ランドセルはセールで買って大丈夫?後悔しないための全知識

ランドセルのセール

「ランドセルをセールで安く買いたい」「どこで買えば良い?」と、ランドセルのセールについて気になっていませんか?

ランドセルはセール時に30~50%引きで購入できますが、買う商品によっては「安物買いの銭失い」になる場合があるので注意が必要です。

このページは、実際に百貨店でランドセルの販売員を行っていたことがある私が、ランドセルのセールで購入する際のポイントを紹介したものです。

  1. ランドセルの最新セール情報まとめ
  2. ランドセルはセールで買っても大丈夫?
  3. ランドセルセールでおすすめのメーカーまとめ
  4. ランドセルを選ぶ際の7つのポイント
  5. ランドセルセールに関するQ&A

このページを読めば、ランドセルセールで後悔せずに買えるようになるので、ぜひご覧ください。

筆者のプロフィール

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

1. ランドセルの最新セール情報まとめ

ランドセルメーカー各社のセール情報をまとめたのが下の表です。

ここで紹介するのはどれも品質優秀なメーカーです。

ランドセルの性能や価格を考慮して、おすすめ順に並べたので、迷う方は上からチェックしていくと良いでしょう。

会社名割引額セールの特徴
セイバン最大50%・最もおすすめのメーカー
・アウトレットを公式サイトで行っている
鞄工房山本10~50%・品数が豊富
・旧型モデルと新型モデルの違いを詳しく紹介している
フィットちゃん20~40%・ランドセルカバーが特典に付く
ふわりい30~60%・キズや汚れがない未使用の旧型モデル
萬勇鞄最大40%・展示品を扱っている
生田30~50%・展示品を扱っている
中村鞄・35,000円〜60,000円
・製造上難あり・傷あり商品
カザマランドセル・24,500円〜43,000円
横山鞄・来店のお客様にのみ販売

全て6年間保証が付いているので、セール品でも6年間問題なく使えるようになっています。

セール品は数に限りがあるので、購入したいものがあれば早急に決めるようにしましょう。

各メーカーの特徴を詳しく知りたい方は、3章「ランドセルセールでおすすめのメーカーまとめ」をご覧ください。

2. ランドセルはセールで買っても大丈夫?

ランドセルをセールで買って問題ないか、不安に思う方もいるでしょうから、ランドセルをセールで購入する際の注意点やよくある疑問についてお答えします。

セール品を購入しても6年間問題なく使うことはできますが、「やっぱり新品が良かった」と後で後悔しないようにしましょう。

2-1. そもそもセールで売られているランドセルはどんなもの?

ランドセルの割引セールで扱われているのは、主に次のようなものです。

カテゴリー特徴
型落ち品・2021年以前のモデル
・古いモデルほど安い
展示品(サンプル品)・店舗で展示しているもの
・若干の使用感がある
訳あり品・新型で、若干のキズが入っていたりするもの
在庫処分品・売れておらず、在庫が余っているもの

ランドセルのセールで扱われているもので一番多いのが型落ち品です。

型落ち品というとネガティブなイメージを抱きがちですが、新型のランドセルとほとんど変わらないシリーズも多いです。

下の図は、セイバンのモデルロイヤルベーシックのブラック×マリンブルーですが、色が若干違うだけで、デザインも性能も差はほとんどありません。

2021年の型落ちのランドセルの比較

ランドセルは、昔からあまり大きく変わっていない以上、毎年モデルチェンジしても些細な変化しかない場合が多いです。

たまにデザインが大きく変わる場合もありますが、気づく人はほとんどいないはずです。もし、新型と旧型の違いが気になる方はメーカーに問い合わせると良いでしょう。

2-2. セールでランドセルを買う際の3つの注意点

ランドセルのセール品を購入する際は、次の点に注意すると、後悔するリスクをおさえることができます。

  1. 6年間保証があるものを選ぶ
  2. 安すぎるランドセルは選ばない
  3. セール品のコンディションを調べる

それぞれ紹介します。

注意点① 6年間保証があるものを選ぶ

一番大切なのが、セール品でも6年間保証があるものを選ぶということです。

6年間保証が無いと、「修理でお金がかかるくらいなら、新品買えば良かった」ということになるリスクがあるので注意してください。

基本的に、6年間保証があるものがほとんどですが、メルカリやヤフオクなどのフリマサイトだと、6年間保証が無いものや、保証期間が短くなっているものが多いので、購入はおすすめしません。

以下のように、ちゃんと購入ページに6年間保証が明示されているものを選びましょう。

セイバンランドセルの6年間保証

出典:セイバン

セイバンは、不注意での破損なども修理の対象です。修理期間中は、代替のランドセルの貸し出しもしてくれます。

できれば、代わりのランドセルを貸してくれるかなど、保証内容もチェックすると良いでしょう。

注意点② 安すぎるランドセルは選ばない

楽天やamazonでランドセルを調べてみると、1万円程度で買えるランドセルが結構ありますが、以下の理由からおすすめしません。

  • 耐久性があるか分からない
  • 背負いやすさが不明なものが多い

耐久性の無いランドセルだと、使っているうちにぺしゃんこになってしまうことがあります。

また、ランドセルの背負いやすさがどうなっているか分からないと、背負いにくくて、子どもがストレスを感じる恐れがあります。

ランドセルの優良メーカーのセイバンなどは、耐久試験を行ったり、ランドセルを背負ってかかる圧力を測定をするなどして、背負やすさを徹底的に追究しています。

セイバンのランドセルのこだわり

ランドセルは同じように見えても、使いやすさや頑丈さの部分で大きな違いがあります。

セール品を買っても良いですが、できれば優秀なメーカーのセール品を買うのをおすすめします。

注意点③ セール品のコンディションを確認しておく

セール品を購入する際は、何でセールで売られているのか、ランドセルの状態はどうなっているのかを確認して選びましょう。

セールになる商品には以下のようなものがありますが、次のようなことをチェックしておくと、後悔するリスクを減らすことができます。

  • 型落ち品・・・新モデルとの違い
  • 展示品・・・・多少の使用感があっても大丈夫か
  • 訳あり品・・・どういう理由があって安くなっているか

販売ページを見て不明点があるなら、直接お問い合わせしても良いでしょう。

「そんなの調べるの面倒」と思うなら、新品の中から選んだ方が間違いはありません。

値段だけにこだわって後悔するようなことがないようにしてくださいね。

3. ランドセルセールでおすすめのメーカーまとめ

割引セールを行っているおすすめのランドセルメーカーをご紹介します。

ここで紹介しているメーカーは、公式ページでセールを行っているので安心して購入することができます。

会社名セール価格の範囲メーカーの特徴
セイバン24,750~57,200円・小児科医の推奨を得ている
・国内製造販売No.1
鞄工房山本31,500~152,000円・工房系メーカーで最もおすすめ
・牛革ランドセルがおすすめ
フィットちゃん33,000~41,580円・新品もお手頃な値段設定
ふわりい24,200~46,200円・オーダーメイドが人気
・障がいのある方用のランドセルあり
萬勇鞄29,700~50,820円・多彩な色を扱っている
生田20,600~53,680円・天然皮革のランドセルが人気
中村鞄35,000~60,000円・シンプルなデザイン
カザマランドセル24,500~43,000円・人工皮革にこだわり
横山鞄・素朴なデザイン

※価格は取り扱いの在庫によって変動するので、最新情報は公式ページを確認ください。

セールで特におすすめな5社を紹介します。

3-1. セイバン:2022年モデルで最もおすすめのメーカー

セイバン TOPページ

セイバン」はCMでもおなじみの国内に3つも工場をもつ最大手の大手ランドセルメーカーです。

背負いやすくする仕組み、6年間しっかり使える仕組みがトップクラスに充実しています。

背負いやすくするための「天使のはね」の他に、とにかく背負いやすい工夫が施されたランドセルです。

セイバンの背負いやすい工夫

実際に、小児科医の98%が推奨するくらい、体への負担がすくなく、背負いやすいです。

医師の推奨

引用:セイバン

その他、とにかく6年間しっかり使えるような頑丈な作りも魅力的。

  • タフかるプレート:ランドセルがつぶれにくい補強素材
  • 総内張りPET:ランドセルの内側の汚れにも強い
  • チルトプレート:ランドセルの中の教科書が動きにくく負担になりにくい

背負いやすさ、丈夫さなどどれをとってもピカイチなので、まずはセイバンをチェックしましょう。 PUMAやコンバースなどともコラボした、豊富なラインナップがあり、お子さんに合ったランドセルがきっと見つかります。

セイバンのラインナップ2021

セイバンのセール情報

セイバンでは毎年8月後半頃からアウトレットセールが始まります。

コンバースやプーマなどのスポーツブランドとのコラボシリーズがよく扱われています。

最大50%OFFで購入できるので、セイバンのランドセルを手に入れたいなら、8月後半〜9月頃にチェックしましょう。

セイバン詳細データ

会社名株式会社セイバン
主な使用素材コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯(税込)42,570円〜84,150円
ラインナップ34のモデル×豊富なカラー

セイバン公式ストア: https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や、新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

3-2. 鞄工房山本:牛革のランドセルが欲しい方は必ずチェックすべき

鞄工房山本のHP

鞄工房山本」はランドセルを作り続けて50年以上経つ老舗カバンメーカーです。

特に牛革のランドセルの種類が豊富で、下記のように様々な色から選べるぶことができるため、牛革のランドセルを探している方は好みのデザインがきっと見つかります。

鞄工房山本で選べるランドセル

価格帯の安い牛革のランドセルもあるため、価格を抑えた牛革を探している人に最もおすすめです。

鞄工房山本のセール情報

鞄工房山本のアウトレットセールは、2020年の10月から始まりました。

鞄工房山本のアウトレットは数がとにかく充実しており、大体10~20%OFFで購入できます。

色も多彩なので、ぜひチェックしてみてください。

鞄工房山本の詳細データ

会社名株式会社鞄工房山本
主な使用素材コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯(税込)49,900円〜 190,000円
ラインナップ23シリーズ×85種類

鞄工房山本 公式ストア:

https://www.kabankobo.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

3-3. フィットちゃん」:低価格のランドセルが豊富なメーカー

フィットちゃん」は背負いやすさ、丈夫さやコスパを踏まえ、セイバンの次におすすめのランドセルです。

背負いやすさ、丈夫にする工夫はピカイチで、特に壊れやすいと言われる背カンは10万回の耐久性テストを実施しています。

フィットちゃんの耐久テスト

デザインも豊富で、値段の安いクラリーノを中心に、50モデルから幅広く選べるので、セイバンと合わせて検討すればぴったりなランドセルに出会いやすいです。

好みのランドセルがない場合も、1億通り以上のランドセルをオーダーメイドで作ってくれるので、お子さんやご家族の望み通りのランドセルが手に入ります。

要注意:

2022年入学モデルはオーダーメイドが限定1,000個です。 例年夏には完売するようですので、オーダーメイドが欲しい方は早めに予約しましょう。(価格・税込64,900円~)

オーダーメイド予約ページ: https://www.fit-chan.com/ordermade/

フィットちゃんのセール情報

フィットちゃんのアウトレットセールは、秋〜冬頃に始まります。

3~4万円程度で購入できるので、とてもお得ですが、早めに売り切れてしまいます。

フィットちゃんは、新品もお手頃な値段で購入できるので合わせてチェックしてみると良いでしょう。

フィットちゃん詳細データ

会社名株式会社ハシモトBaggage
主な使用素材コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯(税込)40,700円〜85,800円
ラインナップ50のモデル×豊富なカラー+オーダーメイド

フィットちゃん公式ストア: http://www.fit-chan.com

ランドセルには偽物や、新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

3-4. ふわりぃ|

ふわりぃのランドセル

ふわりぃ」は1951年創業の60年以上の歴史をもつ、老舗のかばんメーカーです。

その名のイメージ通り「軽く」「ソフトに」という特徴のランドセルで、軽くて楽ちんと評判です。

人工皮革を使った比較的安価な値段のランドセルを提供しているのが特徴です。

障がい児用のオーダーメイドランドセルを販売しているなど、多様性を大切にしている素敵なメーカーです。

ふわりぃのセール情報

ふわりぃのアウトレットセールでは、30~60%OFFで購入できます。

女の子のランドセルはお洒落なシリーズが用意されていて魅力的ですし、男の子のランドセルは最大60%OFFで購入できるのが魅力です。

※半かぶせのランドセルが多数扱われていますが、半かぶせはおすすめしません。気になる方は、こちらのページをご覧ください。

ふわりぃ詳細データ

会社名株式会社 協和
主な使用素材コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯(税込)39,402円〜69,300円
ラインナップ16のモデル×豊富なカラー

ふわりぃ公式ページ:https://fuwarii.com

ランドセルには偽物や、新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

3-5. 萬勇鞄|伝統と革新が調和したランドセルメーカー

萬勇鞄ランドセル

『 萬勇鞄』は、1950年創業の歴史あるメーカーの一つです。全てのランドセルを手縫いで製作しており、丈夫さに定評があります。

一方で、刺繍入りのデザインや、15色のカラーがあるなど、工房系メーカーにしてはカジュアルなデザインになっています。

金色やシックな紫など、他のメーカーと違った色合いのランドセルがあるので、色にこだわりたい方はチェックしてみると良いでしょう。

また、おしゃれなネーム刻印プレートを全てのランドセルに付けてくれるのも魅力です。

萬勇鞄のセール情報

萬勇鞄のアウトレットセールは、10月頃より始まります。最大40%OFFお得に買えます。

チョコや水色など、色彩豊かなランドセルが用意されています。

今チェックしてみると、チョコ✕ピンク、水色✕ピンクなどのコンビカラーのランドセルが充実しています。

萬勇鞄詳細データ

会社名萬勇鞄
主な使用素材コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯(税込)53,900円〜101,000円
ラインナップ15のモデル×豊富なカラー

萬勇鞄の公式ページhttp://www.manyu-randoselu.jp

ランドセルには偽物や、新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

4. ランドセルを選ぶ際の7つのポイント

セールで「どのランドセルを選べば良いか分からない」という方のために、ランドセルを選ぶためのポイントを紹介しておきます。

ここで紹介したランドセルメーカーはここで紹介するポイントをクリアしているので、後悔する可能性は少ないはずですが、選ぶのに迷う方は参考にしてみてください。

Noポイント内容
1素材値段やデザイン重視なら人工皮革、耐久性重視なら天然皮革
2デザイン全かぶせか、刺繍など幼いデザインは無いか
3大きさA4フラットファイルが入る大きさはあるか
4頑丈さ潰れにくいなど、耐久性にこだわりがあるか
5背負いやすさ背負いやすい設計・工夫があるか
66年間保証無料修理をしてもらえるか、貸出用ランドセルはあるか等
7価格自分の予算に合ったものを選んだか

これまで紹介したメーカーであれば、7つのポイントについてはまず問題ないです。

もし、他のメーカーで選ぶ場合は、これらのポイントを参考に選んでみてください。

それぞれポイントをご紹介していきます。

⑴ 素材

ランドセルに使われる素材は大きく分けて3種類あります。

値段や種類の豊富さで選ぶなら人工皮革、耐久性と高級感で選ぶなら牛角やコードバンがおすすめです。

素材価格高級感丈夫さ耐水性
人工皮革(クラリーノなど)低~中
牛革中~高
コードバン(馬のお尻の革)

人工皮革は引っかき傷に弱く、型崩れしやすいなどの欠点がありますが、値段の安いものから高いものまで揃っており、一番人気があります。

牛革は水に弱いなどの欠点がありますが、高級感があり、耐久性が高いので、高学年になってからも型崩れせずに使うことができます。

また、コードバンは牛角よりもさらに耐久性が高いですが、値段が高いのであまり選ぶ人はいないのが現状です。

ランドセルを購入する前に、ランドセルの素材の性質はしっかりおさえておきましょう。

⑵ デザイン

ランドセルのデザインでおすすめなのは次の2つです。

  • 全かぶせか?
  • 刺繍が入っていないか?

それぞれご紹介します。

全かぶせ

ランドセルには、下記のように全かぶせと半かぶせがありますが、全かぶせの方がおすすめです。

全かぶせのランドセル・半かぶせのランドセル

画像:キッズアミ

半かぶせはオシャレですが、次のようなデメリットがあります。

  • 後ろから簡単に開けられるので、防犯上良くない
  • かぶせの部分にものを挟めない
  • 交通安全用のビニールカバーが合わない

後ろから簡単に開けられてしまうというのが最大の欠点で、ピアニカなどをかぶせに挟むことはできないなど、細かいデメリットがあります。

これらの欠点を考えると、スタンダードな全かぶせを選んだ方が良いでしょう。

刺繍が入っていない

刺繍入りのデザインを気に入って選ぶのならOKですが、選ぶ前に次のような欠点があることは知っておきましょう。

  • 水が入ってきやすい
  • 素材の強度が落ちる
  • 成長してデザインが気に入らなくなる場合がある

刺繍が入ると浸水しやすくなるなど、少しですが強度が落ちてしまいます。

下の図のように、ハートや花柄が入っていると可愛らしく、低学年の子が気に入ることが多いですが、高学年になるとデザインが気に入らなくなってしまうことがあります。

ランドセルの刺繍のイメージ

出典:amazon

刺繍デザインが気に入ったら選んでも良いですが、特に希望がないなら「シンプルイズベスト」と考えておくのが無難です。

⑶ 大きさ

ランドセルの大きさは、次の3つがあります。

  • A4教科書対応サイズ(約21.5cm×29cm)
  • A4クリアファイル対応サイズ(約22.3cm×31cm)
  • A4フラットファイル対応サイズ(23.3cm×31cm)

一番のおすすめはA4フラットファイル対応サイズで、ゆとり教育が終わって教科書が厚くなる傾向がある現在では、大きめのサイズがおすすめです。

重さ的にも大体100g程度の差しかありませんので、「大は小を兼ねる」という言葉通り、大きめのサイズを選びましょう。

⑷ 頑丈さ

ランドセル選びの際は素材選びに合わせて、メーカーが頑丈さにこだわりを持っているかチェックをしましょう。

例えば、セイバンは、下の図のように「タフかるプレート」という軽量で頑丈なプレートを内部に入れることで、ランドセルの潰れにくさが従来の倍になっています。

セイバンの「タフかるプレート」のイメージ

耐久性が弱い人工皮革でも、このように耐久性をアップする取り組みによって6年間しっかり使うことができます。

⑸ 背負いやすさ

ランドセルの背負いやすさは次の3点をチェックすれば分かります。

  • 可動式の背カン
  • 肩ベルトの形状
  • 背中のクッション加工

この3点にこだわりがあるランドセルがおすすめです。

それぞれご紹介します。

可動式の背カン

背カンとは、ランドセル本体に肩ベルトを装着する部品のことで、可動式と固定式のものがありますが、可動式は動きに合わせてランドセルが動くので体への負担が少ないです。

ランドセルの可動式の背カン

出典:amazon

可動式タイプは、成長に合わせてフィットするので、旧来の固定型より大きなメリットがあります。

肩ベルトの形状

肩ベルトは、形状が工夫されているものや長さ調節できるものなど、各メーカーがいろいろなこだわりを出している部分です。

ランドセルの肩ベルトの形状

出典:amazon

長さ調節できれば、体格が大きくなった時も柔軟に対応できます。

背中のクッション加工

背中のクッションは立体的に加工されているものがおすすめで、クッションに工夫がされていると背負ってて痛くなりにくいからです。

下の写真は「バオバブの願い」のナチュラルフィットクッションと呼ばれる仕組みで、人間工学に基づいて設計されています。

ランドセルの背中のクッション加工

出典:amazon

各メーカーによって形は変わりますが、どのような工夫がされているかチェックしてみてください。

⑹ 6年間保証

ランドセルを購入する際は、修理保証が付いているタイプを選ぶのがおすすめです。

ただ、6年間保証が付いているだけではダメで、次に挙げるように保証内容をチェックすると安心です。

  • 無償修理できるか
  • 代替えのランドセルを借りることができるか

どういう場合が有償修理になるのかなどをしっかり確認しておきましょう。

また、代替えのランドセルを借りることができると、修理期間中のランドセルを心配する必要がないので安心です。

⑺ 価格

ランドセルにかけるお金は徐々に高くなりつつあり、およそ4〜6万円代のランドセルが人気です。

下の表は、ランドセルメーカーの取り扱っている費用の幅をまとめたものですが、およそ4~6万円の価格帯がおすすめです。

2022年度8月版ランドセルの価格帯

値段が安いランドセルは耐久性に問題がある場合がありますので、有名ブランドで評判の良いものから選ぶことをおすすめします。

5. ランドセルセールに関するQ&A

ランドセルセールについてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. 百貨店ではランドセルがセールで販売されていませんか?
  2. ランドセルのセールはいつ頃やっていますか?
  3. セール品を買う際は国産にこだわった方が良いですか?

それぞれ紹介します。

5-1. 百貨店ではランドセルがセールで販売されていませんか?

百貨店やデパートでは、展示品のセールをやっていることがありますが、いつ販売されるかは明確には決まっていません。

店舗販売限定のこともありますし、縁がないと買うのは難しかったりします。

高島屋』では、ランドセルの割引セールをオンラインショップでやっているので、こちらの利用をおすすめします。

5-2. ランドセルのセールはいつ頃やっていますか?

ランドセルのメーカーによって異なります。

  1. セイバン・・・8月後半ごろ
  2. 鞄工房山本・・・2020年10月にオープン。
  3. フィットちゃん・・・毎年秋。
  4. ふわりい・・・8月頃。
  5. 萬勇鞄・・・10月頃。

大体8~9月頃にアウトレット品が扱われ始めます。

「型落ちで良いから、安く買いたい」と思うなら、8~10月頃の購入がおすすめです。

5-3. セール品を買う際は国産にこだわった方が良いですか?

安いランドセルの中には外国産のものもありますが、あまりおすすめしません。

私が知る限り、国産以外で良質なランドセルメーカーが無いからです。

優良なランドセルメーカーはどこもメイドインジャパンになっているので、そちらをおすすめします。

6. さいごに

ランドセルのセールについて紹介してきましたが、参考になりましたか?

セール品は20~50%引きで購入できるのでお得ですが、次の点をチェックしてから選ぶようにしましょう。

  • 6年間保証があるものを選ぶ
  • 安すぎるランドセルは選ばない
  • ランドセルのコンディションをチェックする

以下に挙げるような優良メーカーのセール品を選ぶと「使いにくい」などで後悔するリスクをおさえることができます。

  1. セイバン 
  2. 鞄工房山本
  3. フィットちゃん
  4. ふわりい
  5. 萬勇鞄

一番のおすすめは、品質や性能に徹底的にこだわっているセイバンで、次に品数が充実している鞄工房山本がおすすめです。

このページが、読者の皆様のランドセル選びにお役に立つことをお祈りします。