ランドセルのリメイクガイド|費用が安い人気のお店を総まとめ

ランドセル リメイク

「ランドセルはリメイクすると何になるの?」「ランドセルのリメイクにかかる費用は?」と、ランドセルのリメイクについて気になっていませんか?

ランドセルのリメイクを受け付けている所は多くありますが、頼む所を間違えると、希望のものにリメイクできなかったり、大きな費用がかかったりする恐れがあるので注意が必要です。

このページは、百貨店でランドセルの販売員を行っていた私が、ランドセルをリメイクする際の費用や、おすすめのリメイクメーカーやショップをまとめたものです。

  1. ランドセルは何にリメイクできるの?
  2. ランドセルリメイクの依頼先を選ぶ3つのポイント
  3. ランドセルのリメイク費用アイテム別比較
  4. ランドセルをリメイクしてくれるお店まとめ
  5. ランドセルのリメイクに関するQ&A

このページを読めば、満足のいくランドセルリメイクができるようになるので、ぜひご覧ください。

筆者のプロフィール

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

1. ランドセルは何にリメイクできるの?

ランドセルをリメイクすると、ミニランドセル、財布、スマホケース、パスケース、名刺入れ、キーホルダーなど様々な小物に変わります。

下のインスタは、ランドセルのリメイクの一例を紹介したものです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazuhisa Tsuda(@f.t.spirits)がシェアした投稿

これ以外にもオルゴールや時計、草履など、珍しいアイテムにリメイクしてくれる所もあります。

ランドセルは卒業すると使う機会が無くなり、場所を取るだけのものになってしまいがちですが、リメイクすれば卒業後も役立つ小物になります。

1-1. ランドセルのリメイクはどれくらいの費用がかかるの?

ランドセルのリメイクにかかる費用は、リメイクショップやリメイク品によって異なります。

下の表は、リメイクショップごとに費用やお店の特徴をまとめたものです。

リメイクを受付けているランドセルメーカーと、リメイクだけ行っているリメイクショップを分けてまとめました。

リメイク対応店費用特徴








セイバン19,800円・ラウンド型長財布、折財布、ランドセルキーホルダー or ベルトキーホルダー
・レザー刻印無料
フィットちゃん14,630円・ミニランドセルのみ
黒川鞄15,800円~25,800円・ミニランドセル、財布、ペンケースから選択
土屋鞄9,000円~25,000円・ペンケース、タペストリー、ミニチュアランドセル、フォトフレーム、パスケースから選択
スドウ12,000円~14,000円・元のランドセルが無くても作ってもらえる
・ミニランドセル or 小物3点セット
生田15,000円・ミニランドセルのみ
池田屋18,900円~20,900円・スツール(椅子)のみ
モギカバン12,100円・壁掛け時計にリメイク
鞄工房山本13,000円~19,000円・時計やパスケース
・2022年は3月18日~5月31日に受付。
リメイクショップCanar’s Japan2,000円~49,000円・100種類以上の選択肢あり
SNAKER1,650円~27,500円・リメイク5品セットやトートバッグなど
大革堂2,500円~35,000円・受注から納品まで2年かかる
K&K BROTHERS980円~13.980円・財布の種類が充実
アトリエ タカ16,000円~・コインケース、ペンケース、パスケース、キーホルダー、キーリング、フォトフレームの6品
Leather Studio Third8,800円~60,940円・財布の種類が充実
ミニクラフト7,000円・ミニランドセルのみ
rural700円~22,000円・iPhoneケースあり
ヒノキフラフト16,500円~18,700円・椅子の専門店
革人500円~33,500円・ぞうりやヘアゴム、印鑑ケースあり
伊藤鞄製作所1,650円~24,750円・セットで割引
森山工房3,300円~11,000円・基本加工賃8,030円

※クリックするとお店のHPにリンクします。

ランドセルメーカーはリメイクの選択肢が少なく、また、そのメーカーで買ったものしか対応していないことがあります。

一方、リメイクショップは選択肢が豊富で、値段もお手頃で、どこのメーカーでも受け付けています。

1-2. ランドセルはどんなものでもリメイクできるの?

ランドセルがひび割れしているなど保管状態が悪いとリメイクできない場合があります。

ちなみに、ランドセルの素材には、クラリーノなどの人工皮革の他に、牛革、コードバン(馬のお尻の革)などの天然皮革がありますが、どれでもリメイク可能です。

しかし、中には人工皮革をNGにしているリメイクショップもあります。

リメイクショップのホームページに、受付可能なランドセルについて記載があるので、それを読んでから申し込むと良いでしょう。

2. ランドセルリメイクの依頼先を選ぶ3つのポイント

ランドセルのリメイクを依頼する際は、次のポイントに注目して選ぶと失敗しません。

  1. リメイク可能なアイテムは何があるか
  2. リメイク費用はいくらか
  3. リメイク可能なランドセルか

それぞれ紹介します。

ポイント① リメイク可能なアイテムは何があるか

リメイクを受け付けているショップによって、リメイク可能なアイテムは異なるので、まずはそれをチェックしましょう。

ランドセルでリメイクできるアイテムは多岐に渡り、キーホルダーや財布の他に、バッグや椅子、手帳ケースなど本当に様々です。

何にリメイクしたいか、お子様と相談すると良いですね。

かナーズジャパンのショルダーバッグ

出典:Canar’s Japan

ショップによってデザインも大きく異なるので、オシャレかどうかチェックするのも大切です。

ポイント② リメイク費用はいくらか

自分の希望するリメイク品が決まりましたら、費用はどれくらいになるかチェックしましょう。

他のリメイクショップと比較して相場をチェックしてから申し込むと、「他の所にすれば良かった」と後悔するリスクを減らせます。

次の章で、リメイク品ごとの相場を紹介するので参考にしてください。

ポイント③ リメイク可能なランドセルか

リメイクを申し込む前に、持っているランドセルがリメイクできるか確認しましょう。

具体的には次の点です。

  • メーカー
  • 保管状態

例えば、ランドセルメーカーのセイバンでは、セイバンのランドセルしかリメイクを受け付けていません。

また、ひび割れしていたり、革が剥がれていたりすると、リメイクを受け付けてもらえないことがあります。

もし、リメイクできるか判断できないならば、気になるリメイクショップに問い合わせると良いでしょう。

3. ランドセルのリメイク費用アイテム別比較まとめ

ここでは、リメイクアイテム別に費用相場を紹介していきます。

リメイクアイテム別の相場をまとめたのが下の表です。

リメイクアイテム相場
ミニランドセル7,000円~15,000円
財布15,000円~30,000円
キーホルダー2,000円~3,000円
ペンケース5,000~8,000円
パスケース9,000円~12,000円
手帳30,000円
フォトフレーム3,000~5,000円
バッグ20,000円~30,000円
椅子15,000円~20,000円
時計15,000円

※クリックすると紹介部分にリンクします。

この相場を目安にして、リメイクショップの掲げる費用が高いかどうかチェックしてみると良いでしょう。

上記以外にも、リメイクできるものもまとめておきましたので、参考にしてください。

セットで依頼するとお手頃な価格になるお店も多いので、セット注文がないかチェックすると良いでしょう。

3-1. ミニランドセルを作れるお店まとめ

ミニランドセルにリメイクできるメーカーやショップをまとめたのが下の表です。

一番安いのは「K&K BROTHERS」になっています。

ショップ費用特徴
K&K BROTHERS5,600円・ミニランドセルのキーホルダー
ミニクラフト7,000円・20年の実績あり
Canar’s Japan7,000円・最大10個くらい作れる
スドウ12,000円~14,000円・ランドセルが無くても作ってもらえる
フィットちゃん14,630円・平均4~5ヶ月かかる
生田15,000円・生田の革製ランドセルのみ
黒川鞄15,800円・90日ほどかかる
セイバン19,800円・財布やキーホルダーとセット
土屋鞄25,000円・現在準備中

ミニランドセルの大きさは、ショップによって大きな違いがあるので注文前にチェックすることをおすすめします。

3-2. 財布を作れるお店まとめ

ランドセルを財布にリメイクできるお店を、値段順にまとめたのが下の表です。

財布作りで一番おすすめなのは、リメイクできるデザインのラインナップが豊富な「Canar’s Japan」です。

ショップ費用特徴
Canar’s Japan3,300円~48,400円・小銭入れ、折れ財布、長財布など、種類もデザインも豊富
K&K BROTHERS4,980円~13,980円・8種類あり
黒川鞄15,800円・L字型財布。90日ほどかかる
rural16,500円・二つ折りと長財布あり
セイバン19,800円・長財布、折財布両方作れる
・セイバンのランドセルのみ
大革堂22,000円・注文から納品まで2年
SNAKER27,500円・5点セットで選べる
革人30,000円~33,500円・二つ折りと長財布あり
Leather Studio Third35,530円~60,940円・二つ折りとラウンドファスナー財布

財布は、小銭入れ、長財布、L字財布などいろいろな種類がありますし、カード入れの数やファスナーの有無などデザインもバラバラなので、そこもチェックして頼むと良いでしょう。

3-3. キーホルダーを作れるお店まとめ

ランドセルをキーホルダーにリメイクできるお店を、値段順にまとめたのが下の表です。

安ければ1,000円くらいでできることが分かります。

ショップ費用特徴
Canar’s Japan1,000円〜7,000円・10種類以上のキーホルダーあり
アトリエ タカ1,000円・セットで16,000円
・2023年1月より予約開始
大革堂2,500円・注文から納品まで2年
rural2,800円・楕円と四角タイプあり
K&K BROTHERS5,600円・ミニミニランドセルキーホルダー
セイバン19,800円・ミニミニランドセル、ベルトキーホルダー両方のみ
・セイバンのみ
SNAKER27,500円・5点セットで選べる

キーホルダーもデザインが各社大きく異なるので、気に入ったデザインを探して選ぶと良いでしょう。

3-4. ペンケースを作れるお店まとめ

ランドセルをペンケースにリメイクできるお店を、値段順にまとめたのが下の表です。

アトリエ タカ」が一番安い値段設定になっています。

ショップ費用特徴
アトリエ タカ4,500円・セットで16,000円
・2023年1月より予約開始
K&K BROTHERS5,500円・ファスナータイプ
Canar’s Japan6,000円~15,000円・4種類のペンケースあり
大革堂8,000円・注文から納品まで2年
rural9,500円・ファスナータイプ
土屋鞄12,000円・キーチャームセット
池田屋18,900円~20,900円・材質(ヒノキ、チェリー、ウォルナット)選べる
SNAKER27,500円・5点セットで選べる
黒川鞄25,800円・90日ほど必要

ペンケースは中学校以降も使うことになるからおすすめです。

3-5. パスケースを作れるお店まとめ

ランドセルをパスケースにリメイクできるお店を、値段順にまとめたのが下の表です。

土屋鞄が受付を停止しているので、「Canar’s Japan」が一番お手頃な価格になっています。

ショップ費用特徴
土屋鞄9,000円・現在準備中
Canar’s Japan9,000円~12,000円・2種類あり
鞄工房山本13,000円・2022年の受付は3月18日〜5月31日まで
SNAKER27,500円・5点セットで選べる

最近では、スマホタッチで通学できるので、定期入れも必要なくなって来ているので、作る前に子供と相談した方が良いでしょう。

3-6. 手帳ケースを作れるお店まとめ

ランドセルを手帳ケースにリメイクできるお店を、値段順にまとめたのが下の表です。

SNAKER」は5点セットで手帳も選べるので、こちらの方がお手頃です。

ショップ費用特徴
SNAKER27,500円・5点セットで選べる
Canar’s Japan36,300円~47,300円・通帳や母子手帳のケースあり

Canar’s Japan」は通帳ケースや母子手帳のケースもあるなど、種類が多くてチェックする価値があります。

3-7. フォトフレームを作れるお店まとめ

ランドセルをフォトフレームにリメイクできるお店を、値段順にまとめたのが下の表です。

フォトフレームは1,000円から対応している所があります。

ショップ費用特徴
アトリエ タカ1,000円・セットで16,000円
Canar’s Japan3,300円~6,600円・セット販売あり
rural4,000円
大革堂8,500円・注文から納品まで2年
土屋鞄14,000円・現在準備中
SNAKER27,500円・5点セットで選べる

フォトフレームも、お店によってデザインが変わるので、チェックしてから申し込むと良いでしょう。

3-8. バッグを作れるお店まとめ

ランドセルをバッグにリメイクできるお店を、値段順にまとめたのが下の表です。

SNAKER」がお手頃な値段設定になっていることが分かります。

ショップ費用特徴
SNAKER16,500円~19,800円・トートバッグやショルダーバッグがある
K&K BROTHERS24,800円・ダレスバッグ
Canar’s Japan30,800円~48,400円・28種類もデザインがある

Canar’s Japan」はデザインの種類が豊富なので、こちらもチェックすることをおすすめします。

3-9. 椅子を作れるお店まとめ

ランドセルを椅子にリメイクできるお店を、値段順にまとめたのが下の表です。

ショップ費用特徴
ヒノキクラフト16,500円~18,700円・材質(ヒノキ、チェリー、ウォルナット)選べる
池田屋18,900円~20,900円・材質(ヒノキ、チェリー、ウォルナット)選べる

どちらも椅子の材質を選ぶことができます。

3-10. 時計を作れるお店まとめ

ランドセルを時計にリメイクできるお店を、値段順にまとめたのが下の表です。

現在は森山工房とモギカバンでリメイクしてもらえます。

ショップ費用特徴
森山工房4,730円・基本加工賃8,050円
モギカバン12,100円・牛革でも合成皮革でもOK。
鞄工房山本19,000円・2022年の受付は3月18日〜5月31日まで
・鞄工房山本のランドセルのみ

森山工房では、基本加工賃がかかるので注意してください。

モギカバンは他社メーカーのランドセルも対応しています。

3-11. 他にリメイクできるもの一覧まとめ

主なリメイク品を紹介してきましたが、他のアイテムにリメイクしたい方のために、上記で紹介した以外のリメイク品をまとめてみました。

スマホケースやメガネケース、さらには草履までいろいろなリメイク品があることがわかります。

リメイク品ショップ価格
iPhoneケースrural13,000円
タペストリー土屋鞄23,000円
しおりCanar’s Japan2,200円
コードクリップCanar’s Japan2,200円
メガネケースSNAKER25,000円(5点セットから選択)
ブックカバーK&K BROTHERS4,980円
革ぞうり革人5,900円

※現在受付停止中。2022年は3月18日~5月31日の間で募集がありました。

もし、これ以外でリメイクしたいものがあるなら、「ランドセル リメイク ◯◯」というように検索して調べると良いでしょう。

4. ランドセルをリメイクしてくれるお店まとめ

ランドセルのリメイクのお店の選び方や、費用の比較を紹介しましたが、お店のことを詳しく知りたいという方のために、それぞれのお店を紹介しておきます。

下の表は、リメイクショップの基本情報をまとめたものです。

リメイク店費用特徴所在県
Canar’s Japan2,000円~49,000円・100種類以上の選択肢あり新潟県
SNAKER1,650円~27,500円・リメイク5品セットやトートバッグなど神奈川県
K&K BROTHERS980円~13,980円・財布の種類が充実群馬県
アトリエ タカ16,000円~・コインケース、ペンケース、パスケース、キーホルダー、キーリング、フォトフレームの6品神奈川県
大革堂2,500円~35,000円・受注から納品まで2年かかる福岡県
Leather Studio Third8,800円~60,940円・カラーオーダーが可能広島県
ミニクラフト7,000円・ミニランドセルがお手頃三重県
rural700円~22,000円・iPhoneケースあり大阪府
ヒノキフラフト16,500円~18,700円・椅子の専門店静岡県
革人500円~33,500円・ぞうりやヘアゴム、印鑑ケースあり沖縄県
伊藤鞄製作所1,650円~24,750円・可愛らしい熊人形にリメイク東京都
森山工房3,300円~11,000円・時計のリメイクあり千葉県

※クリックすると紹介部分に行きます。

それぞれ紹介します。

4-1. Canar’s Japan|リメイク希望者は必見のお店

カナーズジャパン

Canar’s Japan」(カナーズジャパン)は、100種類以上のメニューが用意されているランドセルのリメイクショップです。

ランドセルのリメイクをメモラン(メモリアルランドセル)と呼び、思い出・感動をテーマに製作しているそうです。

バッグのデザインが豊富で、大人が使えそうなデザインもあります。

ここまでリメイクアイテムのラインナップが充実しているお店は無いので、リメイク希望者は一度はチェックしてみることをおすすめします。

Canar’s Japanの詳細情報

料金2,000円~49,000円
電話番号0256-77-5012
住所新潟県新潟市西蒲区升岡161-1
HPhttps://canars.jp/

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

4-2. SNAKER|ふるさと納税も受付けているリメイク工房

スネーカーズ

SNAKER」は、神奈川県藤沢市にあるランドセル工房です。

さまざまなメディアに紹介されている人気店で、さらにふるさと納税も対応しているなど、信頼性の高いお店です。

ランドセルリメイクのセットメニューが充実しているお店で、自分でリメイク品を5品選ぶことができます。

Tポイントをもらえるなど、サービス面でも優れています。

SNAKERの詳細情報

料金1,650円~27,500円
電話番号0466-90-3458
住所神奈川県藤沢市渡内2-2-15-103
HPhttps://www.snaker2013.com/

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

4-3. K&K BROTHERS|格好良いデザインにしてくれる革細工のお店

K&Kbrothers

K&K BROTHERS」は、メンズのレザーアイテムを扱っているお店です。

ランドセルのリメイクは男女どちらもOKですが、どちらかというと男の子向きのデザインになっています。

財布の種類が充実しており、長財布やショートウォレット、小銭入れ、バッグ型財布など、いろいろなタイプがあります。

ユニークなのはダレスバッグがあることで、他のリメイクショップには見かけませんので、気になる方はチェックしてみてください。

K&K BROTHERSの詳細情報

料金980円~13,980円
電話番号0276-49-5331
住所群馬県太田市城西町1-1
HPhttps://www.kk-brothers.com

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

4-4. アトリエタカ|最短2週間で納品してくれるリメイク工房

アトリエタカ

アトリエ タカ」は、神奈川県にあるリメイク工房です。蜜蝋(みつろう)を塗りこんだ丈夫な手縫い専用糸で、一針一針丁寧に手縫いで縫製しています。

16,000円で6種類8品のリメイク品を作ってくれます。

① コインケース(ファスナー式)
② ペンケース(ファスナー式)
③ パスケース(両面2枚入れ、ハトメ付き)
④ キーホルダー (素材に余裕が有れば、2個)
⑤ キーリング (2個)
⑥ フォトフレーム (内側のポケット部分を使用)

さらに、オプションで印鑑ケースやがま口ポーチなども作ってもらえます。

混雑状況にもよりますが、最短2週間で対応してくれるので、急いでいる方に向いています。

アトリエタカの詳細情報

料金16,000円~
電話番号045-895-4009
住所神奈川県横浜市栄区鍛冶ヶ谷1-30-23
HPhttps://www.a-taka.com/

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

4-5. 大革堂|納品まで2年かかるリメイクショップ

大革堂

大革堂」は福岡県にあるリメイクショップです。

30,000円〜35,000円でセットリメイクができ、3つのコースが用意されています。

一つ一つ丁寧に手縫をしており、納品まで2年かかるそうです。

ゆっくり待てる方に向いています。

大革堂の詳細情報

料金2,500円~35,000円
電話番号090-5923-6131
住所福岡市西区下山門4-4-20-701
HPhttps://www.okawadou.com/remake.html

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

4-6. Leather Studio Third|カラーオーダーが可能な会社

レザースタジオサード

Leather Studio Third」は広島県福山市のリメイクショップです。

財布やペンケース、名刺入れ、キーケースなどのリメイク品があります。

ランドセルに合わせて、牛革のパーツを付けてオシャレなリメイク品に仕上げてもらえます。

お値段はお高めに設定されていますが、合わせる牛革の色やステッチ、金具色を選べるカラーオーダーも対応しているのが魅力です。

Leather Studio Thirdの詳細情報

料金8,800円~60,940円
電話番号084-971-7356
住所広島県福山市多治米町6丁目3-17
HPhttps://leatherstudio.jp/SHOP/118131/215341/list.html

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

4-7. ミニクラフト|ミニランドセル中心のリメイクショップ

ミニクラフト

ミニクラフト」は、三重県にあるクラフトショップです。

主にミニランドセルへのリメイクを行っており、お手頃な値段で対応してくれます。

キーホルダーや財布など、他に希望するリメイク品が無いから、こちらで良いでしょう。

ミニランドセル以外も対応しているそうですが、値段が書かれていないので、気になる方はお問合せください。

ミニクラフトの詳細情報

料金7,000円
電話番号045-895-4009
住所神奈川県横浜市栄区鍛冶ヶ谷1-30-23
HPhttps://www.a-taka.com/

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

4-8. rural|iPhoneユーザーにおすすめのリメイク工房

ルーラル

rural」は、大阪にあるランドセルのリメイク専門店です。

他の工房と同じように、財布やパスケース、キーホルダーなどのセットコースが用意されていますが、特徴的なのはiPhoneのケースが用意されている点です。

スマホケースにリメイクしている所は少なく、特にiPhone対応などをしている所は珍しいです。

対応機種は、iPhone6、6S、7、8、SE用と、iPhone12、12PRO用らしいです。これ以外の場合は尋ねてみると良いでしょう。

ruralの詳細情報

料金700円~22,000円
電話番号
住所大阪府豊能郡豊能町光風台1-5-4
HPhttps://rural2016.com/

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

4-9. ヒノキフラフト|椅子が欲しい方におすすめのお店

ヒノキクラフト

ヒノキフラフト」は、ランドセルのリメイクでは椅子を専門に行っています。

ランドセルのかぶせを使って作られるもので、かぶせだけ送るとそのまま送るより2,000円以上の節約になります。

強度が足りない場合は、無償で補強生地を取り付けてくれます。

フレームは、日本ヒノキ、チェリー、ウォールナットから選べるので、気に入ったものをチェックしてみてください。

ヒノキクラフトの詳細情報

料金16,500円~18,700円(別途送料)
電話番号054-274-1800
住所静岡県静岡市葵区辰起町8-12
HPhttps://randsel-stool.com/

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

4-10. 革人|ぞうりにリメイクしたい方におすすめ

革人

革人」は、沖縄にあるオリジナル革ぞうり専門店で、ランドセルのリメイクも受付けています。

こちらのお店では、沖縄にある島ぞうり(ビーチサンダル)に牛革を貼り付けた草履を販売していますが、ランドセルの革でそれを作ってくれます。

ランドセルで履き物を作ってくれるのはここだけです。

ぞうり以外にも財布やキーホルダーなど基本的なアイテムは対応してくれます。

革人の詳細情報

料金500円~33,500円
電話番号0980-48-2515
住所沖縄県国頭郡本部町字山川351-1
HPhttps://www.kawanchu.com/ransel/index.html

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

4-11.  伊藤鞄製作所

伊藤鞄製作所

伊藤鞄製作所」は東京都にある鞄のお店で、ランドセルのリメイクも受付けています。

こちらのホームページでは、リメイクアイテムごとに使用率が書かれているので、どのリメイク品をセットで頼めるか分かりやすくなっています。

このお店で特徴的なのは、チャーム&ベアという可愛らしい熊のぬいぐるみを作ってもらえることです。

ミニランドセルを背負えるようになっているので、ミニランドセルとセットで申し込むと良いでしょう。

伊藤鞄製作所の詳細情報

料金1,650円~24,750円
電話番号03-3620-0088
住所東京都足立区東綾瀬3-5-7 東綾瀬公園沿い
HPhttps://www.ito-kaban.jp/goods-introduction.html#shouichi

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

4-12. 森山工房|時計にリメイクしてもらえるレザー工房

森工房

森山工房」は千葉県木更津市にある工房で、ランドセルリメイクを受け付けています。

こちらでは、可愛らしい壁掛け時計にリメイクしてもらえます。

時計にリメイクしてもらえる所は少ないです。クラリーノなど人工皮革のランドセルを使っている方に特におすすめです。

リメイクに使う糸は、黒、白、赤、青、茶から選べるようになっています。

森山工房の詳細情報

料金3,300円~11,000円(+基本加工賃8,030円)
電話番号0438-80-8664
住所千葉県木更津市大久保1-11-5
HPhttps://moricobo.jimdo.com/

さらに詳しいことが知りたい方は、公式ページをご覧ください。

5. ランドセルのリメイクに関するQ&A

ランドセルのリメイクについてよくある疑問をQ&Aにしてまとめました。

  1. 一つのランドセルで何品にリメイクできますか?
  2. リメイク品の劣化は早いですか?
  3. リメイクにはどれくらいの期間がかかりますか?
  4. ランドセルをセルフでリメイクできますか?
  5. ふるさと納税でランドセルをリメイクできますか?

それぞれ紹介します。

5-1. 一つのランドセルで何品にリメイクできますか?

ランドセルメーカーによって異なりますが、セットで6~7品あたりがリミットのようです。

できるだけ多く作りたい人は、セットで受注しているお店にすると良いでしょう。

カナーズジャパン7点セット

出典:Canar’s Japan

Canar’s Japanでは、7つのアイテムにリメイクできるセットがあります。

5-2. リメイク品の劣化は早いですか?

素材によります。

人工皮革は6年間は十分使えますが、それ以上使うと劣化してしまうことが多いです。

一方、牛革やコードバンなどの本革は経年変化(エイジング)で風合いが変わり、味が出るので、長く使えることが多いです。

そのため、劣化が気になる方は、ランドセルの素材別に、次のように選ぶと良いでしょう。

人工皮革
(クラリーノなど)
・普段あまり触らないもの
→ミニランドセル、フォトフレームなど
天然皮革
(牛革・コードバンなど)
・日常的に使うもの
→財布、ペンケース、財布など

5-3. リメイクにはどれくらいの期間がかかりますか?

リメイクショップによって大きく異なるので、一概には言えません。

リメイクにかかる日数の目安を書いているお店をまとめたのが下の表です。

リメイクショップ日数目安
アトリエ タカ最短2週間
rural約2ヶ月
ヒノキフラフト1~3ヶ月
Leather Studio Third2~3ヶ月
黒川鞄3ヶ月
SNAKER3~6ヶ月
フィットちゃん4~5ヶ月
K&K BROTHERS1年
大革堂2年

※最新情報は公式ページをご確認ください。

リメイクにかかる期間を明示していない所が多いので、必要日数が気になる方はショップに問い合わせることをおすすめします。

5-4. ランドセルをセルフでリメイクできますか?

レザークラフトが趣味の人はできるかもしれませんが、素人がdiyでランドセルをリメイクするのは難しいので、おすすめしません。

セルフでやるとプロに依頼するより出来が良くなくなりますし、失敗すると折角の記念のランドセルを壊しただけで終わってしまいます。

もし、どうしても自分でやりたいと思うなら、Youtubeでランドセルのリメイクを紹介している人がいるので、それを見て自分でできそうと思うなら挑戦しても良いでしょう。

5-5. ふるさと納税でランドセルをリメイクできますか?

ふるさと納税でもランドセルリメイクは可能です。

ふるさと納税でランドセルのリメイクを受付けている所をまとめておきます。

自治体納税額特徴
鹿児島県姶良市26,000円~59,000円・キーホルダーや財布にリメイクできる
茨城県水戸市34,000円~40,000円・ミニランドセル
・コインケース&メガネケース
神奈川県藤沢市59,000円~100,000円・キーケース・コインケース・スルーパスケース・ベルトループ・キーホルダー星型
・コースが充実
大阪府豊能町80,000円・10,000円でリメイク品購入可能
・ランドセルオーダーリメイク5~6種セット
愛知県北名古屋市110,000円・オルゴール

ふるさと納税の可能額が、上記の納税額以内に収まっている方は、検討しても良いでしょう。

6. さいごに

ランドセルのリメイクについて紹介してきましたが、参考になりましたか?

ランドセルをリメイクするお店は全国にいくつもあるので、リメイクしたいアイテムを選び、それから費用をチェックしてから申し込むことをおすすめします。

財布を作るにしても、デザインはお店ごとに大きく異なるので、そこも合わせてチェックしましょう。

このページが、読者の皆様のランドセルリメイクにお役に立てることをお祈りします。