ランドセルが安い時期はいつ?時期に関わらず安く買うための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ランドセルって安い時期あるの?」「でも安い時期のランドセルって大丈夫なの?」と悩んでいませんか?

ランドセルは時期によって価格は違いますし、時期を選べば安く購入することは可能です。しかし、安いランドセルにはリスクもあるため、注意が必要です。

ランドセルメーカーで勤務し 百貨店でランドセルの販売員を行っていた筆者が、ランドセルの安い時期について下記の流れで解説していきます。

  1. 年間スケジュールから分かる!ランドセルの安い時期は?
  2. 時期は関係なし?1年中安く買う方法
  3. 安くても安心!ランドセル選びで失敗しないメーカー2選
  4. とにかく安くランドセルを購入する4つの方法

このページを読んでいただければ、ランドセルはいつが安いのか?いつ頃買うのがベストなのか?どのようにランドセルを選べば良いかがわかるようになるでしょう。

口コミ・評判

「販売員として、そして母として..」
私は、23歳から4年間百貨店(主にランドセル売り場)に勤務し、その後2児の母となり、自らもランドセルを選ぶ立場に。改めてランドセルの魅力に気付き、みなさんにも知ってもらいたく最新情報を調べ発信しようと思いました。

1. 年間スケジュールから分かる!ランドセルの安い時期は?

「少しでも安く買える時期があるなら、その時期まで待とうかな?」と考えていませんか?

結論から言うと、ランドセルが安い時期は12月〜3月です。

しかし、機能性も高く、コスパの良いランドセルはとても人気で、売り切れてしまうため、安い時期まで待つというのは注意は必要です。

ランドセルは毎年どのようなスケジュールで購入されていくのか?スケジュールをチェックしましょう。

上記の図の中で、ランドセルの新作発表から、入学までのおおよそのスケジュールについてご紹介します。

4月〜6月:新作発表からお披露目の時期

4月〜5月に各メーカーの新作が発表されます。

新作の発表がされたら、百貨店や量販店などではお披露目のための展示会などが始まります。

カタログなどの取り寄せもできるので、4〜6月にはおおよその目星をつけておくと良いでしょう。

7月〜9月:予約を開始

6月頃からは先行予約などを開始し、人気商品や限定モデルなどは続々と予約が埋まっていきます。

機能性の高いものや人気の価格帯で売れ筋のものはこのタイミングで予約をしてしまうことをおすすめします。

夏休みやお盆の時期に、祖父母世代が孫を連れてデパートや量販店に行き、実際に背負わせながら買ってやるというパターンもよくあります。

10月〜11月:人気商品・限定モデルはほぼ完売

10月〜11月には人気商品や限定モデルなどはほぼ完売してしまいます。

売れ筋のものも残り少なくなってきてしまうので、もし今当サイトをご覧になっているのがこの時期に該当するなら、すぐにランドセルを検討し購入することをおすすめします。

人気の価格帯やデザインも年末にかけて少なくなっていきます。

そのため、このタイミングを逃すと、機能はそこまでよくなくても良いのに少し高いものや、少し派手なデザインのもの、少し安くないか?と思うほどの価格のランドセルなどが増えて、ちょうど良いものが少なくなってきます。

12月〜3月:売れ残りの値引き開始

年末のセールや年始の初売りなど、おおよそ人気や売れ筋のランドセルはほとんど残っていないのがこの時期です。

ここまで待つと、値引きで安くなるのは間違いありません。

とにかく費用を安く抑えたいという人はこの時期を狙うと良いでしょう。

安く買うのであれば、12月〜3月の入学直前が安い時期になります。

しかし、人気でコスパの良い商品はどんどん売り切れていってしまうので、なるべく早くメーカーのホームページを確認して、資料やサンプルの請求、予約などを計画立てて行っていきましょう。

みんなランドセルはいつ買ってる?

当サイトで小学校1年生のお子さんを持つママさん108人に独自アンケートを取った結果、以下のようになりました。

5年ほど前は秋に買うのが主流でしたが、毎年前倒しで購入する人が増えて6〜8月が購入ピークになっています。

人気な商品を求めることが「ラン活」と呼ばれるくらい、各メーカーの新作に多くの方が注目し、早期に購入しています。もし、「他の人と差をつけたい!」「人気でおしゃれなものを!」と考えるのであればなるべくはやく抑えてしまうことをおすすめします。

参考.  価格の安さだけで選んでしまった場合に起こりえるリアルな問題点

そろそろ価格や安くなったかな?と頃合いに量販店などに行くと、売れ残りや機能性の低いランドセルを選んでしまう可能性があります。

もし価格の安さだけでランドセルを選んでしまった場合には、下記のような様々な問題が起こる可能性が高まります。

  • 友達の親が見た時に安物であるとバレてしまう
  • すぐに壊れる
  • いざ使ってみると機能性が低く使いにくい

安物を買ってしまったばっかりに、このような問題が起こる場合は少なくありません。お子さんのためにも、型落ちでも、売れ残りでも良いので、せめてブランドにはこだわって、選んであげて欲しいというのが筆者の願いです。

2. 時期は関係なし?1年中安く買う方法

確かに時期を待てば値引きがされ始めますが、実は時期は関係なく1年中安く買う方法があります。

その方法とは、大手メーカーのネットで販売しているアウトレット商品を買うことです。そこでは、型落ちや展示品などのアウトレット品が安く手に入ります。

安心できる機能性とコスパの良さを兼ね備えた大手メーカーのアウトレット品だからこそおすすめできます。

参考:人気メーカーのランドセルも安く買える!セイバンのアウトレットセール

お金は節約したいけど、どうしても人気メーカーのランドセルを買いたい人におすすめなのが、セイバンなどの「アウトレットセール」です。

次の章で詳しく紹介しますが、ランドセルメーカーで最もおすすめなのがセイバンです。

前年度以前の型落ちではありますが、上のようにランドセルで最も人気のセイバンで、最大約52%OFFのものもあります。

人気商品はすぐに完売してしまうため、仮に気に入ったものがあればすぐにおさえるくらいの気持ちが大切です。

また、仮に完売していても、人気商品の在庫が補充されることもあるため、こまめにチェックすることをおすすめします。

3. 安くても安心!ランドセル選びで失敗しないメーカー2選

ランドセルはまずはメーカー選びがとても重要です。安いだけで選んでしまうと、すぐに壊れる、背負いにくいなど、使う中で後悔する可能性が高いです。

そこで、こちらの記事で比較をしていますが「41メーカーを徹底比較。2018年男女・価格別おすすめランドセル12選」13社のメーカーを比較して背負いやすさや機能性、デザインの豊富さ、コスパなどで優れたメーカーを2社に絞りました。

コスパがよく、安くても安心できるランドセルを買いたい方に特におすすめなメーカーが次の2社です。これらのメーカーであれば、どんなランドセルを選んでも問題ないでしょう。

  1. セイバン」・・・口コミ評価も高く特におすすめ!
  2. フィットちゃん」・・・オーダーメイド対応で格安のランドセルあり

この2つのブランドはアウトレットセールを行っており、最大50%引きで購入することができます。

それぞれご紹介します。

セイバン:口コミ評価も高く特におすすめ!

セイバン」はCMでもおなじみの国内に3つも工場をもつ大手ランドセルメーカーです。先ほど紹介した背負いやすくするための「天使のはね」の他に、とにかく背負いやすい工夫が施されたランドセルです。

その他、とにかく6年間しっかり使えるような頑丈な作りも魅力的。

  • タフかるプレート:ランドセルがつぶれにくい補強素材
  • 総内張りPET:ランドセルの内側の汚れにも強い
  • チルトプレート:ランドセルの中の教科書が動きにくく負担になりにくい

背負いやすさ、丈夫さなどどれをとってもピカイチなので、まずはセイバンをチェックしましょう。

コンバースなどともコラボした、豊富なラインナップがあり、お子さんに合ったランドセルがきっと見つかります。

セイバン詳細データ
会社名 株式会社セイバン
主な使用素材 コードバン・牛革・クラリーノ
価格帯 51,516円〜82,620円
ラインナップ 31のモデル×豊富なカラー

セイバン公式ストア:

https://store.seiban.co.jp

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

セイバンのアウトレットサイト:https://store.seiban.co.jp/products/list/36

フィットちゃん:オーダーメイド対応で最安のランドセルあり

フィットちゃん」は1億通り以上のランドセルをオーダーメイドで作ってくれる低価格なモデルを出しているメーカーです。

背負いやすさ、丈夫にする工夫はピカイチで、特に壊れやすいと言われる背感は10万回の耐久性テストを実施しています。

丈夫さに関してはピカイチで、特にクラリーノの種類が豊富ですので、クラリーノのランドセルに決めた方に特におすすめです。

要注意:2019年入学向けのフィットちゃんのオーダーメイドは数が限られています

2019年入学モデルはオーダーメイドが限定500個のようです。

例年6月末には完売するようですので、オーダーメイドが欲しい方は早めに予約しましょう。(価格63,000円)

フィットちゃんオーダーメイド予約ページ:https://www.fit-chan.com/ordermade/

フィットちゃん詳細データ
会社名 株式会社ハシモトBaggage
主な使用素材 クラリーノ
価格帯 39,900円〜97,200円
ラインナップ 22のモデル×豊富なカラー

フィットちゃん公式ストア:

http://www.fit-chan.com

ランドセルには偽物や新作に見せかけた型落ちも出回ります。商品数などを考慮しても公式ストアでの購入がベストです。

フィットちゃんアウトレットストア:http://www.fit-chan.com/fs/fitchan/c/outlet

4. とにかく安くランドセルを購入する4つの方法

ランドセルは「購入時期を12月〜3月にする」「人気メーカーのアウトレット商品を買う」ことで安く手に入れることができますし、しっかりと選べばそれなりにコスパの良いランドセルを選ぶこともできるでしょう。

しかし、安くはできるかもしれませんが、微々たるものだったり、あまりおすすめしない方法も含めて、これまでご紹介してきた方法以外の方法について紹介します。

  • クレジットカードで払う
  • 商品券を購入して使う
  • ネットオークションを使う
  • 格安ランドセルメーカーのランドセルを使う

① クレジットカードで払う

クレジットのポイント還元率は0.5%程度のものも多いですが、4万円のランドセルだと、200円分のポイントがたまります。

微々たるものですが、少しでも費用を節約したいのなら、現金ではなくカードを使いましょう。

② 商品券を購入して使う

金券ショップなどに行くと、商品券を購入することができます。およそ3%〜7%の割引率で、例えば1万円の商品券が9300円〜9700円で買えるということになります。

仮に、1万円の商品券が9500円で売られていた場合、4枚買って4万円のランドセルを買ったとすると、2000円分安く買った計算になります。

③ ネットオークションを使う

ヤフオクやメルカリなどの、ネットオークションでは、在庫の一斉処分などで5,000円や10,000円などの破格で販売されていたり、ほとんど新品に近いような中古品が安くで販売されています。

オークションに出品されるような商品は型落ちや売れ残りなどの商品が多いので、機能性などの観点ではおすすめしませんが、価格がとにかく安ければ良いという人であれば、オークションでも良いかもしれませんね。

④ 格安ランドセルメーカーのランドセルを使う

壊れやすいという口コミもあるのであまりおすすめしませんが、ニトリやホームセンターが低価格帯で販売している、ランドセルもあります。

およそ2万円〜3万円ほどの価格帯で販売しているため、機能性や背負いやすさ、耐久性などにこだわらなければ、格安ランドセルメーカーで買うという方法もあります。

5. さいごに

ランドセルの安い時期やおすすめのコスパの良いメーカーなどについて詳しく紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ランドセルは、実店舗で購入する場合、12月〜3月の時期が安い時期です。もしネットで購入するのであれば、セイバン公式オンラインショップの「アウトレットセール」のようなアウトレット品であれば、年中購入ができます。

安いランドセルは機能性や耐久性に乏しい可能性が高いので、今回紹介した信頼できるメーカーの中から、最低でも4万円代のランドセルを選ぶことをおすすめします。

おすすめは下記のメーカーです。

このページを参考に、お子さんの小学校生活にぴったりのランドセルが見つかることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket