女の子に黒のランドセルは大丈夫?最新トレンドとおすすめ3選

女の子に黒のランドセルってどうなの?最新トレンドとおすすめ3選

「女の子のランドセルで黒はどうなの?」「娘のランドセルをブラックにしても大丈夫?」と、女の子のランドセルを黒色にするか考えていませんか?

近年ではランドセルカラーの多様化が進んでいますが、女の子で黒を選ぶのはまだ少数です。もし、黒を選びたいなら一度よく考えてから選ばないと後悔する恐れがあるので注意が必要です。

この記事では、百貨店でランドセルの販売員を行っていた私が、女の子の黒のランドセルについて、下記の流れで解説していきます。

  1. 女の子の黒のランドセルってどうなの?《口コミ付》
  2. メーカー別にわかる!女の子の黒のランドセルまとめ
  3. ランドセルを選ぶ際の重要な7つのポイント

このページを読めば、女の子の黒のランドセルはどうなのか?どのようにランドセルを選べば良いか?が分かるようになるのでぜひご覧ください。

筆者のプロフィール

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

1. 女の子の黒のランドセルってどうなの?《口コミ付》

「女の子で黒って大丈夫?」と心配する人は多いですが、ちゃんと女の子用の黒色ランドセルが売られており、選んでもおかしくはありません。

ピンクのステッチがついていたり、ハートのチャームが付いていたりと、黒のランドセルを女の子用に可愛くアレンジしてあるものが結構あります。

セイバンのモデルロイヤルベーシック黒2021年

出典:セイバン

この章では、女の子の黒のランドセルはどうなのか?アンケート結果や、口コミなどを含めて紹介していきます。

1-1. 女の子のランドセルの人気カラーは?

当サイトで女の子に人気のランドセルカラーについて独自にアンケートをとった結果、下記のようになりました。

色が多様化した現在でも赤やピンクが主流であり、その後に茶色や水色、紫などが続いていることが分かります。

ランドセルのカラー調査2021年

※当サイト独自調べ2021年9月

女の子用の黒のランドセルは増えてきていますが、メジャーには遠いというのが現状です。

学校によっては、男の子は黒系、女の子は赤系と指定しているケースがありますので、事前に色に指定がないか確認しておきましょう。

1-2. 女の子用の黒のランドセルについての気になる疑問

「まだまだ割合的に少ない黒のランドセルを背負って、大丈夫なの?」「いじめられたりしない?」など、少し心配になりますよね。

そのようなよくある心配点について、女の子用の黒のランドセルについての口コミを交えながら解説していきます。

疑問① いじめられたりしない?

よく心配されるのが「珍しい色にしていじめられたりしないかな?」という点です。

昔はランドセルの色が独特でイジメにあったというような口コミを見かけますが、現在は事情が違います。

これだけカラーが多様化している今、ランドセルの色でいじめになることはほとんど無いはずです。

ただ、目立ってしまうということはありえるので、「他の女の子は違う色だけど、後悔しない?」など、一度確認すると良いでしょう。

疑問② 高学年になっても使える?

ランドセルについてよくある議論に、高学年になっても使えるか?という点があります。

しかし、黒は色の特徴としてどんな服装にも合わせやすく、落ち着いた印象をもたせてくれます。

下記のように、大人びた顔立ちの子や、大人っぽい服装を好む子には黒のランドセルが似合うでしょう。

あとは、我が家が黒を選んだ理由の一つなんですが、お洋服の色を選ばないこと。
何を着ていても馴染むので、やっぱり黒は便利です。ウチは、子どもが大人っぽい顔だちなので、入学前から赤やピンクを背負わせるとあまり似合いませんでした。
学年があがると益々似合わないだろう、と思い、娘と相談して最終的に黒に落ち着きました。※一部抜粋

出典:Yahoo知恵袋

結論としては、6年間問題なく使うことができます。

疑問③ 汚れは目立たない?

水色や白などの色も最近では人気ですが、汚れが目立ちやすいのが難点です。

しかし、黒のランドセルであれば、汚れが目立ちにくいので良いですね。

こういったポイントは黒が支持されはじめている理由の1つなのかもしれません。

2. メーカー別にわかる!女の子用の黒のランドセルまとめ

ランドセル選びで最も大事なのは色よりもメーカー選びです。確かなメーカーを選べば「使いづらい」などで後悔するリスクをグッと減らすことができます。

実績あるメーカーが発売しているランドセルの中から、黒のランドセルを選ぶのがおすすめです。

詳しくは、こちらの記事『41メーカーを徹底比較。2022年男女・価格別おすすめランドセル12選』で比較していますが、機能性やサイズ、などの観点で、おすすめのランドセルメーカーを下記の3社に絞りました。

背負いやすさ・頑丈さの評価について

  • ・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度がトップクラス
  • ◎・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度が非常に高い水準
  • ◯・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度が高い水準
  • △・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度は平均的
  • ×・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度は今ひとつ
 背負い やすさ丈夫さ革の種類価 格 帯 特 徴
天使のはねのロゴ
セイバン
花丸花丸
フィットちゃんのロゴ
フィ
ットちゃん
花丸
ランドセル 池田屋 ロゴ
池田屋
花丸
鞄工房山本
鞄工房山本
澤田屋ランドセルのロゴ
澤田屋ランドセル

カバンのフジタ
キッズアミのロゴ
キッズアミ
萬勇鞄のロゴ
萬勇鞄
モギカバンのロゴ
モギカバン
ふわりぃのロゴ ふわりぃ
村瀬鞄行のロゴ 最新
村瀬鞄行
ララちゃんのロゴ
ララちゃん
土屋鞄のロゴ
土屋鞄
黒川鞄工房のロゴ
黒川鞄工房 ※完売
イオンのロゴ
イオン
伊勢丹のロゴ
伊勢丹

この中で特におすすめなのが次のメーカーです。

  • セイバン」・・・2022年入学モデルで最もおすすめのメーカー
  • フィットちゃん」・・低価格のランドセルが豊富
  • 鞄工房山本」・・・天然皮革でおすすめのランドセルメーカー

※黒川鞄は2022年入学者向きモデルは完売しました。

これらのメーカーであれば、どれを選んでも背負いやすさや丈夫さなど安心できます。

女の子が黒色ランドセルを選ぶ場合、デザインにこだわるならセイバン、シンプルでお手頃に買いたいならフィットちゃん、素材にこだわりたいなら鞄工房山本をおすすめします。

実際に現物を見たいという人も、webで購入することをおすすめします。

web限定割引が適応される場合もあるため、2000円~5000円ほどお得になる可能性があるためです。

「セイバン」の女の子用の黒色ランドセル

セイバンの女の子用黒ランドセル2021年

セイバンでは、女の子用の黒ランドセルが6種類あります。

刺繍や光沢のある可愛らしいランドセルから、非常にシンプルなものまで豊富に取り揃えています。

セイバン:黒色ランドセルの一押し「モデルロイヤル・レジオ クールビューティー」

セイバンのモデルロイヤル・レジオ クールビューティー2021年

モデルロイヤル・レジオ クールビューティー』は、シンプルな黒に宝石のような銀の刺しゅうが映えるランドセルです。

かぶせの飾り鋲や引き手にはクリスタル・ガラスが使われていて、黒いドレスにきらびやかな宝石を飾るまさに「クール・ビューティー」という感じがします。

キズに強い素材アンジュエール タフプラスは、深みのある落ち着いた風合いで、上品な美しさがあります。

「お姫様」というような可愛らしさとは違う、大人びた印象を与えるデザインと言えるでしょう。

モデルロイヤル・レジオクールビューティー詳細データ
価格74,800円(税込み)
使用素材人工皮革(アンジュエール タフプラス)
重量約1,290g

セイバン「モデルロイヤルベーシッククールビューティー 」公式ストア:

https://seiban.co.jp

Web限定割引を受けるためにも、上記公式ストアでの購入がベストです。

セイバン:黒色ランドセルのスタンダード「モデルロイヤル ベーシック」(在庫なし)

セイバンのモデルロイヤル ベーシックの黒いランドセル

モデルロイヤル ベーシック」はセイバンの中でコスパ抜群のランドセルです。

セイバンの特徴である機能を搭載し、可愛くて、高学年になっても飽きないシンプルな刺繍が特長です。

6万円台で買えるランドセルとしては機能性、耐久性、おしゃれ度、どれをとってもおすすめです。

モデルロイヤル ベーシック詳細データ
価格63,800円(税込み)
使用素材人工皮革(アンジュエール グロス)
重量約1,290g

セイバン「モデルロイヤルベーシック 」公式ストア:

https://seiban.co.jp

Web限定割引を受けるためにも、上記公式ストアでの購入がベストです。

セイバンのランドセルの特徴

セイバン TOPページ

セイバン」はCMでもおなじみの国内に3つも工場をもつ最大手の大手ランドセルメーカーです。

背負いやすくする仕組み、6年間しっかり使える仕組みがトップクラスに充実しています。 先ほど紹介した背負いやすくするための「天使のはね」の他に、とにかく背負いやすい工夫が施されたランドセルです。

セイバンの背負いやすい工夫

実際に、小児科医の98%が推奨するくらい、体への負担がすくなく、背負いやすいです。

医師の推奨

引用:セイバン

その他、とにかく6年間しっかり使えるような頑丈な作りも魅力的。

  • タフかるプレート:ランドセルがつぶれにくい補強素材
  • 総内張りPET:ランドセルの内側の汚れにも強い
  • チルトプレート:ランドセルの中の教科書が動きにくく負担になりにくい

背負いやすさ、丈夫さなどどれをとってもピカイチなので、まずはセイバンをチェックしましょう。 PUMAやコンバースなどともコラボした、豊富なラインナップがあり、お子さんに合ったランドセルがきっと見つかります。

セイバンのラインナップ2021

セイバン詳細データ
会社名株式会社セイバン
主な使用素材コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯(税込)42,570円〜84,150円
ラインナップ34のモデル×豊富なカラー

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や、新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

「フィットちゃん」:女の子用の黒色ランドセル

フィットちゃんでは、女の子専用の黒色ランドセルは無いようですが、男女兼用のタイプがあるので、そちらからご紹介します。

フィットちゃん2021年女の子用黒

フィットちゃん」では、上記のように黒系のカラーのランドセルが3種あります。

男女どちらも使えるようにシンプルなデザインになっています。

フィットちゃんは1億通り以上のランドセルをオーダーメイドで作ってくれる低価格なモデルを出しているメーカーです。

背負いやすさ、丈夫にする工夫はピカイチで、特に壊れやすいと言われる背感は10万回の耐久性テストを実施しており安心できます。

フィットちゃんの背カンの耐久テスト

フィットちゃん詳細データ
会社名株式会社ハシモトBaggage
主な使用素材コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯(税込)40,700円〜85,800円
ラインナップ50のモデル×豊富なカラー+オーダーメイド

フィットちゃん:紫色ランドセルの一押し「フィットちゃん201」

フィットちゃん201女の子黒

フィットちゃん201」は「フィットちゃん」の中で4万円程度で買えるお買い得なランドセルです。

スタンダードなデザインでカラーバリエーションも可愛く、コスパがいいランドセルです。

値段をおさえてランドセルを買いたい方におすすめです。

また、フィットちゃんではオーダーメイドで自由にカスタムできるので、デザインにもこだわりたい方は、こちらをチェックしても良いでしょう。

要注意:2022年入学向けのフィットちゃんのオーダーメイドは数が限られています

2022年入学モデルはオーダーメイドが限定1000個です。例えばラベンダー」「パープルラベンダー」などの色からも選べます

1000個しかないので、オーダーメイドが欲しい方は早めに予約しましょう。(価格・税込64,900円~)

フィットちゃんオーダーメイド予約ページ:https://www.fit-chan.com/ordermade/

フィットちゃん詳細データ
会社名株式会社ハシモトBaggage
主な使用素材コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯40,700円〜85,800円
ラインナップ50のモデル×豊富なカラー+オーダーメイド

フィットちゃん公式ストア:

http://www.fit-chan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

注目:ネイビーならガーリーなデザインあり

フィットちゃんで少し女の子っぽいデザインを選びたいなら、ネイビーのランドセルがおすすめです。

フィットちゃんのべっぴんさんランドセルのネイビー

べっぴんさん」は「フィットちゃん」のランドセルの中でも価格と品質のバランスが良い商品です。

特別に良い品を意味する「べっぴん(別品)」をイメージし、シックなカラーに落ち着いた手まり柄刺繍が気品さと、可愛らしいさくらの花びらのびょうが可憐さを表すオシャレなデザインとなっています。

A4フラットファイルも楽々スッキリ収納できる大容量や3方強化補強など、デザインだけでなく機能性にも優れていて、長く安心して使える作りになっています。

価格60,500円→Web購入で54,450円(税込・送料無料)
使用素材クラリーノ
重量約1,270g

フィットちゃん「べっぴんさん」公式ストア:

http://www.fit-chan.com

Web限定割引を受けるためにも、上記公式ストアでの購入がベストです。

鞄工房山本:女の子用の黒色ランドセル

鞄工房山本」はランドセルを作り続けて50年以上経つ、老舗のカバンメーカーです。

上記2メーカーより価格帯の安い牛革のランドセルもあるため、価格を抑えた牛革を探している人に特におすすめです。

鞄工房山本:女の子用の黒色のランドセル

2021年は男女兼用も含め、女の子用の黒いランドセルは3種から選べましたが、特に女の子も使いやすいのが「アンティークブロンズ(牛革)」でした。

鞄工房山本:アンティークブロンズ(牛革)

鞄工房山本:女の子用の黒色のランドセル

アンティークブロンズ(牛革)」は高品質な牛革ランドセルで、正統派のデザインにキャメルのステッチがお洒落なデザインです。

男女共用のデザインですが、少しボーイッシュな印象を感じさせます。

7万円以下で牛革のランドセルは滅多に売っていませんが、このランドセルは高品質でありながら7万円以下なので、牛革としては手頃な値段です。

昔ながらの牛革ランドセルが良いという方におすすめです。

価格69,900円(税込・送料無料)
使用素材牛革
重量約1,370g

鞄工房山本「アンティークブロンズ(牛革)」公式ストア:

https://www.kabankobo.com/antiquebronze

アンティークブロンズ以外でも花柄のある黒色ランドセルや最高級コードバンがあるので、他の黒色ランドセルが見たい方も要チェックです。

鞄工房山本の特徴

鞄工房山本の特徴

鞄工房山本の特徴は、天然皮革のランドセルがお手頃な値段で扱っており、さらに、「夢こうろ染」というように最高級ランドセルを販売している点にあります。

5万円〜19万円という幅広い値段設定になっているので、お手頃に済ませたい方から高級さで差別化したい方まで、幅広い希望に応えてくれます。

公式ページでは「動画で選ぶランドセル」というユニークな企画をやっているので、気になる方は合わせてチェックしてみることをおすすめしまうs.

鞄工房山本詳細データ
会社名株式会社鞄工房山本
主な使用素材コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯(税抜き)49,900円〜 190,000円
ラインナップ23シリーズ×85種類

鞄工房山本公式ストア:

http://www.kabankobo.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

他に女の子におすすめの黒色のランドセルはある?

おすすめのメーカーの黒色のランドセルを紹介しましたが、他にも知りたいという方のために、人気メーカーから、赤色のランドセルを紹介します。

ここで紹介するのは、実績のあるメーカーばかりなので、こちらを選んでも後悔するリスクは少ないです。

ブランド名ランドセル情報特徴
キッズアミ
キッズアミ牛革デニモ2021年牛革デニモ
75,900円
1,370g
・女の子向き黒色4種類
・ピンクやスミレ、キャメルのポイントカラー
・66,000円〜121,000円
HAKURA
羽倉のはねかるランドセル黒✕水色2021年はねかる
59,400円
1,310g
・黒✕他の色10色
・62,700円〜
オーダーメイドで色を選べる
村瀬鞄行
村瀬鞄行の華ブラック2021年
87,000円
1,320g
・黒色系8種類
・69,000円〜10,8000円
・数々のデザイン賞受賞
・革鞄専門店のランドセル
Mary Quant
マリークヮントの黒2021年キルトエンボスミニフラワー
69,300円
1,280g
・黒色系1種類
・フィットちゃん背カン
・可愛らしいデイジー
ジルスチュアート
ジルスチュアートランドセルプリズムリボン
81,400円
1,300g
・肩ベルトにリボン
・シャイニードットが光る
・高島屋などデパートで販売
黒川鞄
黒川鞄のコードバンビッグ緑2021年コードバン ビッグ(完売)
129,800円
1,640g
・赤色系12種類
・63,800円〜217,800円
・シンプルでシックなデザイン
・すぐ売り切れてしまう人気

ここで紹介した以外のランドセルにしたい方は、6年間保証があるか、しっかりチェックして選びましょう。(次章で紹介するポイントも参考にしてください)

3. ランドセルを選ぶ際の重要な7つのポイント

ランドセルを購入する際は、カラーやデザインだけではなく、他にも重要なポイントを抑えていなければ後悔することになってしまうかもしれません。

下記に重要なポイントをまとめましたので、一度目を通しておくことをおすすめします。

Noポイント内容
1素材値段やデザイン重視なら人工皮革、耐久性重視なら天然皮革
2デザイン全かぶせか、刺繍など幼いデザインは無いか
3大きさA4フラットファイルが入る大きさはあるか
4頑丈さ潰れにくいなど、耐久性にこだわりがあるか
5背負いやすさ背負いやすい設計・工夫があるか
66年間保証無料修理をしてもらえるか、貸出用ランドセルはあるか等
7価格自分の予算に合ったものを選んだか

これまでご紹介したメーカーであれば、7つのポイントについてはまず問題ないですが、もし、他のメーカーで選ぶ場合は、少し注意が必要なので、これらのポイントが問題ないかどうかチェックしましょう

それぞれポイントをご紹介していきます。

⑴ 素材

ランドセルに使われる素材は大きく分けて3種類あります。

値段や種類の豊富さで選ぶなら人工皮革、耐久性と高級感で選ぶなら牛角やコードバンがおすすめです。

素材価格高級感丈夫さ耐水性
人工皮革(クラリーノなど)低~中
牛革中~高
コードバン(馬のお尻の革)

人工皮革は引っかき傷に弱く、型崩れしやすいなどの欠点がありますが、値段の安いものから高いものまで揃っており、一番人気があります。

牛革は水に弱いなどの欠点がありますが、高級感があり、耐久性が高いので、高学年になってからも型崩れせずに使うことができます。

また、コードバンは牛角よりもさらに耐久性が高いですが、値段が高いのであまり選ぶ人はいないのが現状です。

ランドセルを購入する前に、ランドセルの素材の性質はしっかりおさえておきましょう。

⑵ デザイン

ランドセルのデザインでおすすめなのは次の2つです。

  • 全かぶせか?
  • 刺繍が入っていないか?

それぞれご紹介します。

全かぶせ

ランドセルには、下記のように全かぶせと半かぶせがありますが、全かぶせの方がおすすめです。

全かぶせのランドセル・半かぶせのランドセル

画像:キッズアミ

半かぶせはオシャレですが、次のようなデメリットがあります。

  • 後ろから簡単に開けられるので、防犯上良くない
  • かぶせの部分にものを挟めない
  • 交通安全用のビニールカバーが合わない

後ろから簡単に開けられてしまうというのが最大の欠点で、ピアニカなどをかぶせに挟むことはできないなど、細かいデメリットがあります。

これらの欠点を考えると、スタンダードな全かぶせを選んだ方が良いでしょう。

刺繍が入っていない

刺繍が入っているランドセルはオシャレですが、次のような弱点があることは知っておきましょう。

  • 水が入ってきやすい
  • 素材の強度が落ちる
  • 成長してデザインが気に入らなくなる場合がある

刺繍が入ると浸水しやすくなるなど、少しですが強度が落ちてしまいます。

下の図のように、ハートや花柄が入っていると可愛らしく、低学年の子が気に入ることが多いですが、高学年になるとデザインが気に入らなくなってしまうことがあります。

ランドセルの刺繍のイメージ

出典:amazon

もちろん、気に入ったら選んでも良いですが、迷うくらいならシンプルな方をおすすめします。

ただ、黒色なら、女の子らしさを出すために刺繍入りを選ぶのはアリです。

⑶ 大きさ

ランドセルの大きさは、次の3つがあります。

  • A4教科書対応サイズ(約21.5cm×29cm)
  • A4クリアファイル対応サイズ(約22.3cm×31cm)
  • A4フラットファイル対応サイズ(23.3cm×31cm)

一番のおすすめはA4フラットファイル対応サイズで、ゆとり教育が終わって教科書が厚くなる傾向がある現在では、大きめのサイズがおすすめです。

重さ的にも大体100g程度の差しかありませんので、「大は小を兼ねる」という言葉通り、大きめのサイズを選びましょう。

⑷ 頑丈さ

ランドセル選びの際は素材選びに合わせて、メーカーが頑丈さにこだわりを持っているかチェックをしましょう。

例えば、セイバンは、下の図のように「タフかるプレート」という軽量で頑丈なプレートを内部に入れることで、ランドセルの潰れにくさが従来の倍になっています。

セイバンの「タフかるプレート」のイメージ

耐久性が弱い人工皮革でも、このように耐久性をアップする取り組みによって6年間しっかり使うことができます。

⑸ 背負いやすさ

ランドセルの背負いやすさは次の3点をチェックすれば分かります。

  • 可動式の背カン
  • 肩ベルトの形状
  • 背中のクッション加工

この3点にこだわりがあるランドセルがおすすめです。

それぞれご紹介します。

可動式の背カン

背カンとは、ランドセル本体に肩ベルトを装着する部品のことで、可動式と固定式のものがありますが、可動式は動きに合わせてランドセルが動くので体への負担が少ないです。

ランドセルの可動式の背カン

出典:amazon

可動式タイプは、成長に合わせてフィットするので、旧来の固定型より大きなメリットがあります。

肩ベルトの形状

肩ベルトは、形状が工夫されているものや長さ調節できるものなど、各メーカーがいろいろなこだわりを出している部分です。

ランドセルの肩ベルトの形状

出典:amazon

長さ調節できれば、体格が大きくなった時も柔軟に対応できます。

背中のクッション加工

背中のクッションは立体的に加工されているものがおすすめで、クッションに工夫がされていると背負ってて痛くなりにくいからです。

下の写真は「バオバブの願い」のナチュラルフィットクッションと呼ばれる仕組みで、人間工学に基づいて設計されています。

ランドセルの背中のクッション加工

出典:amazon

各メーカーによって形は変わりますが、どのような工夫がされているかチェックしてみてください。

⑹ 6年間保証

ランドセルを購入する際は、修理保証が付いているタイプを選ぶのがおすすめです。

ただ、6年間保証が付いているだけではダメで、次に挙げるように保証内容をチェックすると安心です。

  • 無償修理できるか
  • 代替えのランドセルを借りることができるか

どういう場合が有償修理になるのかなどをしっかり確認しておきましょう。

また、代替えのランドセルを借りることができると、修理期間中のランドセルを心配する必要がないので安心です。

⑺ 価格

ランドセルにかけるお金は徐々に高くなりつつあり、およそ4〜6万円代のランドセルが人気です。

下の表は、ランドセルメーカーの取り扱っている費用の幅をまとめたものですが、およそ4~6万円の価格帯がおすすめです。

2022年度8月版ランドセルの価格帯

値段が安いランドセルは耐久性に問題がある場合がありますので、有名ブランドで評判の良いものから選ぶことをおすすめします。

4. さいごに

女の子用の黒のランドセルについて詳しく紹介してきましたが、参考になりましたか?

女の子が黒色ランドセルを選んでも全くおかしくはありませんが、まだメジャーにはなっていないので、「黒で後悔しない?」と一度確認すると良いでしょう。

黒のランドセルでは、機能性やコスパなどの観点も含め、以下3つのメーカーが特におすすめです。

上記のメーカーそれぞれのおすすめ黒色ランドセルは以下の通りです。

このページを参考に、お子さんの小学校生活にぴったりのランドセルが見つかることを心から祈っています。