広告に騙されるな!全機種比べてわかった唯一のおすすめの生ゴミ処理機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インターネットで検索しても、どの生ゴミ処理機が本当に良いものなのかわかりにくいですよね。

現在国内で販売されている生ゴミ処理機の中で、自信を持って良いと言えるものは1つしかありません。

もし性能が良くないものを選んでしまうと、思いのほか不便で使わなくなってお金をドブに捨てるようなもったいないことになってしまうかもしれません。

本ページでは生ゴミ処理機マニアの筆者が、生ゴミ処理機を買い揃え、実際に使ってわかったことを元におすすめの生ゴミ処理機について下記の流れで紹介します。

あなたの生ゴミ処理機選びの役に立てる情報を余すことなくお伝えするので、買ってから後悔するようなことはなくなるでしょう。

1. 唯一おすすめできる生ゴミ処理機とその理由

筆者は現在も生産を中止していない生ゴミ処理機を全て買い揃え実際に使って比較してみました。その結果、満足できた生ごみ処理機は唯一「エコ美人」だけでした。

エコ美人以外の商品を買うと、臭いが出たり、面倒なことがあったりなど、何かを妥協しなければならないかもしれません。

本章では、それだけ魅力的な生ゴミ処理機である「エコ美人」をおすすめできる理由について解説していきます。

エコ美人

  • 本体価格:¥104,000(定価)
  • 電気代:¥400/月
  • タイプ:ハイブリッド型

出典:Amazon

エコ美人は生ゴミを乾燥させながら、微生物の力を使って生ごみを分解する「ハイブリッド型」という方式で、生ゴミを99%分解し水と炭酸ガスにスピード分解します

100人の口コミや、実際に商品を使った結果わかったエコ美人をおすすめできる理由を3つ紹介します。

  1. 処理中に臭いが出ない
  2. 手間がかからない
  3. 音が出ない

※注意|偽物が大量に出回っています。

必ず正規代理店で購入するようにしましょう。

Amazon正規店: https://www.amazon.co.jp/dp/B071KKNVZP

正規店一覧: http://sakuraeco.jp/900.html

※販売元のサクラエコクリーンは、助成金の関係もあり定価(税込112,320円)以外での販売を禁止しているようですので、それ以外の価格の場合は販売元が正規代理店かどうか確認しましょう。

2017年6月現在、Amazonにある出品者で正規代理店なのは『バイオエコショップ』だけでした。

1-1. 処理中に臭いが出ない

口コミ・評判

mariko4005さん
評価:★★★★★5
以前実家で、乾燥型の生ゴミ処理機を使っていたことがあります。その時は処理中に臭いが出て、臭いが部屋や服につかないか心配だったのですが、エコ美人は全く臭いがしないのでとても良いと思います。生ゴミを処理機にセットしたり、ボタンを押したり、ゴミを取り出したり、面倒なことは一切ありません。生ゴミを入れても気づいたらなくなっているので、本当に感心していました。もう使って半年くらいになりますが、まだ中身がいっぱいになりません。ちなみに2人暮らしです。

エコ美人は、分解力が強く、繊維質のものなど分解しにくいものを除いて99%分解するので、臭いの元から分解するので処理中に臭いが出ることはまずありません。

ただ、微生物の力を使って生ゴミを分解をするので、フタを開けると少し土のような臭いがしますが、脱臭機能に優れており臭いを外に出さないだけではなく、部屋の空気もきれいにしてくれます。(空気清浄機の機能付き)

臭いレベルを★の数で表しています。

エコ美人
(ハイブリッド型)
バイオクリーン
(バイオ型)
生ごみリサイクラー
(乾燥型)
パリパリキューブ

(乾燥型)

パリパリキューブライト
(乾燥型)
処理中に漏れ出る臭い なし ★☆☆1
発酵臭少し
★☆☆1
少し
★☆☆1
生ゴミが温まった臭い
★☆2
生ゴミが温まった臭い
処理物の臭い なし ☆2
発酵臭
☆2
焦げた臭い
★☆☆1
生ゴミが温まった臭い
★☆☆1
独特の臭い
処理後に機械を開けた時の臭い ★☆☆1
発酵臭少し
★☆2
発酵臭
★3
食べ物が焦げた臭い
★☆2
独特の臭い
★☆2
独特の臭い

※使用方法を守らなければ臭いが出る可能性もありますので注意が必要です。

1-2. 手間がかからない

エコ美人比は手間が一切かかりません。手間がかからない2つのポイントについての声を見てみましょう。

  • 都度の確認や定期的に捨てる手間がない
  • 家の外に捨てに行く手間がない

都度の確認や定期的に捨てる手間がない

口コミ・評判

ちむこ さん 30代 女性
評価:★★★★☆4
とても楽です。生ゴミが出たら処理機の中に入れるだけ。ずっと入れ続けていますが、中身が全く増えないので驚いています。

エコ美人は分解力が高く、99%分解するので、処理後のゴミがほとんど溜まりません。投入するゴミの量にもよりますが、半年〜1年に一度、増えた分を捨てるだけでかまいません。

他のタイプの生ゴミ処理機であれば都度ゴミをとりだしたり、容器を洗う必要があります。

家の外に捨てに行く手間がない

口コミ・評判

垣内 さん 70代 女性
評価:★★★★★5
10年前バイオ型の生ごみ処理機を使っていました。庭に置いていたので毎日外まで運び出していたのですが、もう年なので軒先きの段差もひざが辛くて大変でした。知人から室内に置けるいいものがあると聞いて、エコ美人を買いました。台所に置いているので野菜くずやお惣菜なども全てすぐ捨てれるのでとても楽です。

エコ美人はバイオ型とハイブリッド型の中で唯一の室内用であるため、キッチンで出た生ゴミを外に運び出す手間はありません。

乾燥させながら微生物に分解させるので、臭いが出ることはありません。さらに強力な脱臭機能がついているため、臭いが出ないだけにとどまらず、空気清浄機の機能も搭載しています。

下記の表は他の生ゴミ処理機と処理に必要な手間をまとめて一覧にしています。

  エコ美人
(ハイブリッド型)
バイオクリーン
(バイオ型)
生ごみリサイクラー
(乾燥型)
パリパリキューブ
(乾燥型)
パリパリキューブライト
(乾燥型)
発生する手間
  • 半年〜1年に一度のゴミの取り出し
  • 屋外まで運ぶ必要あり
  • 半年〜1年に一度のゴミの取り出し
  • 1週間〜2週間に一度のゴミの取り出し
  • 設定ボタンを押す
  • 都度のゴミ捨て
  • 都度容器を洗う
  • 処理完了までの長い待ち時間
  • 設定ボタンを押す
  • 脱臭フィルターの交換
  • 都度のゴミ捨て
  • 都度容器を洗う
  • 処理完了までの長い待ち時間
  • 設定ボタンを押す
  • 脱臭フィルターの交換

1-3. 音が出ない

口コミ・評判

たくまさん 35歳 男性
評価:★★★★☆4
生ごみ処理機は音がうるさいと聞いていました、全く気になりませんでした。ハイブリッド型は静かなんですね。

乾燥型の生ゴミ処理機は音がうるさいと感じる人も多いようですが、エコ美人は音がほとんどしません。神経質な人もエコ美人であれば気にならずに使うことができるでしょう。

下記はそれぞれの生ごみ処理機を使ってみて音の大きさを比較した結果を★の数で表しています。

エコ美人
(ハイブリッド型)
バイオクリーン
(バイオ型)
生ごみリサイクラー
(乾燥型)
パリパリキューブ
(乾燥型)
パリパリキューブライト
(乾燥型)
★☆☆1
ほとんどしない
★☆☆1
ほとんどしない
★★★3
気になる
★★☆2
少し気になる
★★★3
気になる

エコ美人についてさらに詳しい情報を知りたい人はこちらの記事「 実験と口コミでわかる室内用生ごみ処理機「環境エコ美人」完全ガイド」で紹介しています。

2. 費用が足りない人のために渋々おすすめする生ゴミ処理機2選

おすすめの生ゴミ処理機はエコ美人1択ですが、もしエコ美人以外を選ぶ場合は、価格と品質(臭い・手間・音・大きさ)の妥協点を探しながら上から順番に検討していくといいでしょう。

臭い・手間・音・大きさの4つのポイントについて5つの商品を「ランキング」にしました。それぞれの項目についてのおすすめ度を★の数で表しています。

おすすめ 商品名   コスト 臭い 手間 大きさ
1位  エコ美人
  • ¥104,000(定価)
  • 電気代¥400/月
★★★3 ★★★3 ★★★3 ★☆☆1
2位  生ゴミリサイクラー
  •  ¥50,813(ネット最安値)
  • 電気代¥1,000/月
★★☆2 ★★☆2 ★☆☆1 ★★☆2
3位  パリパリキューブ
  • ¥23,798(ネット最安値)
  • 電気代¥1,000/月
★★☆2 ★☆☆1 ★★☆2 ★★☆2
4位  パリパリキューブライト
  • ¥20,782(ネット最安値)
  • 電気代¥1,000/月
★☆☆1 ★☆☆1 ★☆☆1 ★★★3
5位  バイオクリーン
  •  ¥90,000(定価)
  • 電気代¥1,000/月
★☆☆1 ★☆☆1 ★★★3 ★☆☆1

生ゴミ処理機は長い期間使うものなので、少しでも快適なものを選びたいところです。筆者が実際に使ってみた感想としては、順位が低いものほどデメリットが多いように感じています。

費用が足りない人に渋々おすすめする2つの生ゴミ処理機を紹介します。

生ごみリサイクラーMS-N53

  • 本体価格: ¥50,813(ネット最安値)
  • 電気代:¥1,000/月
  • タイプ:乾燥型

出典:Amazon

口コミでわかる生ごみリサイクラーMS-N53のメリット

口コミ・評判

評価:★★★★☆4
今まで生ごみの臭いが気になって、なるべく生ごみが出ないように料理をするのはゴミだしの前日だけにしていましたが、これを導入してから気にしなくてよくなりました。処理後の生ごみは香ばしいにおいがします。完全に無臭にはなりません。また、処理直後の温かいうちにふたを開けると臭いが部屋中に広がってしまうので、蓋を開けるのは冷えてからにしたほうがよいです。また、魚などの油が多いものを処理すると香ばしい臭いも強くなるような気がします。ただ、蓋が閉まっていればほとんど臭いが漏れることはなく、まったく問題ないです。処理がボタンを押すだけで楽々ですし、臭いも少ない、ほんとに買ってよかったです。

口コミでわかる生ごみリサイクラーMS-N53のデメリット

口コミ・評判

名前 さん(20歳)
評価:★★★★☆4
前モデルのPanasonicの生ごみ処理機が故障。10年ぶりに買い換えました。音が静かになり、機能もちょっぴり増えてました。ただ室内で使用すると前モデル同様、使用する室内が少しにおい&温かくなるのが気になります。なので私は少し窓を開けて使用しています・・・・・

生ゴミリサイクラーMS-N53は一度に2kgまでの生ゴミを処理することができます。

容量が多いので処理後のゴミがいっぱいになるまで、そのまま次の生ゴミを投入できるので、ゴミ捨ての手間は随分楽です。

しかし、非常に高い熱で処理しているため処理物が真っ黒な状態になり、食べ物がコゲたようなニオイが出ます。それさえ気にならなければ、生ゴミリサイクラーを選ぶといいでしょう。

ちなみに生ゴミリサイクラーには1つ容量の小さいタイプのものもあり、1人〜2人でお住まいのご家庭では小さいタイプのものでも対応できるでしょう。

さらに詳しい情報を知りたい人は「口コミでわかる「生ごみリサイクラーMS-N53」の完全ガイド」こちらの記事で独自に行った実験データなども公開しています。

パリパリキューブ

  • 本体価格: ¥23,798(ネット最安値)
  • 電気代:¥1,000/月
  • タイプ:乾燥型

出典:Amazon

口コミでわかるパリパリキューブのメリット

口コミ・評判

評価:★★★☆☆3
スイカの皮で実験してみましたが想像以上に小さくなって本当にぱりぱりになりました。スイカの皮は水分が多くてゴミ出しの時にいつも大変でしたがこれを使えばかなり楽になることを実感しました。難点は脱臭フィルターを定期的に交換しないといけない点です。コスト的には市の有料ゴミ袋に乾燥させずに入れるより高く付きそうです。ゴミ出しが楽になると言うメリットで購入すると良いと思います。

口コミでわかるパリパリキューブのデメリット

口コミ・評判

評価:★☆☆☆☆1
やはり臭いが気になります。乾燥させた後のものが臭いです。….味噌汁の時に使うイリコや鰹節などを生ごみと一緒に乾燥させただけでも結構臭いです。必ず1日一回乾燥させてますが・・・・やっぱり焼く方がいいのかなぁ。。。別のメーカーの焼くタイプのものを以前使っていましたが、焼いてる間の臭いがきつくて外で使ってて壊れたのでこちらに替えたのですが。ベランダで焼いている時も物凄く臭かったです。近所迷惑になりそうなくらいでした。
実家は焼くタイプのパナ製で臭くないと言っているので次買う時はそちらにしてみようかなと思います。

パリパリキューブは乾燥型の生ゴミ処理機で、熱風を当てて乾燥処理させます。

処理したゴミは都度取り出して捨てる必要があることと、乾燥させているだけなので、生ゴミのニオイが完全になくなるわけではなく、生ゴミから出た水分が容器にこべりつくので、使うたびに容器を洗わなければならず手間がかかります

臭いと洗い物が苦でない人にはいいかもしれません。

さらに詳しい情報を知りたい人は「口コミでわかる!パリパリキューブをおすすめしない7つの理由」こちらの記事で独自に行った実験データなども公開しています。

参考: 助成金を使ってお得に生ゴミ処理機を手に入れられる可能性も!

「費用を抑えたい!でも性能の良い生ゴミ処理機を使いたい」という人に朗報です。実は生ゴミ処理機の価格が高ければ高いほど品質の良いものを助成金を使ってお得に手に入れることができるので、その理由について解説していきます。

全国で1741自治体がありますが、約60%の1051の自治体で生ごみ処理機の購入に対して助成金を支給しています。さらに、その中の約90%の自治体で20,000円〜75,000円の助成金を支給しています

下記に助成金を支給している自治体をいくつか例に挙げました。

助成金上限金額 全国自治体から抜粋

地域 助成金上限金額
奈良県生駒市 75,000円
東京都府中市 50,000円
神奈川県鎌倉市 40,000円
京都府京都市 35,000円
東京都千代田区 30,000円
沖縄県那覇市 30,000円
北海道札幌市 20,000円
香川県高松市 20,000円
愛知県名古屋市 8,000円
大阪府大阪市 なし

上記の表のように助成金額の上限が決められている地域が多く、最大で商品代金の半分までを助成すると決められているところが多いです。

下記に商品代金別に助成金額を比較しました。

商品の価格別助成金額の比較

東京都府中市のケース (購入金額の1/2の金額 上限金額50,000円)

  • 25,000円の生ごみ処理機・・・12,500円の助成金
  • 50,000円の生ごみ処理機・・・25,000円の助成金
  • 100,000円の生ごみ処理機・・・50,000円の助成金

このように商品価格が高ければ高いほど、もらえる助成金は多くなります。生ゴミ処理機は長く使うものなので、良いものを買って快適に長く使う方が断然お得です。

助成金の調べ方

助成金の情報はインターネットで検索するとすぐに調べることができます。

助成金の上限や、受給条件など、自治体によって異なります。

「生ごみ処理機 自治体名」で検索すると、助成金を出している地域ではほとんどの場合、自治体の電話番号や助成金の金額などの記載があります。購入を検討している方は詳細を自治体のHPなどをチェックしてみてください。

助成金を確実にもらうために必要なことをさらに詳しく知りたい方は「図解でわかる生ごみ処理機の助成金を確実にもらうための全知識」 こちらを参考にしてください。

3. さいごに

おすすめできる生ゴミ処理機について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

生ゴミ処理機を長く快適に使うためには、臭いや手間の点では妥協しない方がいいと筆者は考えています。

筆者が妥協することなく使えると感じているものは「エコ美人」だけです。

臭い・手間・音・大きさなどは当人の感じ方次第ですので、あなたが生ゴミ処理機でどんな問題を解決したいのかを考えながら選ぶとよいでしょう。

もし費用が気になる人は助成金をしっかりともらってお得に生ゴミ処理機を手に入れましょう。

あなたの日常生活が少しでも快適になることを心から祈っています。

※注意|偽物が大量に出回っています。

『エコ美人』は必ず正規代理店で購入するようにしましょう。

Amazon正規店: https://www.amazon.co.jp/dp/B071KKNVZP

正規店一覧: http://sakuraeco.jp/900.html

※販売元のサクラエコクリーンは、助成金の関係もあり定価(税込112,320円)以外での販売を禁止しているようですので、それ以外の価格の場合は販売元が正規代理店かどうか確認しましょう。

2017年6月現在、Amazonにある出品者で正規代理店なのは『バイオエコショップ』だけでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket