購入前に要チェック!イオンのランドセルで失敗しないための注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

一生に一度のランドセル、できるだけいいものを選んであげたいですよね。色々なランドセルを気軽に試せるイオンのランドセルが気になっていませんか?

イオンのランドセルは異なるブランドを色々試着して選べるのがメリットです。ただし、買う前に知っておくべき注意点がいくつかあります。

百貨店でランドセルの販売員を行っていた経験から、イオンのランドセルについて以下の流れでお伝えします。

    1. イオンのランドセルのメリット3つとデメリット4つ
    2. 自社製造で、特に丈夫で背負いやすいおすすめメーカー3社
    3. 失敗しないランドセルの選び方と男女別おすすめ各6選
    4. イオンのランドセルに関してよくあるQ&A

このページを読めば、イオンのランドセルの特徴やあなたにぴったりのランドセルが見つかるでしょう。

口コミ・評判

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

はじめに:イオンのランドセルとは?

イオンのランドセルは、「イオンオリジナルブランド」と「ランドセルメーカー各社のランドセル」の2つに大別されます。

各種ブランドの取り扱い総数は、業界でもトップクラスです。

ブランド・ジャンル 種類
値段
イオン/かるすぽ はなまるランドセル24 3タイプ 32,400円〜41,040円
ミラクルin 2タイプ 43,740円、46,656円
みらいポケット 6タイプ 43,740円〜70,956円
新わすれナイン 2タイプ 63,180円〜66,096円
オーダーメイド 120万通りの組合せ 41,040円〜77,760円
イオン/その他 3STYLEランドセル 1タイプ 51,840円
天使のはね 17モデル
(イオン限定は7種)
48,600円〜75,600円
フィットちゃん 6タイプ
(すべてイオン限定)
56,160円〜60,480円
くるピタ 3タイプ 54,000円〜59,400円
スポーツブランド プーマ 2タイプ 70,200円
アディダス 1タイプ 78,840円
ナイキ 1タイプ 81,000円
キャラクター ディズニー 3タイプ
(イオン限定は1種)
57,240円
サンリオ 2タイプ 57,240円
ドラえもん 1タイプ 57,240円
その他 5タイプ
(内、イオン限定2種)
60,480円〜81,000円

上のように幅広いラインナップで、最大180種のランドセルを試着できるのもイオンの強みです。

Q. どのイオンにもランドセル売り場があるの?

大半のイオンにランドセル売り場があって試着できます。

ただし、万一取り扱っていないといけないので、取り扱い店舗を公式ページで事前にチェックしましょう。

 1. イオンのランドセルのメリット3つとデメリット4つ

イオン」は、大手総合スーパーの1つとして、食料品や日用品から雑貨まで、多くの人にとって生活に欠かせない存在となっています。

イオンのランドセルは様々なランドセルを実際に試着して選べるのが好評です。イオンはオリジナルブランドも積極的に出しており、軽くて大容量だったり、24色から選べる「かるすぽを販売しています。

1-1. イオンのランドセルの3つのメリット

そんなイオンのランドセルのメリットは、以下の3つにまとめてみました。

  • 様々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選べる
  • オリジナルブランドは、意外と高機能なものが多い
  • 6年間無料保証があるため安心

それぞれ順にご説明します。

① 様々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選べる

イオンはオリジナルブランドやコラボから大手ランドセルメーカーまで、幅広いラインナップが特長です。

そのため、イオンに行けば各種ブランドのランドセルを気軽に色々試すことができます。

例えば、イオンのランドセルの中では「かるすぽ」が人気です。

イオンのオリジナルブランド:「かるすぽ」

かるすぽ」とは、「かるさ、大きさ、つよさ、心地よさ」を重視したイオンのオリジナルブランドです。

かるすぽとして2008年に販売開始されたイオンの「はなまるランドセル24(旧 24色のランドセル)」は画期的で、その後、個性的なランドセルがヒットするきっかけとなりました。

実際の背負いやすさや質感など、手軽に試せるのが嬉しいと好評です。

大手メーカーのランドセルも試着できる

イオンでは、以下のような大手メーカーのランドセルも試着できます。

  • 天使の羽で有名な「セイバン
  • CMでもおなじみに「フィットちゃん」など

そのため、複数の異なるブランドを試したい人は、近所のイオンに行くのがおすすめです。

特にこのセイバンとフィットちゃんは背負いやすく、丈夫なランドセルなので後ほど詳しくご説明します。

② オリジナルブランドは、意外と高機能なものが多い

販売当初は、オリジナルブランドは正直”安かろう悪かろう”という印象もありました。

しかし、最近はデザインや機能は一般的なランドセルとほぼ同等まで改良されてきています。

例えば、イオンオリジナルブランドの「かるすぽ」のシリーズは、以下のように使い勝手の良さ(機能性)もウリにしています。

「かるすぽ/みらいポケット」

「かるすぽ/ミラクルin」

「カルスポ/新わすれナイン」

③ 6年間保証があるため安心

さらに、万が一壊れた時でも修理してくれる保証付きなので安心です。

ランドセル選びでは、6年間保証のあるものから選ぶのが基本であり、無料修理は嬉しいポイントです。

1-2. イオンのランドセルの4つのデメリット

幅広いラインナップと機能性に優れるイオンのランドセルですが、一方で以下のデメリットもあります。

  • オリジナルブランドでも、実は期待するほど安くはない
  • 親が想定していなかったものを、お子さんが気に入ってしまう可能性がある
  • ほぼ同じ価格帯で、より背負いやすくて、丈夫と評判のランドセルがある
  • ランドセルメーカーで買った方が色やデザインの種類が多く、スムーズなアフターサービスも期待できる

それぞれ順に紹介します。

① オリジナルブランドでも、実は期待するほど安くはない

イオンのオリジナルブランドと聞くと安いイメージがありますが、実は期待するほど安くはありません。

最も安いのは24色ランドセルの32,400円ですが、機能やデザイン、質感などがそれなりのものを選ぶと5〜6万円程度なので、一般的なランドセルとほぼ同じ水準です。

以前は取り扱っていた高価格帯はなくなり、2020年は低〜中価格帯を取り扱っています。例えば人気のランドセルメーカーと比べると、以下の通りです。

安く済ませようと思ってイオンに行ったのに、質感や使い勝手を比べた結果、数万円プラスしてより上質なものを買う人も多いです。

② 親が想定していなかったものを、お子さんが気に入ってしまう可能性がある

例えば、かるすぽは24色あって個性的なカラーも多いため、例えば以下のように親がまったく想定していなかった奇抜な色を選んでしまうこともあります。

また、低〜高価格帯まで揃っているため、お子さんが予算オーバーのものを気に入ってしまって困ることもあるため注意しましょう。

③ ほぼ同じ価格帯で、より背負いやすくて、丈夫と評判のランドセルがある

イオンの機能はよくなってきていますが、壊れたという口コミが他より多い傾向があって、丈夫さにはやや不安が残ります。

保証の条件を満たしていれば無料で修理してもらえますが、持ち込んだり、代替ランドセルを使ったり、返却するのは正直手間と言えます。

そのため値段を抑えつつも、より丈夫なものを意識することをおすすめします。

④ ランドセルメーカーで買った方が色やデザインの種類が多く、スムーズなアフターサービスも期待できる

イオンは、オリジナルブランドのように「天使の羽」で有名なセイバンなど、他社が作ったランドセルを販売(OEM販売)しています。

品質や機能面では大手のランドセルとほぼ差はないと言えます。

ただし、製造元が自社でないと、一般的には以下のデメリットがあります。

  • 値段が割高になる
  • ランドセルに関する問い合わせや、修理依頼の対応が遅くなる
  • 会社が自由にできる範囲が少なくなるので、色やモデルのバリエーションが減る傾向にある

イオンの場合、値段はセイバンと比べて安いものもあれば、高いものもありますが、残り2つのデメリットに当てはまると言えます。

特にアフターサービスを重視するなら、ランドセルメーカーによる自社製造のものをおすすめします

自社製造で、背負いやすく丈夫と特に評判なのが「フィットちゃん」

そのうちの1つが、背負いやすさが評判の「フィットちゃん」のランドセルです。

背負いやすさ・丈夫さが評判のフィットちゃんランドセルは、以下のような工夫を施しています。

<フィットちゃんの例:背負いやすさ>

各メーカーのこだわりが出るところ。例えば下記のように肩ベルトを肩の形に合わせ、少し立ち上げた作りにしています。

引用:フィットちゃん

これにより、背負った時にランドセルがぐっと立ち上がり、下記のように、体によりフィットする作りになっているのです。

引用:フィットちゃん

ちなみに、試着した方がいいのでは..と思う方もいらっしゃるかと思いますが、1年ごとに体格がどんどん変わって行くので、「今背負いやすい」というポイント以上に6年間背負いやすいかということも意識したいです。

<フィットちゃんの例:丈夫さ>

例えば、特に壊れやすいと言われる背カン(本体と肩ベルトをつなぐ金具)の強度にこだわっていて、10万回の耐久性テストを実施しています。

引用:フィットちゃん

「イオン」のランドセルもいいですが、6年間使うことを考えるとより少しでも優れたランドセルを選ぶのが無難です。

留意点:イオンのランドセルは過去に不具合があって、自主回収したことがある

イオンは2016年に約3万台のランドセルに不具合があったとして、自主回収 (リコール)したことがあります。

背カンの留め具が緩んでいたものが一部あって、壊れやすい原因の1つとなっていました。

その後改良はされているはずですが、改良版が6年間しっかり使えるかは、現時点ではまだ6年経っていないため正直なんとも言えません。

1章まとめ:イオンよりも他のランドセルがおすすめ!

「イオン」のランドセルはデザインや機能はよくなってきていますが、他をみると丈夫さや背負いやすさがより優れたものがいくつかあります。

他のランドセルと比べると、故障や買い替えなどを経験している人もいるため注意しましょう

それでも気になる方は公式ページをのぞいてみてください。

イオンのランドセルの公式ページhttps://shops.aeonsquare.net

ただし、私は故障や買い替えの心配なく、6年間安心して使えるものとして私は他のランドセルをおすすめします。

注意!取扱店など実店舗で購入する前に公式オンラインストアを確認

イオンのランドセルを購入する際は、店舗で着用感などを確認して、いいと思った場合も、その場で購入せずネットを確認しましょう

理由はシンプルに、在庫の色や種類が圧倒的に公式オンラインストアの方が多いからです。

百貨店やスーパーだと色々なメーカーのものを置く分、スペースは限られます。

同じような形で、もっと希望に近いデザインや色が見つかるかもしれませんので、実際に店舗でいいものを見つけたらネットで他のバリエーションもみていきましょう!

そもそもフィッティングが不要という声も!

口コミ・評判

友人の話だと、ちゃんとフィッティングして、「これが体にぴったり」と言われたけど、実際に4月に使用するときは、6cm身長も伸びてたしね、、、。試着はあんまり意味ないかも」と言ってました。。引用:ヤフー知恵袋

実はネットを見ると「そもそもフィッティングがいらない」という声もたくさんあります。

なぜなら子供の体型は日々変わるので、今の背負い心地は関係ないからです。それよりも、メーカーが6年で体型が変わっても背負いやすい設計をしていることの方が大切だったりします。

2. 自社製造で、特に丈夫で背負いやすいおすすめメーカー3社

長年百貨店のランドセル売り場で勤務してきて触れたことのある41社のランドセルメーカーの中で、近年特に業界での評判の良かった14社を下記のように比較してみました。

この14社であれば、全て日本国内で製造されているもので、縫製など品質にはほとんど差がありませんが、少しでもいいものを選ぶために比較していきましょう。

背負いやすさ・頑丈さの評価について

  • ★・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度がトップクラス
  • ◎・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度が非常に高い水準
  • ◯・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度が高い水準
  • △・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度は平均的
  • ×・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度は今ひとつ
ブランド 無料修理保証 バリエーション 選べる皮の種類 背負いやすさ 頑丈さ A4フラット 価格帯

フィットちゃん

46のモデル×豊富なカラー+オーダーメイド 39,960円〜
97,200円
ランドセル 池田屋 ロゴ

池田屋

14のモデル×豊富なカラー
カーラーオーダー可能
44,280円〜95,040円

セイバン

34のモデル×豊富なカラー 46,656円〜88,560円

カバンのフジタ

16のモデル×
豊富なカラー
49,000円〜98,000円

モギカバン

17のモデル×
豊富なカラー
50,000円〜108,000円

ララちゃん

7モデル+オーダーメイド 40,000円〜73,000円

萬勇鞄

16のモデル×
豊富なカラー
52,920円〜
99,360円

鞄工房山本


無料と明記なし
19のモデル×
豊富なカラー
57,000円〜
179,000円

ふわりぃ

14のモデル×
豊富なカラー+オーダーメイド
38,700円〜
64,800円

土屋鞄

11のモデル×
豊富なカラー
62,000円〜
120,000円

生田

12のモデル×
豊富なカラー
55,000円〜
82,000円

キッズアミ

11のモデル×
豊富なカラー
57,240円〜
98,280円

イオン

65のモデル×
豊富なカラー+オーダーメイド
32,400円〜
77,760円

伊勢丹

57のモデル×
豊富なカラー
57,240円〜
237,600円

(価格は税込)

この中から選んでいきましょう。正直スペックはどれも高く甲乙つけがたいですが、あえておすすめを選ぶとしたら下記の3メーカーです。

  • フィットちゃん」・・・2020年モデルで最もおすすめのメーカー
  • 池田屋」・・・牛革のランドセルが欲しい方は必ずチェックすべき
  • セイバン」・・理想のランドセルを見つけるために併せてチェックすべき

2-1. 価格の相場はどんな感じ?

この3つがおすすめというのはわかったけど、価格帯は大丈夫なの?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

この3メーカーは品質も良いですが、下記のようにこの3つをチェックしておけば目的に合わせた価格帯を全て抑えられます。

先ほどの3社は、どの価格帯の商品も豊富なので、予算にかかわらずこの3メーカーをチェックすれば間違いありません。

ちなみに、3万円を切るようなランドセルは、すぐに壊れてしまう、背負いやすさを考慮されていないものが多いので、基本的に3万円中盤以上の製品がおすすめです。

予算が許すのであれば、「人気の価格帯」である4万円台後半以上のランドセルがおすすめです。

2-2. おすすめの3社はこんなメーカー

おすすめの3社は以下の3社です。基本的に下記の3社のホームページにいき、現在販売中の商品の中から予算とお子さんの好みに合ったランドセルを選べば間違いありません。

  1. フィットちゃん
  2. 池田屋
  3. セイバン

まずは、これらのメーカーがどんな会社か、そして商品にはどんな特徴があるのかを解説しますので、良さそうな1社を選びましょう。

次の章で、選び方、各メーカーの商品比較をしていきますので、決められないという方は次の章を見ていきましょう。

購入は公式通販サイトから

ランドセルは、メーカーの公式サイト、公式通販サイトから購入するのが最もおすすめです。

特に最近は、偽物を送りつけられたり、振り込んだのに届かないということも起こっています。また、在庫の種類も豊富で、公式ページでしか買えないモデルもありますので、下記の公式サイト、公式通販サイトから購入するようにしましょう。

①フィットちゃん|2020年モデルで最もおすすめのメーカー

フィットちゃん」は背負いやすさ、丈夫さやコスパを踏まえ、今年最もおすすめのランドセルです。

ここまでも少し紹介してきましたが、背負いやすさや丈夫さを追求する仕組みが満載で、口コミの評価も高かったです。

デザインも豊富で、値段の安いクラリーノ~高品質なコードバンまで46モデルから幅広く選べるので、ぴったりなランドセルに出会いやすいです。

モデル一例

好みのランドセルがない場合も、1億通り以上のランドセルをオーダーメイドで作ってくれるので、お子さんやご家族の望み通りのランドセルが手に入ります。

要注意:2020年入学向けのフィットちゃんのオーダーメイドは数が限られています

2020年入学モデルはオーダーメイドが限定500個のようです。

例年6月末には完売するようですので、オーダーメイドが欲しい方は早めに予約しましょう。(価格・税別58,500円~)

フィットちゃんオーダーメイド予約ページ:https://www.fit-chan.com/ordermade/

フィットちゃん詳細データ
会社名 株式会社ハシモトBaggage
主な使用素材 コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯 39,960円〜97,200円
ラインナップ 46のモデル×豊富なカラー+オーダーメイド

フィットちゃん公式ストア:

http://www.fit-chan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

② 池田屋|牛革のランドセルが欲しい方は必ずチェックすべき

池田屋」は創業69年の老舗ランドセルメーカーです。特に高品質で価格の安い牛革のモデルが充実しているので、牛革のランドセルを検討する方は、フィットちゃんと合わせて検討すべきです。

また、「牛革のランドセルのカラーオーダー」を行なっている数少ないメーカーの一つなので、牛革で個性を出したい方にもおすすめです。フィットちゃんほど組み合わせは多くありませんが数百通りから選べます。

さらに特筆すべきはどんな理由で壊れても、無償で修理してくれること。手厚い保障で、卒業まで安心して使えると好評です。

池田屋詳細データ
会社名 有限会社 池田屋カバン店
主な使用素材 コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯 44,280円〜95,040円
ラインナップ 14のモデル×豊富なカラー+オーダーメイド

池田屋公式ストア:

https://www.pikachan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

③ セイバン|理想のランドセルを見つけるために併せてチェックすべき

セイバン」はCMでもおなじみの国内に3つも工場をもつ最大手の大手ランドセルメーカーです。背負いやすくする仕組み、6年間しっかり使える仕組みが、フィットちゃんと同じくらい充実しています。

機能の一例

最大手だけあって、使う人も多いので、被りやすいのが若干心配ですが、種類も豊富なので、選択肢を広げるために上記2社と合わせてチェックしておきましょう。

コンバースなどともコラボした豊富なラインナップがあり、お子さんに合ったランドセルがきっと見つかります。

セイバン詳細データ
会社名 株式会社セイバン
主な使用素材 コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯 46,656円〜88,560円
ラインナップ 34のモデル×豊富なカラー

セイバン公式ストア:

https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

3. 失敗しないランドセルの選び方と男女別おすすめ各6選

基本的に先ほどの3メーカーの公式ページに行き、お子さんの要望を取り入れながら選んでいただくのがベストですが、「どれにしたらいいかわからない」「何が違うのかわからない」という方のために、私なりの選び方とおすすめを紹介していきます。

3-1. ランドセルを選ぶ4つのポイント

メーカーが決まったらメーカーの中からお子さんにぴったりのランドセルを選んでいきましょう。

下記の4つのポイントを押さえておけば後悔する可能性を減らせます。

  • 色はなるべく無難なものを
  • 全かぶせを選ぶ
  • 軽いものを選ぶ
  • なるべく上質な素材を使っているものを選ぶ

基本的に、「個性的で人と被らない」「子どもがどうしてもというから..」という理由で選ぶと失敗するリスクが高いです。

お子さんの希望を取り入れたい場合は、あなたがいくつかに絞り込み、その中から選んでもらうといいでしょう。

色:男の子・女の子に合わせて無難なものを

せっかくだし、みんなと被らないような個性的な色を..と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、飽きてしまう恐れもあるので、周りと違う奇抜な色はおすすめしません。

ここはあえて無難な色にするのがベストです。通う予定の小学校の登下校をチェックしたり、知り合いから聞くなどして、通学予定の学校でみんなが使っている色を選ぶようにしましょう。

ちなみに全国規模ですと、以下のベネッセのアンケートの結果が参考になります。

Qランドセル、何色を買いましたか?

出典:ベネッセ教育情報サイト

やはり6年間使うことを考えると、女の子は「ピンク」「赤」、男の子は「黒」「紺」を選んでおくのが安心です。

また最近はベースはオーソドックスな色なのに、差し色で差をつけられるものも多いです。もし「ちょっとおしゃれに」ということであればそのようなランドセルもおすすめです。

出典:フィットちゃん

ランドセルの形:全かぶせを選ぶ

ランドセルの形は、基本的によくある「全かぶせ」のものを選びましょう。

今はメーカーによっては下記のようにかぶせの部分が半分しかない「半かぶせ」のものも出てきています。

画像:キッズアミ

ただし、全かぶせを選んでおいた方が後悔しにくいです。反かぶせを選ぶと下記のような失敗をしてしまうケースがあります。

  • ランドセルカバーや教材が対応していない
  • かぶせの部分にものを挟めない
  • 後ろから簡単に開けられるので、防犯上良くない

こういった感じで、おしゃれですが注意点が盛りだくさんです。無難に「全かぶせ」を選んでおくのがおすすめです。

重量:重すぎず、軽すぎないものを

ランドセルは軽い方がいいのではないの?という方もいらっしゃるかと思いますが、おすすめなのは重すぎず、軽すぎないものです。

重量としては1,000~1,400gを目安に選ぶと失敗しにくいです。

1,000gを切るようなランドセルもありますが、軽すぎるものは壊れやすい傾向にあるため、なるべくこの範囲内で選びましょう。

素材:予算の範囲でなるべく上質な素材を

値段別にコードバン>牛皮>人工皮革と3種類ありますが、予算が許す限りいい素材のものを選んであげましょう。

高い素材は風合い、強度など、高くても選ばれる理由があるから売られています。

少なくとも、このページで紹介するブランドであれば高ければ高いものの方が質がいいので、予算が許す限り上質な素材を選んでいきましょう。

ここから予算別に先ほどのランドセルの中で2020年に特にオススメできるものを紹介していきます。

3-2. 価格帯別:男の子におすすめのランドセル6選

各メーカーのランドセルの中から価格帯別に以下の観点を踏まえておすすめを紹介していきます。

  • 色:無難な色が選べる
  • 形:全かぶせで使いやすい
  • 重量:重すぎず、軽すぎず
  • 素材:予算の中でコスパよく

まずは男の子向けのおすすめランドセルを価格別に並べると以下のようになります。

1つずつ紹介しますが、いくらくらいのにすればいいのか見当もつかないという方は多くの方が選ばれている価格帯の「グッドボーイDX 安ピカッタイプフィットちゃん)」が最もおすすめです。

男の子~4万円:フィットちゃん「フィットちゃん201」

フィットちゃん201」は「フィットちゃん」の39,960円のランドセルです。

3ブランドの中で4万円を切るランドセルはこの「フィットちゃん201」だけで、少しでも安く良い物をという方は一択でおすすめです。

カラーバリエーションも豊富で、フィットちゃんならではの背負いやすさ・丈夫さを持つ、最もおすすめのランドセルの一つです。

カラーバリエーション(男の子向け全3色)

フィットちゃん201詳細データ
価格 39,960円(税込・送料無料)
使用素材 クラリーノ
重量 約1,100g

フィットちゃん公式ストア:

http://www.fit-chan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2019年4月)

フィットちゃん201は、全色フィットちゃん公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。在庫が残りわずかなのでお早めに。

男の子4~5万円:池田屋「ツヤ消しクラリーノ シンプルステッチ」

ツヤ消しクラリーノ シンプルステッチ」は「池田屋」の44,280円のランドセルです。クラリーノのランドセルながら、肩の部分には牛革が使われ、丈夫で背負いやすくなっています。

あえてツヤを消したクラリーノを使っていて、クラリーノの中でも高級感があります。また、カラーバリエーションも豊富で絶妙な差し色も使われているので、デザイン性も優れています。

フィットちゃん」もこの価格帯で個性的な商品をいくつか出しているので、比べてみましょう。

カラーバリエーション(男の子向け4色)

ツヤ消しクラリーノ シンプルステッチ詳細データ
価格 44,280円(税込・送料無料)
使用素材 クラリーノ(肩部分:牛革)
重量 約1,100g

池田屋公式ストア:

https://www.pikachan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2019年4月)

ツヤ消しクラリーノ シンプルステッチは、池田屋公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子5~6万円:フィットちゃん「グッドボーイDX 安ピカッタイプ」

グッドボーイDX 安ピカッタイプ」は「フィットちゃん」の出す高性能なランドセルです。

デザインもいいですが、注目すべきは機能性で、クラリーノの素材の中でも、最も傷に強い「クラリーノタフロック」という素材が使われていて、頑丈です。

さらに、「安ピカ」と呼ばれる、ランドセルが暗闇で光る機能を搭載しているため、暗い道でも事故に遭いにくいです。

6万円以下で買えるランドセルの中では機能性、耐朽性、デザイン、どれをとってもおすすめで、価格帯に悩む方もこれを選べば間違いありません。

カラーバリエーション(全2色)

グッドボーイDX 安ピカッタイプ詳細データ
価格 60,480円→Web購入で54,000円(税込・送料無料)
使用素材 クラリーノ(タフロック)
重量 約1,250g

フィットちゃん公式ストア:

http://www.fit-chan.com

Web限定割りを受けるためにも、上記公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2019年4月)

グッドボーイDX 安ピカッタイプは、フィットちゃん公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子6~7万円:池田屋「イタリア製防水牛革プレミアム カラーステッチ」

7万円以下で、牛革のランドセルは滅多に売っていませんが、「池田屋」は、6~7万円の牛革のランドセルを豊富に扱っています。

3メーカーでも7万円以下で牛革のランドセルが買えるのは池田屋だけでした。

公式ページの牛革ランドセル一覧」から選べますが、イチオシなのは「イタリア製防水牛革プレミアム カラーステッチ」です。オーソドックスな色に糸の色でアクセントがついていて、シンプルながら飽きにくいデザインです。

カラーバリエーション(男の子向け全5色)

トラディショナル 牛革ボルサランドセル詳細データ
価格 65,880円(税込・送料無料)
使用素材 牛皮
重量 約1,300g

池田屋公式ストア:

https://www.pikachan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2019年4月)

イタリア製防水牛革プレミアム カラーステッチは、池田屋公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子7~8万円:フィットちゃん「牛革ランドセル」


牛革ランドセル」は「フィットちゃん」の出す牛革ランドセルで、本来約85,000円の商品ですが、「フィットちゃんのオンラインストア」であれば、税込75,600円で購入可能です。

もともとフィットちゃんには牛革ランドセルがありませんでしたが、リクエストも多く、フィットちゃんの機能をそのまま受け継いで作られた、高品質のランドセルです。

フィットちゃんならではの背負いやすさ、丈夫さを誇り、シンプルで高級感溢れるデザインで、高学年まで安心して使えます。少しこだわった牛革をもたせたいという方におすすめです。

※カラーバリエーションは男の子向けの黒と、女の子向けの赤の2色だけです。

牛革ランドセル詳細データ
価格 84,240円→Web購入で75,600円(税込・送料無料)
使用素材 牛革
重量 約1,450g

フィットちゃん公式ストア:

http://www.fit-chan.com

Web限定割りを受けるためにも、上記公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2019年4月)

「牛革ランドセル」は、フィットちゃん公式ストアで黒の在庫があります。人気商品なのでお早めに。

男の子8万円超え:セイバン「トラディショナル コードバンランドセル」

8万円越えのランドセルになるとコードバンを選べるようになりますが、3メーカーのコードバンのランドセルで最もおすすめしたいのが「セイバン」の「ホマレ アンティークコードバン」です。

どれも高品質ながら、3メーカーで最も安く手に入るコードバンランドセルだからです。

参考:コードバン比較表
メーカー 型名 価格
フィットちゃん コードバンランドセル 97,200円
池田屋 防水コードバン 95,040円
セイバン ホマレ アンティークコードバン 82,620円

セイバンの「ホマレ アンティークコードバン」は、最高級のコードバンをしっかりとし使用し、3メーカーで最も安く購入できるコードバンランドセルです。

シンプルなのに、コードバンを最大限生かしたデザインで高級感があり、使えば使っただけ味も出てきます。

見た目だけでなく、セイバンならではの6年間背負いやすい仕組みもしっかり取り込まれているので、3メーカーで最安のコードバンながら、質も高いです。

カラーバリエーション(現在2色)

ホマレ アンティークコードバン詳細データ
価格 91,800円→今だけ82,620円(税込・送料無料)
使用素材 コードバン
重量 約1,540g

セイバン公式ストア:

https://store.seiban.co.jp

この商品は公式ストア(直営店舗orオンラインストア)でしか買うことができません。

在庫情報(2019年4月)

HOMAREは、セイバン公式ストアでブラック・キャメルの在庫があります。去年はすぐに売り切れたのでお早めに。

3-3. 価格帯別:女の子におすすめのランドセル6選

女の子向けのおすすめランドセルを価格別に並べると以下のようになります。

1つずつ紹介しますが、いくらくらいのにすればいいのか見当もつかないという方は多くの方が選ばれている価格帯の「プティガール 安ピカッタイプフィットちゃん)」が最もおすすめです。

女の子~4万円:フィットちゃん「フィットちゃん201」

フィットちゃん201」は「フィットちゃん」の39,960円のランドセルです。

3ブランドの中で4万円を切るランドセルはこの「フィットちゃん201」だけで、少しでも安く良い物をという方は一択でおすすめです。

カラーバリエーションも可愛く、フィットちゃんならではの背負いやすさ・丈夫さを持つ、最もおすすめのランドセルの一つです。

カラーバリエーション(女の子向け全3色)

フィットちゃん201詳細データ
価格 39,960円(税込・送料無料)
使用素材 クラリーノ
重量 約1,100g

フィットちゃん公式ストア:

http://www.fit-chan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2019年4月)

フィットちゃん201は、全色フィットちゃん公式ストアで女の子向けの全色在庫があります。在庫が残りわずかなのでお早めに。

4~5万円:池田屋「ツヤ消しクラリーノ シンプルステッチ」

ツヤ消しクラリーノ シンプルステッチ」は「池田屋」の44,280円のランドセルです。クラリーノのランドセルながら、肩の部分には牛革が使われ、丈夫で背負いやすくなっています。

あえてツヤを消したクラリーノを使っていて、クラリーノの中でも高級感があります。また、カラーバリエーションも豊富で、絶妙な差し色も使われているので、デザイン性も優れています。

フィットちゃん」もこの価格帯で個性的な商品をいくつか出しているので、比べてみましょう。

カラーバリエーション(女の子向け6色)

ツヤ消しクラリーノ シンプルステッチ詳細データ
価格 44,280円(税込・送料無料)
使用素材 クラリーノ(肩部分:牛革)
重量 約1,100g

池田屋公式ストア:

https://www.pikachan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2019年4月)

ツヤ消しクラリーノ シンプルステッチは、池田屋公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

女の子5~6万円:フィットちゃん「プティガール 安ピカッタイプ」

プティガール 安ピカッタイプ」は「フィットちゃん」の出す高性能なランドセルです。

デザイン・機能性は抜群で、デザインに関しては、さりげない刺繍が可愛く、また飽きも来にくいと好評です。

さらに、「安ピカ」と呼ばれる、ランドセルが暗闇で光る機能を搭載しているため、暗い道でも事故に遭いにくく、安心です。

6万円以下で買えるランドセルの中では機能性、耐朽性、デザイン、どれをとってもおすすめで、価格帯に悩む方もこれを選べば間違いありません。

カラーバリエーション(全3色)

プティガール 安ピカッタイプ詳細データ
価格 60,480円→Web購入で54,000円(税込・送料無料)
使用素材 クラリーノ(タフロック)
重量 約1,250g

フィットちゃん公式ストア:

http://www.fit-chan.com

Web限定割りを受けるためにも、上記公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2019年4月)

プティガール 安ピカッタイプは、フィットちゃん公式ストアで男の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

女の子6~7万円:池田屋「イタリア製防水牛革プレミアム カラーステッチ」

7万円以下で、牛革のランドセルは滅多に売っていませんが、「池田屋」は、6~7万円の牛革のランドセルを豊富に扱っています。

3メーカーでも7万円以下で牛革のランドセルが買えるのは池田屋だけでした。

公式ページの牛革ランドセル一覧」から選べますが、イチオシなのは「イタリア製防水牛革プレミアム カラーステッチ」です。オーソドックスな色に糸の色でアクセントがついていて、シンプルながら飽きにくいデザインです。

カラーバリエーション(女の子向け全5色)

トラディショナル 牛革ボルサランドセル詳細データ
価格 65,880円(税込・送料無料)
使用素材 牛皮
重量 約1,300g

池田屋公式ストア:

https://www.pikachan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2019年4月)

イタリア製防水牛革プレミアム カラーステッチは、池田屋公式ストアで女の子向けの全色在庫があります。人気商品なのでお早めに。

女の子7~8万円:フィットちゃん「牛革ランドセル」

牛革ランドセル」は「フィットちゃん」の出す牛革ランドセルで、本来約85,000円の商品ですが、「フィットちゃんのオンラインストア」であれば、税込75,600円で購入可能です。

もともとフィットちゃんには牛革ランドセルがありませんでしたが、リクエストも多く、フィットちゃんの機能をそのまま受け継いで作られた、高品質のランドセルです。

フィットちゃんならではの背負いやすさ、丈夫さを誇り、シンプルで高級感溢れるデザインで、高学年まで安心して使えます。少しこだわった牛革をもたせたいという方におすすめです。

※カラーバリエーションは女の子向けの赤と男の子向けの黒の2色だけです。

牛革ランドセル詳細データ
価格 84,240円→Web購入で75,600円(税込・送料無料)
使用素材 牛革
重量 約1,450g

フィットちゃん公式ストア:

http://www.fit-chan.com

Web限定割りを受けるためにも、上記公式ストアでの購入がベストです。

在庫情報(2019年4月)

「牛革ランドセル」は、フィットちゃん公式ストアで黒の在庫があります。人気商品なのでお早めに。

女の子8万円超え:セイバン「トラディショナル コードバンランドセル」

8万円越えのランドセルになるとコードバンを選べるようになりますが、3メーカーのコードバンのランドセルで最もおすすめしたいのが「セイバン」の「ホマレ アンティークコードバン」です。

どれも高品質ながら、3メーカーで最も安く手に入るコードバンランドセルだからです。

参考:コードバン比較表
メーカー 型名 価格
フィットちゃん コードバンランドセル 97,200円
池田屋 防水コードバン 95,040円
セイバン ホマレ アンティークコードバン 82,620円

セイバンの「ホマレ アンティークコードバン」は、最高級のコードバンをしっかりとし使用し、3メーカーで最も安く購入できるコードバンランドセルです。

シンプルなのに、コードバンを最大限生かしたデザインで高級感があり、使えば使っただけ味も出てきます。

見た目だけでなく、セイバンならではの6年間背負いやすい仕組みもしっかり取り込まれているので、3メーカーで最安のコードバンながら、質も高いです。

カラーバリエーション(現在2色)

ホマレ アンティークコードバン詳細データ
価格 91,800円→今だけ82,620円(税込・送料無料)
使用素材 コードバン
重量 約1,540g

セイバン公式ストア:

https://store.seiban.co.jp

この商品は公式ストア(直営店舗orオンラインストア)でしか買うことができません。

在庫情報(2019年4月)

HOMAREは、セイバン公式ストアでブラック・キャメルの在庫があります。去年はすぐに売り切れたのでお早めに。

4. イオンのランドセルに関してよくあるQ&A

ここで、ランドセルに関してよくある質問に答えていきたいと思います。

それぞれ順にご説明します。

Q1. イオンやニトリの量販系モデルと百貨店系モデルの違いは?

量販系でも百貨店でも、売られているランドセルは大手メーカーのランドセルがほとんどです。

量販店系は値段を3〜5万円程度におさえたものが多く、百貨店では上質な素材を使ったものや一流ブランドとのコラボが中心で、値段も5万〜10万円以上まで幅があります。

イオンとニトリの違いは?

量販店系の中でもイオンは、より高級志向で一般的なランドセルと比べても品質的に大きく見劣りしません

一方で、ニトリはコストを抑えることを優先しているため、安い素材や縫製が多く、壊れやすいという声もあります。

以下の比較表からも、特に価格帯が異なることがわかります。

イオン

「かるすぽ」

ニトリ

「わんぱく組」

シリーズ 3シリーズ 5シリーズ
重さ 約990〜1,200g 約1,030〜1,210g
価格帯 32,400〜70,956円 19,900〜49,900円
素材 人工皮革 人工皮革
サイズ A4フラットOK A4フラットOK

Q2. イオンにはお得な割引や特典はあるの?

2020年モデルのランドセルがカタログ表示価格から「10%OFF」される特別割引もあります。(期間:2019年3月7日~2019年10月31日)

ただし、これはキッズリパブリックアプリ会員限定割引で、「店舗での購入」「アプリクーポンの提示」が条件です。

その他にも2020年モデルランドセルを購入すると、以下2つの購入特典があります。

Q3. ランドセルはいつ買うのがベスト?

ランドセルは、人気なこだわりの商品を買うなら年長の6~7月の予約開始になったところで買わないと売り切れてしまいます。

人気の商品を買うのであれば、メーカーのホームページを確認して、資料やサンプルの請求、予約などを計画立てて行っていきましょう。

とはいえ、ランドセルは年中売られていますので、人気な商品にこだわらなければいつでもいいのです。

特に、年明けになると、各メーカーが値引きを始めます。値段を安く抑えたい方はそのタイミングで買うこともおすすめです。

5. まとめ

ここまで「イオンのランドセルについてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

イオンのランドセルは、色々なランドセルを試着して選びたい人には向いています。

イオンの公式ページ:https://shops.aeonsquare.net

ただし、ランドセルは6年間使うことを考えてると、より丈夫で、より多くの種類や色の中から納得して選ぶことをおすすめしたいです。

6年間使いやすい、特におすすめのランドセルメーカーは次の3社です。

それぞれ特長が異なるため、上記の公式サイトで予算やお子さんの希望を交えながら選ぶのも良いでしょう。

どうしても決められないという方は男女別・価格別に下記のランドセルがおすすめです。

男の子におすすめ

女の子におすすめ

このページを参考に、お子さんにぴったりのランドセルが見つかることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket