どんなズボラな子でもきちんと出来る唯一のランドセル収納術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

小学校から帰ってきた子供がランドセルをそこらへんに放置するなど、ランドセルの収納に困っていませんか?

私にも現在、中学校に通う超ズボラな性格の子供が2人おり、小学校時代はランドセルの収納に苦労しました。私の子供がズボラだったので、ネットにあるランドセルの収納術を試しても意味がありませんでした。

そこでこの記事ではより良いランドセルの収納をするために試行錯誤を繰り返した私が、おすすめのランドセルの収納術を以下の流れで紹介します。

  1. 唯一おすすめできるランドセルの収納
  2. その他に私が試したランドセル収納術4選

この記事を読めば、一般的にネットで紹介されているランドセルの収納術から、本当におすすめできるランドセルの収納術まで全てがわかります。

また、お子様がこれから小学校に入学するという方で、持たせるランドセルをまだ決めていないという方は41メーカーを徹底比較。2018年男女・価格別おすすめランドセル12選にてランドセルの選び方からおすすめのランドセルについてまで詳しく紹介しているので参考にしてください。

口コミ・評判

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

1. 唯一おすすめできるランドセルの収納

冒頭でも述べた通り、私たちが子供にランドセルをきちんとした場所に置かせるように試行錯誤しても、次第にやってくれなくなることがほとんどです。

そこで、この章ではまず私が自分の子供達が小学生の頃に決められた収納場所にランドセルを置くように試行錯誤した中で実際に効果のあった収納術を紹介したいと思います。

次章「2章. その他に私が試したランドセル収納術4選」では私の家庭では効果がありませんでしたが、あなたの家庭では成功する可能性もあるので、この章で紹介する方法以外にも試した方法を紹介していくので参考にしてください。

1-1. 実際に効果のあったランドセル収納術

私の家庭では子供がきちんとした場所にランドセルを置くために以下の5つの収納方法を試しました。

  • ラックなどで収納場所を作る
  • フックを取り付けてランドセルをぶら下げる
  • 学習机の椅子下にランドセル収納場所を取り付ける
  • ランドセル専用のBOXを用意する
  • 洋服ハンガーの真下に置く

しかし、上記のように様々な方法を試しましたが、私の子供たちは「超ズボラ」なのでほとんどの方法の場合、継続されずに床にランドセルが放置されるという結果に終わりました。

この中で実際に効果のあった収納方法は「ラックなどで収納場所を作る」でした。

画像:BELLE MAISON

ラックなどで収納場所を作るとなるとコストもかかってしまいますが、他の方法では以下のような理由で子供もきちんとした場所にランドセルを置き続けるのを継続することができませんでした。

子供たちがランドセルをランドセル収納場所に置きに行けなかった理由

  • 教科書などの置き場と遠いと翌日の準備がしづらい
  • ランドセル専用のBOXの場合、収納スペースがなく、翌日の準備がしづらい
  • フックや椅子の下の場合、簡単な手間ではあるがそれが面倒で床に放置していた

上記の理由から、他の方法では子供たちはランドセルを決められた収納場所に置きませんでした。

1-2. ラックを使ってよかった理由

ラックにしてよかった理由は以下の通りです。

  • 棚の上に置くだけの本当に簡単な単純作業なので子供も継続して利用してくれた
  • 収納スペースがあるので、子供が翌日の準備をしやすい

また、これは長年使って気づいたことなのですが、ラックはそんなに大きなサイズのものを買わなければ、配置を変えるのも楽というのが非常によかったです。

以下のサイズくらいのラックであれば、持ち運びも非常に簡単です。

画像:BELLE MAISON

なぜ配置を変えるのが楽であることが良いのかというと、ランドセル収納場所は子供の生活に合わせて配置する必要があり、子供の生活状況は小学校低学年の頃と高学年の頃とでは変わる可能性もあるからです。

そのため、配置を変えるのが楽なラックであれば、子供の生活状況が低学年と高学年で変わったとしても配置を変えて対応できるのでおすすめです。

ラックの置き場所は子供の生活に合わせよう

ラックを置く際に最も気をつけなければいけないのは、「子供が学校から帰って来てまずどこに行くのか」、「子供が主に家のどこにいるのか」ということを考慮に入れることです。

なぜなら、子供が学校から家に帰って来てまず行く場所がリビングであるにもかかわらずラックを子供部屋においても意味がないですし、子供の学習スペースなどが自分の部屋であるにもかかわらずリビングにラックを置いても意味がありません。

ラックの置き場に関しては上記のことを踏まえて、子供と話し合って決めるのが良いです。

我が家では子供が低学年の頃は主にリビングで勉強などをしていたのでラックもリビングに配置していましたが、高学年になって子供部屋で学習することが増えてラックを子供部屋に移動しました。

画像:crayon houseBELLE MAISON

また、この記事を読んでいる方の中には、子供が学校から家に帰って来てまず通るのが玄関という理由から玄関にラックを配置しようと考えている方もいるかもしれませんが、それだけはおすすめしません。

我が家でもラック以外の方法の際に玄関に収納場所を作ったことがありますが、子供が翌日の学校の準備をなかなかしませんでした、

特に冬場などは玄関は冷え込んでいることが多く、翌日の準備をすることを渋っていました。

1-3. おすすめのラック3選

ここまでで紹介してきた通り、おすすめのラックの条件は「持ち運び可能なサイズ」ということです。それでいて、「収納スペースも多い」ものであれば言うことはありません。

また、リビングに置く場合は「部屋の外観を損ねないようにする」など考える方もいますね。

これらの点に着目して、おすすめのラックを3つ紹介します。

以下ではそれぞれ詳細を紹介していきます。

「Stylish Lifeのランドセルラック」

画像:楽天市場・Stylish Life

Stylish Lifeのランドセルラック」のランドセルラックは6,980円(税込・送料無料)のランドセルラックです。他のランドセルラックが1万円以上するものが多い中、この値段は非常にお得で最もおすすめのラックです。

また、上記のように縦に長くスペースを取らないだけでなく、教科書、鍵盤、習字セット、リコーダーなど様々な学校用具を収納することができます。

キャスターも取り付け可能で持ち運びも簡単なのでラックに必要な機能はすべて兼ね備えており、色も白をベースにピンクと水色の2色から選択可能です。

価格 6,980円(税込・送料無料)
 2色
販売ページ 楽天市場

準備がしやすいランドセルワゴン:BELLE MAISON

画像:BELLE MAISON

準備がしやすいランドセルワゴン:BELLE MAISON」はお客様組立て12,900円~完成品でお届け18,000 円(税込)、大型商品送料 ¥1,500(税込)のラックです。

上記のように教科書だけでなく、鍵盤や習字セットなど様々な学校道具を置くスペースもきちんとあり、持ち運びもしやすいのでおすすめなラックです。

さらに色もホワイト×ライトブルー、ナチュラル×ナチュラル、ダークブラウン×ネイビーの3色があり、リビングに置こうと考えている方も部屋の外観に合わせて選ぶことができます。

価格 12,900円~18,000 円(税込)、大型商品送料 ¥1,500(税込)
ホワイト×ライトブルー、ナチュラル×ナチュラル、ダークブラウン×ネイビー
販売ページ BELLE MAISON

「パイン学び楽(まなびラック)大:楽天市場」 

パイン学び楽(まなびラック)大:楽天市場」は19,440円(税込・送料別)のラックです。

上記のように収納場所も非常に多く、付属品としてフックも付いてきます。

さらにキャスターも4つ付いてくるので持ち運びも非常に簡単に行えます。

価格 19,440円(税込・送料別)
上記のみ
販売ページ 楽天市場

1-4. ラックの代わりになるランドセルの収納場所

以下ではラックではありませんが、ラックと似たような効果を期待できる収納方法を紹介します。

  • カラーボックスを横に並べてラック代わりに使う
  • リビングの収納棚に一緒に置く

以下ではそれぞれ詳細を紹介します。

カラーボックスを横に並べてラック代わりに使う

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像:ランドセル.net

様々な方が様々な場所で使っているニトリのカラーボックスですが、上記のようにこれをランドセルラックの代わりとして利用することもできます。

持ち運びも非常に簡単なので上記のおすすめラック3選で気に入ったラックが見つからなかった方はこの方法を試しても良いのではないでしょうか。

リビングの収納棚に一緒に置く

画像:Hidamari Songs

リビングにランドセルを置く予定の方で、元々リビングに収納用の棚がある方は上記のようにそれを整理してランドセル収納場所として利用するのもおすすめです。

しかし、この場合に気をつけなければいけないことは子供の生活状況が変わって、リビングよりも子供部屋にいることが多くなった場合にランドセルの収納場所を再度考えなければいけないと言うことです。

2. その他に私が試したランドセル収納術4選

前章では最もおすすめのランドセル収納術としてランドセルラックを紹介しました。

この章では私の家庭では効果がありませんでしたが、あなたの家庭では成功する可能性もあるので、それ以外にも試した以下の4つの収納方法を紹介していくので参考にしてください。

  • フックを取り付けてランドセルをぶら下げる
  • 学習机の椅子下にランドセル収納場所を取り付ける
  • ランドセル専用のBOXを用意する
  • 洋服ハンガーの真下に置く

以下ではそれぞれランドセル収納術としての詳細と、私の家庭ではどうして成功しなかったのかについて詳しく紹介していきます。

方法1. フックを取り付けてランドセルをぶら下げる

画像:円山工芸ママ日和〜女の子育児とワンコとお買い物〜

上記のように学習机やベットにフックを取り付けて、ランドセルを収納する方法があります。

これはスペースも取らず、子供の生活状況に合わせて収納場所を決められるので家庭や子供によっては効果的な方法かもしれません。

ただし、私の家庭ではフックにかけるという単純作業ではありますが、翌日の準備の際などいちいちそれを行うのが面倒だったのか、継続されずに結局ランドセルは床に放置されていました。

方法2. 学習机の椅子下にランドセル収納場所を取り付ける

SONY DSC

画像:b’s mono-log

上記のように椅子の下にランドセルを収納する学習椅子もあります。

学習椅子の下なのでスペースを取らず翌日の準備がしやすいなどのメリットがあります。

ただし、私の家庭ではいちいち椅子から取り出す作業が面倒であったり、子供の生活の中心が低学年の頃はリビングだったこともあって定着しませんでした。

方法3. ランドセル専用のBOXを用意する

画像:ベルメゾンにがブロ

上記のようにランドセル専用のBOXをランドセル収納場として利用する方法もあります。

この方法の良いところはランドセル収納場所を簡単に移動できるという点です。

ただ、私の家庭では子供の学校道具が増えていくにつれて収納スペースが足らなくなってしまって継続することができませんでした。

方法4. 洋服ハンガーの真下に置く

画像:飛騨産業株式会社公式サイト

上記のように洋服ハンガーの下にランドセルを収納するという方法もあります。

この方法は朝学校行く時などに上着を羽織ってランドセルを背負えるので便利というメリットがあります。

ただし、この方法の場合、学校用具の収納場所の近くに置ければ良いですが、私の家庭ではそれができなかったので継続できませんでした。

3. まとめ

この記事ではおすすめのランドセルの収納術について紹介してきました。

私にも現在、中学校に通う子供が2人おり、2人ともズボラな性格だったので小学校時代はランドセルの収納に非常に苦労しました。そして、ネットにある情報を集めて色々と試行錯誤した結果わかったことは、ネットにあるランドセル収納術の情報はほとんど意味をなさないということです。

私の家庭では子供がきちんとした場所にランドセルを収納するために以下の5つの方法を試しました。

  • ラックなどで収納場所を作る
  • フックを取り付けてランドセルをぶら下げる
  • 学習机の椅子下にランドセル収納場所を取り付ける
  • ランドセル専用のBOXを用意する
  • 洋服ハンガーの真下に置く

この中で実際に効果のあった収納方法は「ラックなどで収納場所を作る」でした。

おすすめのラックの主な条件は以下の通りです。

  • 持ち運び可能なサイズ
  • 収納スペースも多い

これらの点に着目するとおすすめのラックは以下の3つになります。

あなたの子供がきちんとランドセルを置けるランドセル収納場所をつくれることを祈っています。

子供がこれから小学校に入学するという方で、持たせるランドセルをまだ決めていないという方は41メーカーを徹底比較。2018年男女・価格別おすすめランドセル12選にてランドセルの選び方からおすすめのランドセルについてまで詳しく紹介しているので参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket