元販売員が選ぶ!赤のランドセルで絶対に選ぶべきおすすめメーカー2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「赤のランドセルは種類が豊富にあって選べない」「赤は赤でも少しでも周りの子と差をつけたい」などと考えていませんか?

赤は赤でも様々なデザインがあるため悩んでしまっている人も多いです。少しずつ違うデザインの中から好きなものを選び、いかに機能性が高くコスパの良いランドセルを選ぶかがポイントです。

そこで、百貨店のランドセル売り場で勤務し、実際に2人の子育てをしてきた筆者が、ランドセルの価格や選び方のポイントなどついて下記の流れで解説していきます。

  1. 最近のランドセルのトレンドってどうなってるの?
  2. まずはメーカーを絞ること!比較してわかったおすすめのメーカー2選
  3. ランドセルを選ぶ際の重要な7つのポイント

このページを読んでいただければ、どんなデザインを選べば良いの?という疑問を解消し、どのようにランドセルを選べば良いか?がわかるようになるでしょう。

口コミ・評判

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

1. 最近のランドセルのトレンドってどうなってるの?

10〜20数年前は赤以外のランドセルを背負っている子はほとんどいませんでしたが、今では登下校の風景を見てると、様々な色のランドセルを背負った子がいます。

当サイトで女の子に人気のランドセルカラーについて独自にアンケートをとった結果、下記のようになりました。

※当サイト独自調べ2017年8月

昔に比べ、定番の赤だけでなくピンクや茶色などの割合が非常に増え、赤に迫る勢いで増えています。

少しでも周りと差をつけたいという思いから、赤は赤でも少しピンクっぽい色、刺繍がほどこされているものや、ラインの入ったもの、ランドセルの中を開けるとチェック柄になっているものなど、様々なバリエーションがあります。

学校によっては、男の子は黒系、女の子は赤系と指定しているケースがありますので、事前に色に指定がないか確認しておきましょう。

男の子用の赤のランドセルってある?

男の子の場合、赤がベースカラーになったものはありませんでした。

赤のラインが入っているようなランドセルがありますので、赤が好きな男の子には黒ベースで赤が入っている下記のようなデザインのものをおすすめしてはいかがでしょうか?

セイバンの販売する赤の入った男の子用のランドセル

左PUMA 右COMVERSE

セイバンで販売されている「PUMA」「CONVERSE」のランドセルには赤が使われています。どちらもスポーティーで元気な男の子にぴったりのランドセルです。

スポーツメーカーのブランドだけあって、重さや機能性などにも優れとても人気です。

PUMA公式ページ:https://www.seiban.co.jp/boy/puma/ordinary/  ¥70,200

CONVERSE公式ページ:https://www.seiban.co.jp/boy/converse/deco/ ¥62,640

フィットちゃんの販売する赤の入った男の子用のランドセル

フィットちゃんから販売されている 「グッドボーイ」というブランドがあります。

黒のベースカラーに赤のラインを入れたおしゃれでカッコイイデザインになっています。

web限定価格で¥43,800ととてもリーズナブルな価格帯に設定されています。機能性や丈夫さなどは申し分なしです。

フィットちゃんグッドボーイ公式ページ:http://www.fit-chan.com

2. まずはメーカーを絞ること!比較してわかったおすすめのメーカー2選

赤のランドセルはどこのメーカーでも豊富に取り扱っているため迷われてしまう方も多いです。

たくさんの中から選べることは嬉しいですが、中には機能性やコスパのよくないメーカーもあるので、注意が必要なため、なるべく機能性や背負いやすさ、コスパなどの観点でも優れたランドセルを選ぶことをおすすめします。

詳しくは、この章の最後で比較していますが、機能性やサイズ、などの観点で、おすすめのランドセルメーカーを下記の2社に絞りました。

これらのメーカーであれば、色検索がとてもわかりやすく、どれを選んでも背負いやすさや丈夫さなどは安心できます。

  • セイバン」・・・背負いやすさや機能にこだわりたい人におすすめ
  • フィットちゃん」・・・費用を抑えたい人におすすめ

2社が出している赤系のランドセルをまとめ、それぞれのメーカーの特徴などをまとめました。

赤系のランドセルが欲しい方はこれから紹介するメーカーの公式ページに順番に飛び、詳細のデザインを見ながら選んでいただければと思います。

実際に現物を見たいという人も、webで購入することをおすすめします。web限定割引が適応される場合もあるため、2000円~5000円ほどお得になる可能性があるためです。

セイバン(天使のはね)のランドセル

セイバン」では、上記のように赤系のカラーのランドセルが10種類以上あります。(※少しピンクに近いのカラーも含みます)

刺繍のある可愛らしいランドセルから、非常にシンプルなものまで豊富に取り揃えています。シンプルなデザインのものが多いです。

セイバンの一押しランドセル「モデルロイヤル ベーシック」

モデルロイヤル ベーシック」は「セイバン」の出すコスパ抜群のランドセルです。

最もおすすめのセイバンですが、5万円以下で買うことができず、この価格帯からの紹介です。セイバンの特徴である機能を搭載し、可愛くて、高学年になっても飽きないシンプルな刺繍が特長です。

6万円以下で買えるランドセルの中では機能性、耐久性、おしゃれ度、どれをとってもおすすめです。

モデルロイヤル ベーシック詳細データ
価格 59,400円→今だけ59,400円→今だけ53,460円(税込・送料無料)
使用素材 クラリーノ
重量 約1,180g

セイバン「モデルロイヤルベーシック」公式ストア:

https://store.seiban.co.jp

セイバンの特徴

セイバンはCMでもおなじみの国内に3つも工場をもつ大手ランドセルメーカーです。背負いやすくするための「天使のはね」の他にもたくさんの工夫が施されたランドセルです。

その他、とにかく6年間しっかり使えるような頑丈な作りも魅力的です。

  • タフかるプレート:ランドセルがつぶれにくい補強素材
  • 総内張りPET:ランドセルの内側の汚れにも強い
  • チルトプレート:ランドセルの中の教科書が動きにくく負担になりにくい

背負いやすさ、丈夫さなどどれをとってもピカイチなので、まずはセイバンをチェックしましょう。

セイバン公式ページ:https://www.seiban.co.jp

フィットちゃんのランドセル

フィットちゃん」では赤系のランドセルが10種類ほどあり、ピンクに近い色からピンクのラインが入ったものなど様々なバリエーションがあります。

セイバンに比べると刺繍などが施されたデザインが豊富です。デザインの観点だけで言うと、赤、ピンク系で種類が豊富でおすすめなのはフィットちゃんです。

フィットちゃんの一押しランドセル「プティガール」

プティガール」は「フィットちゃん」のランドセルで、コスパも良く、シンプルなのに可愛いデザインを選べるのが特長です。

高学年になっても飽きない刺繍で、ガーリーな雰囲気のランドセルです。ランドセルの内側もかわいい!と多くの女の子から人気です。

この価格帯のフィットちゃんには「あい・愛ティアラ」など女の子が喜びそうなモデルが多いですが、高学年になっても満足して使えるという観点で、この1品をおすすめします。

プティガール詳細データ
価格 48,500円(税込・送料無料)
使用素材 クラリーノ
重量 約1,190g

フィットちゃん「プティガール」公式ストア:

http://www.fit-chan.com

フィットちゃんの特徴

実は、フィットちゃんは1億通り以上のランドセルをオーダーメイドで作ってくれる低価格なモデルを出しているメーカーでもあります。

背負いやすさ、丈夫にする工夫はピカイチで、特に壊れやすいと言われる背感は10万回の耐久性テストを実施しており安心できます。

丈夫さでは、セイバン以上との声もありますが、人工皮革しか扱っていないのがデメリットです。

フィットちゃん公式ページ:http://www.fit-chan.com

要注意:2019年入学向けのフィットちゃんのオーダーメイドは数が限られています

2019年入学モデルはオーダーメイドが限定500個のようです。

例年6月末には完売するようですので、オーダーメイドが欲しい方は早めに予約しましょう。(価格63,000円)

フィットちゃんオーダーメイド予約ページ:https://www.fit-chan.com/ordermade/

参考:13社のランドセルメーカー比較表

ランドセルメーカーはとても多いので、デザインが豊富で、機能性も高く、コスパの良いメーカーをいくつかに絞っておくのがおすすめです。

長年百貨店のランドセル売り場で勤務してきて触れたことのある41社のランドセルメーカーの中で、近年特に業界での評判の良かった13社を下記のように比較してみました。

背負いやすさ・頑丈さの評価について

  • ★・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度がトップクラス
  • ◎・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度が非常に高い水準
  • ◯・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度が高い水準
  • △・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度は平均的
  • ×・・・メーカーの取り組み、ユーザーの満足度は今ひとつ

A4フラットの評価について

  • ◎・・・全商品A4フラット対応
  • ◯・・・一部商品A4フラット対応
  • – ・・・A4フラット非対応
ブランド 無料修理保証 バリエーション 選べる皮の種類 背負いやすさ 頑丈さ サイズ(A4フラット) 価格帯

セイバン

31のモデル×豊富なカラー 51,516円〜82,620円

フィットちゃん

45のモデル×豊富なカラー+オーダーメイド 39,900円〜
97,200円

カバンのフジタ

17のモデル×
豊富なカラー
49,000円〜98,000円

モギカバン

5のモデル×
豊富なカラー
49,000円〜98,000円

ララちゃん

7モデル+オーダーメイド 40,000円〜73,000円

萬勇鞄

5のモデル×
豊富なカラー
48,600円〜
79,920円

鞄工房山本


無料と明記なし
19のモデル×
豊富なカラー
59,000円〜
179,000円

ふわりい

16のモデル×
豊富なカラー+オーダーメイド
37,908円〜
62,640円

土屋鞄

11のモデル×
豊富なカラー
59,000円〜
120,000円

生田

15のモデル×
豊富なカラー

キッズアミ

22のモデル×
豊富なカラー
57,240円〜
98,280円

イオン

22のモデル×
豊富なカラー+オーダーメイド
32,400円〜
151,200円

伊勢丹

55のモデル×
豊富なカラー
43,200円〜
140,400円

(価格は税込)

ランドセルは、この中から選んでいきましょう。正直スペックの比較は甲乙つけがたいですが、少しずつさ差はあります。総合的に評価するとどうしても下記の2社がおすすめです。

上記のメーカーとても種類が豊富で、オンラインストアが充実しています。人気商品はすぐに売れてしまうので、早めにネットで予約をしてしまいましょう。

3. ランドセルを選ぶ際の重要な7つのポイント

ランドセルを購入する際は、カラーやデザインだけではなく、他にも重要なポイントを抑えていなければ後悔することになってしまうかもしれません。

下記に重要なポイントをまとめましたので、「特にこだわりたいな」と思う部分はどういったものを選べば良いか覚えておきましょう。

No ポイント 内容
1 素材 値段やデザイン重視なら人工皮革、耐久性重視なら天然皮革
2 デザイン 全かぶせか、刺繍など幼いデザインは無いか
3 大きさ A4フラットファイルが入る大きさはあるか
4 頑丈さ 潰れにくいなど、耐久性にこだわりがあるか
5 背負いやすさ 背負いやすい設計・工夫があるか
6 6年間保証 無料修理をしてもらえるか、貸出用ランドセルはあるか等
7 価格 自分の予算に合ったものを選んだか

それぞれポイントをご紹介していきます。

⑴ 素材

ランドセルに使われる素材は大きく分けて3種類あります。

値段や種類の豊富さで選ぶなら人工皮革、耐久性と高級感で選ぶなら牛角やコードバンがおすすめです。

素材 価格 高級感 丈夫さ 耐水性
人工皮革(クラリーノなど) 低~中
牛革 中~高
コードバン(馬のお尻の皮)

人工皮革は引っかき傷に弱く、型崩れしやすいなどの欠点がありますが、値段の安いものから高いものまで揃っており、一番人気があります。

牛革は水に弱いなどの欠点がありますが、高級感があり、耐久性が高いので、高学年になってからも型崩れせずに使うことができます。

また、コードバンは牛角よりもさらに耐久性が高いですが、値段が高いのであまり選ぶ人はいないのが現状です。

ランドセルを購入する前に、ランドセルの素材の性質はしっかりおさえておきましょう。

⑵ デザイン

ランドセルのデザインでおすすめなのは次の2つです。

  • 全かぶせか?
  • 刺繍が入っていないか?

それぞれご紹介します。

全かぶせ

ランドセルには、下記のように全かぶせと半かぶせがありますが、全かぶせの方がおすすめです。

画像:キッズアミ

半かぶせはオシャレですが、次のようなデメリットがあります。

  • 後ろから簡単に開けられるので、防犯上良くない
  • かぶせの部分にものを挟めない
  • 交通安全用のビニールカバーが合わない

後ろから簡単に開けられてしまうというのが最大の欠点で、ピアニカなどをかぶせに挟むことはできないなど、細かいデメリットがあります。

これらの欠点を考えると、スタンダードな全かぶせを選んだ方が良いでしょう。

刺繍が入っていない

刺繍が入っているランドセルはオシャレですが、次のような欠点があります。

  • 水が入ってきやすい
  • 素材の強度が落ちる
  • 成長してデザインが気に入らなくなる場合がある

刺繍が入ると浸水しやすくなるなど、少しですが強度が落ちてしまいます。

下の図のように、ハートや花柄が入っていると可愛らしく、低学年の子が気に入ることが多いですが、高学年になるとデザインが気に入らなくなってしまうことがあります。

出典:amazon

ランドセル選びでは「シンプルイズベスト」が後悔しないための大切なポイントです。

⑶ 大きさ

ランドセルの大きさは、次の3つがあります。

  • A4教科書対応サイズ(約21.5cm×29cm)
  • A4クリアファイル対応サイズ(約22.3cm×31cm)
  • A4フラットファイル対応サイズ(23.3cm×31cm)

一番のおすすめはA4フラットファイル対応サイズで、ゆとり教育が終わって教科書が厚くなる傾向がある現在では、大きめのサイズがおすすめです。

重さ的にも大体100g程度の差しかありませんので、「大は小を兼ねる」という言葉通り、大きめのサイズを選びましょう。

⑷ 頑丈さ

ランドセル選びの際は素材選びに合わせて、メーカーが頑丈さにこだわりを持っているかチェックをしましょう。

例えば、セイバンは、下の図のように「タフかるプレート」という軽量で頑丈なプレートを内部に入れることで、ランドセルの潰れにくさが従来の倍になっています。

耐久性が弱い人工皮革でも、このように耐久性をアップする取り組みによって6年間しっかり使うことができます。

⑸ 背負いやすさ

ランドセルの背負いやすさは次の3点をチェックすれば分かります。

  • 可動式の背カン
  • 肩ベルトの形状
  • 背中のクッション加工

この3点にこだわりがあるランドセルがおすすめです。

それぞれご紹介します。

可動式の背カン

背カンとは、ランドセル本体に肩ベルトを装着する部品のことで、可動式と固定式のものがありますが、可動式は動きに合わせてランドセルが動くので体への負担が少ないです。

出典:amazon

可動式タイプは、成長に合わせてフィットするので、旧来の固定型より大きなメリットがあります。

肩ベルトの形状

肩ベルトは、形状が工夫されているものや長さ調節できるものなど、各メーカーがいろいろなこだわりを出している部分です。

出典:amazon

長さ調節できれば、体格が大きくなった時も柔軟に対応できます。

背中のクッション加工

背中のクッションは立体的に加工されているものがおすすめで、クッションに工夫がされていると背負ってて痛くなりにくいからです。

下の写真は「バオバブの願い」のナチュラルフィットクッションと呼ばれる仕組みで、人間工学に基づいて設計されています。

出典:amazon

各メーカーによって形は変わりますが、どのような工夫がされているかチェックしてみてください。

⑹ 6年間保証

ランドセルを購入する際は、修理保証が付いているタイプを選ぶのがおすすめです。

ただ、6年間保証が付いているだけではダメで、次に挙げるように保証内容をチェックすると安心です。

  • 無償修理できるか
  • 代替えのランドセルを借りることができるか

どういう場合が有償修理になるのかなどをしっかり確認しておきましょう。

また、代替えのランドセルを借りることができると、修理期間中のランドセルを心配する必要がないので安心です。

⑺ 価格

ランドセルにかけるお金は徐々に高くなりつつあり、日本ランドセル協会によると平成26年時点で42,400円が平均価格になっています。

下の表は、ランドセルメーカーの取り扱っている費用の幅をまとめたものですが、およそ4~6万円の価格帯がおすすめです。

値段が安いランドセルは耐久性に問題がある場合がありますので、有名ブランドで評判の良いものから選ぶことをおすすめします。

参考:ご主人や祖父母世代に赤を強要されるケースが・・・

10年以上も前の世代の方々にとっては、赤以外のランドセルは受け入れられないことも多く、「赤のランドセルで当然!」「赤以外だと珍しがられていじめられる」という理由から、他の色を許されないケースがあるようですね。

実際には先ほどご紹介したようなデータもあり、今では赤のランドセルはクラスの半分以下になっています。

特に男性の方は数字で説得をすると納得をしてもらえることも多いので、先ほどご紹介したようなデータを見せて、赤以外の割合が増えていることを見せてみましょう。

4. さいごに

赤系のランドセルについて詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

赤のランドセルは、どこのメーカーでも種類が豊富ですので、まずは機能性やコスパなどの面でメーカーを絞ってから選ぶと良いでしょう。

下記の2社のメーカーであれば、赤のバリエーションも豊富で、機能性やコスパもトップクラスですのでおすすめです。

このページを参考に、お子さんの小学校生活にぴったりのランドセルが見つかることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket