ナイキランドセルってどうなの?買う前に知って置くべき注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「せっかくならかっこいいランドセルを選んであげたい」「最新モデルってどれ?」など、ナイキのランドセルが気になっていませんか?

ナイキ』は2018年度モデルのランドセルを製造しなかったため、今後の展開がやや不透明と言えます。万一、ナイキが数年以内に撤退した場合、アフターサービスなど様々なデメリットが考えられるため、慎重に選ぶ必要があります。

このページでは、百貨店でランドセルの販売経験のある私が、ナイキのランドセルに関する現状からナイキと同じくらい人気のスポーツブランドのランドセルをご紹介します。

  1. ナイキランドセルの2018年度モデルは存在しない!
  2. ナイキと同じくらい人気のスポーツブランドランドセル
  3. ランドセルに関してよくあるQ&A

すべて読めば、ナイキのランドセルのことを知って、お子さんにぴったりのランドセルを見つけられるでしょう。

口コミ・評判

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

1. ナイキランドセルの2018年度モデルは存在しない!

ナイキのランドセルは2011年の入学シーズンから販売され、特にスタイリッシュなデザインで人気です。

しかし、ナイキは2018年度モデルは製造しないと発表したため、2017年モデルが引き続き販売されている状況です。

※ちなみに、最新モデルを出さなかったことで一部の百貨店(高島屋、小田急百貨店など)は、ナイキランドセルの取り扱いを中止しています。

1-1. 2019年度以降はどうなるの?

2019年度モデルについて、まだ何も公表されていません

しかし、以下を考慮すると、新モデルが投入される可能性は低いのではないかと私は考えています。

  • ランドセルは日本市場だけであり、少子化で子供の数が減っていくから
  • 他のランドセルとの差別化が難しいから
  • 販売開始からもうすぐ10年となるため、見直しされる可能性があるから

1-2. 今、2017年以前の型落ちを買うのってどうなの?

型落ちしたモデルを安く買いたいという人もいますが、今後もナイキが販売を続けるのか不透明な中で、私は、ナイキのランドセルを買うことはおすすめしません

なぜなら、万一、数年以内にナイキのランドセル販売が中止された場合には、故障した時にスムーズに修理してもらえないおそれがあるからです。

1-3. それでもナイキのランドセルにこだわりたい人へ

ただし、どうしてもナイキのランドセルにこだわりたい人には、少しでも新しいものとして、2017年度モデルをおすすめします。

2017年モデルのデザインは?どこで買えるの?

ナイキランドセルの2017年度モデルは、「ブラック×蛍光カラー」とカーボン調の素材による圧倒的な存在感が人気です。

スポーティーで洗練されたデザインなので、周りの友達に一目置かれることは間違いと言えます。

特に、背中側は特にデザイン性が高いため、お子さんが一目惚れするケースも多いです。

引用:rakuma.rakuten.co.jp

ナイキは特に人気のランドセルの1つで、Amazonや楽天でもほとんどなくなってきているため、ダメモトで近くのイオンなどの総合スーパーに行くことをおすすめします。

ただし、お子さんと一緒に行くと一目惚れしてしまって譲らない可能性もあるため注意しましょう(定価:税込66960円)

ナイキの公式オンラインショップにはわずかに在庫がある

先ほどのタイプと比べるとデザイン性は見劣りますが、2017年度の最終生産モデルである「ブラック/セイル」であれば、まだ一部在庫があるため気になる人はお早めに→ナイキ公式オンラインショップ(56916円)

引用:イトーヨーカドーネット通販

2. ナイキと同じくらい人気のスポーツブランドランドセル

先ほどご説明の通り、2019年度以降、ナイキランドセルがどうなるかわからない状況で買うのは正直おすすめしません。

ナイキ以外にもスポーツブランドのランドセルはあって、特に人気なのが「プーマのランドセル」です。

プーマのランドセルが人気の理由を、以下の4つのまとめました。

  • お子さんの個性に合わせて、2つのデザインから選べる
  • 天使の羽ランドセルがベースなので、圧倒的に背負いやすい
  • 6年間安心して使える丈夫さ
  • A4フラットファイルも楽々入る大容量

それぞれ順にご説明します。

プーマはちょっと…と思った人へ

もしプーマのランドセルはちょっと…と思った人は、スポーツブランドのロゴのない一般的なものから選ぶことをおすすめします。

私は「41メーカーを徹底比較。2018年男女・価格別おすすめランドセル12選」の記事で徹底比較した結果、価格帯別におすすめしたいのは以下の3つだけでした。

  • セイバン」・・・周囲と少し差をつけたい人
  • キッズアミ」・・高級志向でお金を出しても良いものが欲しい人
  • フィットちゃん」・・・低価格帯が充実しているので、値段を抑えてランドセルを選びたい人

2-1. ロゴが目立つものからクールなものまで選べる!

プーマのランドセルと言っても、実はロゴが目立つスポーティーなものから、クールなデザインまで様々な種類から選ぶことができます

プーマのランドセルもかっこいいと大人気!

プーマのランドセルは、スポーツ好きなお子さんにぴったりのスポーティーでかっこいい雰囲気が特長です。セイバンの公式ストアで買うことができます。

引用:セイバン

口コミでも大好評:一目惚れしてしまうお子さんが続出!

口コミ・評判

30代ママ(ランドセル選び2017年7月〜)
ランドセルに興味のない息子でしたが、自分のサッカーボールと一緒のプーマのランドセルを見せたら一目惚れしてその後何度聞いても心変わりはありませんでした。引用:セイバン

口コミ・評判

20代ママ(ランドセル選び2017年6月〜)
大人は軽さや背負いやすさ子どもは黒と青というカラーがとても気に入り購入しました「まだ買わないの?」と買うのを心待ちにしていた息子。届くのが楽しみにです!引用:セイバン

口コミを調べる中で、以上のように、スポーティーなデザインに子供が一目惚れをして、背負いやすさなどの機能に大人も納得して買うケースが多いことが見えてきました。

プーマのランドセルなら、ワンランク上のクールなデザインもある!

大手百貨店でも販売されているモデルで、「puma」の文字を外すなど、よりクールで上品なデザインが特長です。こちらもセイバンの公式ストアで買うことができます。

引用:セイバン

口コミでも大好評:実物を見ないで即決した人も!

口コミ・評判

20代ママ(ランドセル選び2017年9月〜)
実物は見てないけど、親も子も一目惚れです!予算はオーバーしたけど、価値ある商品だと思っているので満足です。早く届くのが楽しみです!引用:セイバン

口コミ・評判

30代ママ(ランドセル選び2017年4月〜)
長男のランドセルも、天使のはねで、しっかりしたつくりで、3年間使用していますが、傷も入りにくく、型崩れもないので、気に入っています!!
やはり次男のも、初めから天使のはねランドセルがいい!っと決めていました。
百貨店モデルと量販店で購入できるプーマがあり、ギリギリまで、悩みました。次男は百貨店モデルのブラック×ゴールドが気に入って、絶対にこれがいいと言い張るので、本人の意見を尊重して決めました引用:セイバン

口コミを調べる中で、基本モデルと百貨店モデルで悩んだ人は多く、最終的にはデザインの好みで決めた人が多い印象でした。

2-2. 天使の羽ランドセルがベースなので、圧倒的に背負いやすい

プーマランドセルは、セイバンの天使の羽ランドセルがベースなので、圧倒的に背負いやすいのが特長です。

「天使の羽」って何がいいの?

天使の羽」とは、以下のように両肩の付け根のところに入って入る白い樹脂のことです。また、このタイプのランドセルの総称として呼ばれることもあります。

これにより、以下のように肩のベルトがぐっと立ち上がり、体によりフィットして軽く感じるというわけです。

引用:セイバン

その他にも背負いやすい仕組みが満載!

お子さんが成長しても背負いやすいように、例えば、以下のようにベルトや背中側に工夫もされています。

セイバンのランドセルにはすべて「天使のはね」や上記の工夫がされているため、6年間を通じて背負いやすいのも大きな特長です。

2-3. 6年間安心して使える丈夫さ

セイバンは以下のような様々な工夫によって、6年間安心して使える丈夫さも特長です

タフかるプレート:ランドセルの潰れにくさが従来の2倍

以下のようにタフかるプレートという軽量で頑丈なプレートを入れることで、ランドセルの潰れにくさが従来の倍になっています。

スタイルキーパー・総内張りPET:潰れにくく、傷もつきにくい

タフかるプレード以外にも、以下のようなスタイルキーパーや総内張PETによって、潰れにくく、傷つきにくい工夫がされています。

2-4. A4フラットファイルも楽々入る大容量

セイバンのランドセルは、2016年度以降のモデルはすべて「A4のフラットファイル」がきちんと収まるためおすすめします

引用:セイバン

参考:プーマランドセルは「安心・安全」

プーマランドセルを作っている「セイバン」は1946年からランドセルを製造している老舗メーカーで、特に安心・安全なランドセルとしても定評があります。

すべて国内生産で、高品質にこだわり抜いているのが特長です。

引用:セイバン

さらに、毎日子どもが安心・安全に学校に通えるように、以下のような工夫もされています。

お子さんの通学路には思わぬ危険が潜んでいるため、安全性により配慮されたものを意識していただきたいと思います。

どこで買ったらいいの?

プーマのランドセルを買える場所はいくつかありますが、ランドセルは6年間使うものなので、アフターサービスを重視して「セイバン」の公式ストアで買うことを強くおすすめします

セイバン公式ストア:

https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

3. ランドセルに関してよくあるQ&A

ここで、ランドセルに関してよくある質問に答えていきたいと思います。

それぞれ順にご説明します。

Q1. プーマランドセルは水にも強いの?

基本モデル・百貨店モデルともに水に強い「クラリーノRエフ・レインガードR Fα」を採用しているため、水にも強いのも特長です。

雨の日でも元気いっぱいのお子さんを、しっかりサポートしてくれます。

Q2. プーマランドセルを「セイバン」で買うと何がいいの?

プーマランドセルは百貨店などでも買うことができますが、私は大手ランドセルメーカーであるセイバンで買うことをおすすめします

どこで買っても値段や品質は同じですが、ランドセルは6年間使うものなので、「アフターサービス」も重視して選ぶべきだからです。

セイバンで買った場合:満足のいく説明やアフターサービスを受けられる可能性が高い

セイバンであれば、老舗メーカーとして十分な商品知識を有しているため、より納得のいく説明が受けられる可能性が高いと言えます。

また、セイバンはアフターサービスにも定評があります。

故障して修理が必要になった時によりスムーズにアフターサービスを受けられる可能性が高いと言えます。

その他のお店で買った場合:説明が不十分だったり、アフターサービスをスムーズに受けられないおそれがある

百貨店ではそれなりの説明を受けられる可能性がありますが、総合スーパーでは期待するような納得のいく説明は受けられない可能性が高いと言えます。

また、アフターサービスに関しても、以下からスムーズにいかない恐れもあります。

  • 修理依頼は販売店に行い、販売店からセイバンに修理依頼する
  • 修理中の代替ランドセルは販売店が手配する

Q3. ランドセルはいつ買うのがベスト?

ランドセルは、人気なこだわりの商品を買うなら年長の6~7月の予約開始になったところで買わないと売り切れてしまいます。

人気の商品を買うのであれば、メーカーのホームページを確認して、資料やサンプルの請求、予約などを計画立てて行っていきましょう。

とはいえ、ランドセルは年中売られていますので、人気な商品にこだわらなければいつでもいいのです。

特に、年明けになると、各メーカーが値引きを始めます。値段を安く抑えたい方はそのタイミングで買うこともおすすめです。

4. まとめ

ここまでナイキのランドセルの現状から、ナイキと同じくらい人気のプーマランドセルをご説明してきましたが、いかがでしたか?

ナイキランドセルも人気ですが、今後どうなるのか不透明な状況を踏まえると、このタイミングで買うことは正直おすすめしません

その代わりとして、同じくらい人気のプーマランドセルを検討してみることをおすすめします

セイバン公式ストア:

プーマランドセルの「基本モデル」「百貨店モデル

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

以上を参考に、お子様にぴったりのランドセルを見つけられることを心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket