キーホルダープレゼント
・価格帯48,000円~72,000円
アーティファクトランドセルの資料請求・フィットちゃんと同じグループ会社
・価格帯71,500円
羅羅屋ランドセルの資料請求・3Dでオーダーメイドシミュレーションできる
・価格帯59,400円~74,800円
村瀬鞄行ランドセルの資料請求・職人の手縫いで製作されている
・価格帯36,000円~95,000円
 生田ランドセルの資料請求・200以上の工程を自社で行う
・オーダーメイドあり
・価格帯57,800円~81,400円
中村鞄製作所ランドセルの資料請求・購入すると、職人からのおたよりがもらえる
・価格帯53,800円~93,800円
樋口鞄工房ランドセルの資料請求・購入特典で筆箱とぬいぐるみ(どむぞうくん)プレゼント
・早期割引あり
・価格帯49,500円~64,400円
神田屋鞄製作所ランドセルの資料請求・オーダーメイドやアウトレットあり
・ビデオ通話相談できる
・価格帯57,000円~72,000円
黒川鞄工房ランドセルの資料請求・人気の工房メーカー
・2023年向きは販売終了
・価格帯78,000円~298,000円
ラルフローレンランドセルの資料請求・デパートで取り扱いあり
・価格帯88,000円〜231,000円
LILICOランドセルの資料請求・ブランド品のようなオシャレさ
・価格帯61,600円〜73,700円
ポール&ジョーランドセルの資料請求デジタル・スカーフがついている
・価格帯79,200~89,100円
マリークヮントランドセルの資料請求デジタル・スカーフがついている
・デイジーの花が目立つ
・価格帯79,200~89,100円
ディーゼルランドセルの資料請求デジタル・Dマークやブランドロゴが目立つ
・価格帯89,100~99,000円
ニトリランドセルの資料請求デジタルあり・全て5万円以下で購入できる
・価格帯29,900円~49,900円

※価格など最新情報は公式ページをご確認ください。

4. ランドセルの選び方とおすすめ6選

メーカーが決まったらメーカーの中からお子さんにぴったりのランドセルを選んでいきましょう。

お子さんの要望を取り入れながら選んでいただくのがベストですが、「どれにしたら良いかわからない」「何が違うのかわからない」という方のために、私なりの選び方とおすすめを紹介していきます。

4-1. ランドセルを選ぶ4つのポイント

下記の4つのポイントを押さえておけば、後悔する可能性を減らせます。

  • スタンダードな色を選ぶ
  • 全かぶせを選ぶ
  • 軽いものを選ぶ
  • なるべく上質な素材を使っているものを選ぶ

基本的に、「個性的で人と被らない」「子どもがどうしてもというから..」という理由で選ぶと失敗するリスクが高いです。

お子さんの希望を取り入れたい場合は、あなたがいくつかに絞り込み、その中から選んでもらうといいでしょう。

色:スタンダードな色を選ぶ

せっかくだし、みんなと被らないような個性的な色を..と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、飽きてしまう恐れもあるので、周りと違う奇抜な色はおすすめしません。

ここはあえて無難な色にするのがベストです。通う予定の小学校の登下校をチェックしたり、知り合いから聞くなどして、通学予定の学校でみんなが使っている色を選ぶようにしましょう。

ちなみに全国規模ですと、以下のランドセル工業会のアンケートの結果が参考になります。

Qランドセル、何色を買いましたか?

出典:一般社団法人 日本協会 ランドセル工業会

やはり6年間使うことを考えると、男の子は「」「」、女の子は「」「」「ピンク」を選んでおくのが安心です。また、男女共に「茶色」を選ぶ人が増えてきたのが最近のトレンドです。

また最近はベースはオーソドックスな色なのに、差し色で差をつけられるものも多いです。もし「ちょっとおしゃれに」ということであればそのようなランドセルもおすすめです。

オーソドックスな色のランドセルと差し色のあるランドセル

出典:フィットちゃん

ランドセルの形:全かぶせを選ぶ

ランドセルの形は、基本的によくある「全かぶせ」のものを選びましょう。

今はメーカーによっては下記のようにかぶせの部分が半分しかない「半かぶせ」のものも出てきています。

全かぶせのランドセル・半かぶせのランドセル

画像:キッズアミ

ただし、全かぶせを選んでおいた方が後悔しにくいです。半かぶせを選ぶと下記のような失敗をしてしまうケースがあります。

  • ランドセルカバーや教材が対応していない
  • かぶせの部分にものを挟めない
  • 後ろから簡単に開けられるので、防犯上良くない

こういった感じで、おしゃれですが注意点が盛りだくさんです。無難に「全かぶせ」を選んでおくのがおすすめです。

重量:重すぎず、軽すぎないものを

ランドセルは軽い方がいいのではないの?という方もいらっしゃるかと思いますが、おすすめなのは重すぎず、軽すぎないものです。

重量としては1,000~1,400gを目安に選ぶと失敗しにくいです。

1,000gを切るようなランドセルもありますが、軽すぎるものは壊れやすい傾向にあるため、なるべくこの範囲内で選びましょう。

素材:予算の範囲でなるべく上質な素材を

値段別にコードバン>牛革>人工皮革と3種類ありますが、予算が許す限りいい素材のものを選んであげましょう。

高い素材は風合い、強度など、高くても選ばれる理由があるから売られています。

少なくとも、このページで紹介するブランドであれば高ければ高いものの方が質がいいので、予算が許す限り上質な素材を選んでいきましょう。

ここから予算別に先ほどのランドセルの中で2022年に特にオススメできるものを紹介していきます。

4-2. 価格帯別:男の子におすすめランドセルランキングベスト6

おすすめのブランドから、価格順におすすめのランドセルを紹介するので、予算に合ったものをチェックしてみてください。

1つずつ紹介しますが、いくらくらいのにすればいいのか見当もつかないという方は多くの方が選ばれている価格帯の「モデルロイヤル クラシックセイバン)」が最もおすすめです。

男の子~4万円:フィットちゃん「フィットちゃん201」

フィットちゃん「フィットちゃん201」のイメージ

フィットちゃん201」は「フィットちゃん」の40,700円(税抜37,000円)のランドセルです。

3ブランドの中で最も安いランドセルはこの「フィットちゃん201」で、少しでも安く良い物をという方におすすめです。

カラーバリエーションも豊富で、フィットちゃんならではの背負いやすさ・丈夫さを持つ、最もおすすめのランドセルの一つです。

カラーバリエーション(男の子向け全3色)

フィットちゃん201のカラーバリエーション

フィットちゃん201詳細データ
価格40,700円(税抜37,000円)送料無料
使用素材クラリーノ
重量約1,100g

フィットちゃん公式ストア: http://www.fit-chan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2022年8月) フィットちゃん201は、フィットちゃん公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子4~5万円:セイバン「ユアメイト ウィリー」

セイバンのランドセル「ユアメイト ウィリー」2021年版

ユアメイト ウィリー」は「セイバン」の47,300円(税抜43,000円)のランドセルです。アンジュエールグロスというつやめきがあり、はっ水性の高いセイバンオリジナル素材が使われており、丈夫で背負いやいです。

クルマをモチーフに、親しみやすいベーシックなデザインになっており、クルマのフロント部分をイメージしたカブセのステッチや、カブセ裏にもクルマをプリントするなどポップな雰囲気が演出されています。

「天使のはね」も搭載され背負いやすく、左右前後に反射材が付いているため、暗い夜道や雨の日でも安心できる機能に優れたランドセルです。

カラーバリエーション(男の子向け2色)

セイバンのランドセル ユアメイト ウィリー 2021年 ブラック×グレー ブラック×マリンブルー

ユアメイト ウィリー詳細データ
価格47,300円(税抜43,000円)送料無料
使用素材人工皮革(アンジュエール グロス)
重量約1,150g

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2022年8月)ユアメイト ウィリーは、セイバン公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子5~6万円:セイバン「モデルロイヤル クラシック」

セイバンのランドセル「モデルロイヤル クラシック」男の子 2021年版

モデルロイヤル クラシック」はセイバンの出すコスパ抜群のランドセルです。

刺繍などを控えていて、飾り気のないシンプルさが特長で、高学年になっても使いやすいはずです。

税抜き価格6万円以下で買えるランドセルの中では機能性、耐朽性、高級感、どれをとってもおすすめです

カラーバリエーション(全3色)

モデルロイヤル クラシック マリンブルー ブラック メイプル

モデルロイヤル クラシック詳細データ
価格60,500円(税抜55,000円)送料無料
使用素材人工皮革(クラリーノ エフ 「レインガード Fα」)
重量約1,280g

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2022年8月)モデルロイヤル クラシックは、セイバン公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子6~7万円:セイバン「モデルロイヤル クラシックナイトII」

セイバンのランドセル「モデルロイヤル クラシックナイトII」2020年版

予算が7万円だと、デザイン性に優れたランドセルを選べるようになり、「モデルロイヤル クラシックナイトII」は男の子の心をくすぐる剣と盾がモチーフされています。

カブセには、クールなイメージのダイヤ型の飾り鋲(びょう)、前ヒモには、レオンのロゴが入った透かしデザインのバックルなど随所にカッコ良さを感じさせられます。

デザインだけではなく、雨に強いクラリーノエフ「レインガード Fx」が素材に使われ、「せみね」や「背中Wクッション」など、快適な背負いごこちにこだわっており、小児科医98%が推奨する機能にも優れたランドセルです。

カラーバリエーション(男の子向け全4色)

モデルロイヤル クラシックナイトII フォレストグリーン ブラック マリンブルー カーマインレッド ネイビー

モデルロイヤル クラシックナイトII詳細データ
価格69,300円(税抜63,000円)送料無料
使用素材人工皮革(アンジュエール グロス)
重量約1,300g

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2022年8月)モデルロイヤル クラシックナイトIIは、セイバン公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子7~8万円:フィットちゃん「牛革ランドセル 安ピカッタイプ」

フィットちゃんのランドセル「牛革ランドセル 安ピカッタイプ」 2020年版

牛革ランドセル 安ピカッタイプ」は牛革を使ったフィットちゃんのランドセルです。

カブセをあえてシンプルにすることで、牛革の美しさが引き立つデザインになっています

フィットちゃんならではの背負いやすさ・丈夫さはもちろん、反射材付きで安全・安心機能も充実しているため、6年間安心して使うことができます。

カラーバリエーション(男の子向け2色)

フィットちゃんのランドセル「牛革ランドセル 安ピカッタイプ」の男の子向けカラー

牛革ランドセル 安ピカッタイプ詳細データ
価格90,200円→81,180円(税込・Web限定価格)
使用素材牛革
重量約1,390g

フィットちゃん公式ストア: http://www.fit-chan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2022年8月) 牛革ランドセル 安ピカッタイプは、フィットちゃん公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子8万円超え:セイバン「ホマレ アンティークコードバン」

8万円越えのランドセルになるとコードバンを選べるようになりますが、3メーカーのコードバンのランドセルで最もおすすめしたいのが「セイバン」の「ホマレ アンティークコードバン」です。

どれも高品質ですが、コードバンのランドセルはフィットちゃんからは販売されておらず、3メーカーで最も安く手に入るコードバンランドセルだからです。

参考:コードバン比較表
メーカー型名価格(税込)
セイバンホマレ アンティークコードバン93,500円→84,150円
フィットちゃんなし
鞄工房 山本コードバンレイブラック95,000円

セイバン「ホマレ アンティークコードバン」2020年版

セイバンの「ホマレ アンティークコードバン」は、最高級のコードバンをしっかりと使用し、3メーカーで現在最も安く購入できるコードバンランドセルです。

シンプルなのに、コードバンを最大限生かしたデザインで高級感があり、使えば使っただけ味も出てきます。

見た目だけでなく、セイバンならではの6年間背負いやすい仕組みもしっかり取り込まれているので、3メーカーで現在最安のコードバンながら、質も高いです。

カラーバリエーション(男の子向け2色)

セイバン「ホマレ アンティークコードバン」のカラー

ホマレ アンティークコードバン詳細データ
価格93,500円→84,150円(税抜76,500円)送料無料
使用素材牛革(カブセ:コードバン)
重量約1,550g

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2022年8月)ホマレ アンティークコードバンは、セイバン公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

4-3. 価格帯別:女の子におすすめランドセルランキングベスト6

おすすめのブランドから、価格順におすすめのランドセルを紹介するので、予算に合ったものをチェックしてみてください。

1つずつ紹介しますが、いくらくらいのにすればいいのか見当もつかないという方は多くの方が選ばれている価格帯の「モデルロイヤル クラシックセイバン)」が最もおすすめです。

女の子~4万円:セイバン「ユアメイト ハンナ」

セイバンのランドセル「ユアメイト ハンナ」2021年版

ユアメイト ハンナ」は「セイバン」の47,300円(税抜43,000円)のランドセルです。アンジュエールグロスというつやめきがあり、はっ水性の高いセイバンオリジナル素材が使われており、丈夫で背負いやすくなっています。

サイドにはクローバーとパステルイエローの小花をあしらい、控えめながらも存在感のあるデザインに仕上っています。

「天使のはね」も搭載され背負いやすく、左右前後に反射材が付いているため、暗い夜道や雨の日でも安心できる機能に優れたランドセルです。

カラーバリエーション(女の子向け2色)

ユアメイト ハンナ メイプル×ブラウン ビビッドピンク×ピンク

ユアメイト ハンナ詳細データ
価格47,300円→42,570円(税抜38,700円)送料無料
使用素材人工皮革(アンジュエール グロス)
重量約1,150g

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2022年8月) ユアメイト ハンナは、セイバン公式ストアで女の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

女の子4~5万円:フィットちゃん「あい・愛ティアラ」

フィットちゃん「あい・愛ティアラ」

あい・愛ティアラ」は、女の子向けフィットちゃんとして、この価格帯で用意されている唯一のモデルです。

8色から選べて、ハートをモチーフとした刺繍や金具がサイド・内装・背当てにまで施されてた可愛らしいデザインが特長です。

フィットちゃんの背負いやすい工夫も詰め込まれており、お子さんが大きくなっても体にフィットする作りなので安心して使えます。

カラーバリエーション(全5色)

フィットちゃん「あい・愛ティアラ」のカラーバリエーション

あい・愛ティアラ詳細データ
価格53,900円→早割48,400円(税抜44,000円)送料無料
使用素材人工皮革(クラリーノ エフ)
重量約1,180g
フィットちゃん公式ストア: http://www.fit-chan.com
ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。
在庫情報(2022年8月) あい・愛ティアラは、フィットちゃん公式ストアで女の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

女の子5~6万円:セイバン「モデルロイヤル クラシック」

セイバンのランドセル「モデルロイヤル クラシック」女の子 2021年版

モデルロイヤル クラシック」はセイバンの中でコスパ抜群のランドセルです。

セイバンの特徴である機能を搭載し、可愛くて、高学年になっても飽きないシンプルな刺繍が特長です。

6万円台で買えるランドセルの中では機能性、耐久性、おしゃれ度、どれをとってもおすすめです。

カラーバリエーション(全3色)

セイバンのランドセル モデルロイヤル クラシック カーマインレッド・パステルパープル・サックス 2021年版

モデルロイヤル クラシック詳細データ
価格60,500円(税抜55,000円)送料無料
使用素材人工皮革(クラリーノ エフ 「レインガード Fα」)
重量約1,280g

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2022年8月) モデルロイヤル クラシックは、セイバン公式ストアで女の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

女の子6~7万円:セイバン「モデルロイヤル クリスタル」

セイバンのランドセル「モデルロイヤル クリスタル」2021年版

モデルロイヤル クリスタル」は、特にロマンティックなモチーフが多く、可愛らしい"女の子らしさ"が特長です。

特にラインストーン、スワロフスキーのクリスタル、繊細な刺しゅうなどが、お子様の個性を引き立ててくれること間違いありません。

背負いやすさなどセイバンの強みはそのままに、可愛らしいものが大好きなお子様に特におすすめします。

カラーバリエーション(全6色)

モデルロイヤル クリスタル詳細データ
価格69,300円(税抜63,000円)送料無料
使用素材人工皮革(アンジュエール グロス)
重量約1,290g

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp 

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2022年8月) モデルロイヤル クリスタルは、セイバン公式ストアで女の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

女の子7~8万円:フィットちゃん「牛革ランドセル 安ピカッタイプ」

フィットちゃんのランドセル「牛革ランドセル 安ピカッタイプ」 2020年版

牛革ランドセル 安ピカッタイプ」は牛革を使ったフィットちゃんのランドセルです。

カブセをあえてシンプルにすることで、牛革の美しさが引き立つデザインになっています

フィットちゃんならではの背負いやすさ・丈夫さはもちろん、反射材付きで安全・安心機能も充実しているため、6年間安心して使うことができます。

カラーバリエーション(女の子向け2色)

フィットちゃんのランドセル「牛革ランドセル 安ピカッタイプ」の女の子向けカラー

牛革ランドセル 安ピカッタイプ詳細データ
価格90,200円→81,180円(税込・送料無料)
使用素材牛革
重量約1,390g

フィットちゃん公式ストア: http://www.fit-chan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2022年8月) 牛革ランドセル 安ピカッタイプは、フィットちゃん公式ストアでチェリー×チェリーが残りわずかです。人気商品なのでお早めに。

女の子8万円超え:セイバン「ホマレ アンティークコードバン」

8万円越えのランドセルになるとコードバンを選べるようになりますが、3メーカーのコードバンのランドセルで最もおすすめしたいのが「セイバン」の「ホマレ アンティークコードバン」です。

どれも高品質ですが、コードバンのランドセルはフィットちゃんからは販売されておらず、3メーカーで最も安く手に入るコードバンランドセルだからです。

参考:コードバン比較表
メーカー型名価格(税込)
セイバンホマレ アンティークコードバン93,500円→84,150円
フィットちゃんなし-
鞄工房 山本コードバングレース95,000円

セイバン「ホマレ アンティークコードバン」2020年版

セイバンの「ホマレ アンティークコードバン」は、最高級のコードバンをしっかりと使用し、3メーカーで現在最も安く購入できるコードバンランドセルです。

シンプルなのに、コードバンを最大限生かしたデザインで高級感があり、使えば使っただけ味も出てきます。

見た目だけでなく、セイバンならではの6年間背負いやすい仕組みもしっかり取り込まれているので、3メーカーで現在最安のコードバンながら、質も高いです。

カラーバリエーション(女の子向け2色)

セイバンのランドセル「ホマレ プレミアムレザー」カーマインレッド・キャメル 2020

ホマレ アンティークコードバン詳細データ
価格93,500円→84,150円(税抜76,500円)送料無料
使用素材牛革(カブセ:コードバン)
重量約1,550g

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2022年8月)ホマレ アンティークコードバンは、セイバン公式ストアで女の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

5. ランドセルの資料請求に関するQ&A

ランドセル選びについてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. そもそも資料請求はする必要があるのでしょうか?
  2. ランドセルの資料請求はいつからやるべきですか?
  3. ランドセルのカタログの一括請求はできますか?

それぞれ紹介します。

5-1. そもそも資料請求はする必要があるのでしょうか?

ネットに情報は揃っているので、必要性はあまりないですが、次のような場合は資料請求しても良いでしょう。

  • パソコンがわからない祖父母に見せたい
  • 紙媒体の方が家族で選びやすい

ランドセル選びを家族でやりたい場合、PCやスマホでなく、紙媒体でカタログがあると便利だなと思うなら申し込んでも良いでしょう。

もし、ネットで情報が足りないなら、電話やメールで質問しても良いですし、実店舗に足を運ぶことをおすすめします。

5-2. ランドセルの資料請求はいつからやるべきですか?

ランドセルのカタログの受付開始はメーカーによって異なりますが、ランドセル選びを真剣にやりたい方は1年半程度前くらいから始めると良いでしょう。

下の図は、ランドセルを選ぶ(ラン活)というスケジュールをまとめたものです。

ランドセル争奪スケジュール

ランドセルの販売は毎年早くなってきており、1月ごろから新作が発表されます。

この時期にカタログ請求を始めると良いでしょう。

5-3. ランドセルのカタログの一括請求はできますか?

今のところ、ランドセルを一括請求できるようなサイトはありません。

気になったランドセルメーカーを選び、一つずつ申し込むしかありません。

申し込みが面倒なら、数を絞ってすることをおすすめします。

5. さいごに

ランドセルの資料請求先について紹介してきましたが、参考になりましたか?

ランドセルのメーカー・ブランドは無数にあるので、良さそうなメーカーを数社選んでから資料請求をすると良いでしょう。

最後に、おすすめのメーカーをそれぞれまとめておきます。

まずはセイバンをチェックし、それから皆様が気になるメーカーと比較して選ぶと良いでしょう。

このページが読者の皆様のランドセル選びにお役に立てることをお祈りします。