場所別にわかる!生活臭を消すために今すぐできる33の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

知人の家に遊びに行って、玄関のとびらを開けた瞬間に独特な臭いを感じたことがありませんか?

「うちは大丈夫」と思っていても、自分が住んでいるお家の臭いには中々気づけないもので、もしかすると「独特な臭いがする!」と思われているかもしれませんよ!?

化学メーカーの開発部門で研究者として10年勤め、1000人の主婦の臭いのお悩み答えてきた筆者が、生活臭を消すために、全て実践しても2000円以内で30分でできる33の方法を場所別に紹介していきます。

年末の大掃除の機会に、臭いを意識しながら掃除をすることで、友達が家に来てもスッキリとした心地いい印象を与えることができるでしょう。

0. 生活臭を消すために行うべきこと33選

生活臭を消すには、消臭元を置くだけでは不十分で、生活臭の発生元となる場所別に対策が必要です。

独特な生活臭は、トイレやキッチンなど、臭いが出やすい箇所の臭いが複合的に混ざりあってできるものなので、下記の方のようになかなか自分の家の臭いには気づかないものです。

口コミ・評判

mamiさん 30代主婦
先日、ママ友が子供を連れて家に遊びに来たときに、子供が玄関で「ママ!このお家変な臭いするね」と耳打ちしてるのが聞こえてしまいました。
普段からこまめに消臭元をおいたり、掃除をしているのですが、臭いは気づかなかったのでとてもショックです。。

突然の来客があっても困らないように、下記の条件で効果抜群の方法を厳選しました。

  • すべてやっても2000円以内の「低コスト」でできる
  • 1つあたり数秒〜数分という「短時間」できる

方法としては地味なものが多いですが、効果は抜群なので、ぜひ臭いが気になる箇所を重点的に改善していきましょう。

   原因箇所  具体的な対策方法
1. 玄関 下駄箱

 

1-1. 下駄箱の扉をあけて換気をする
1-2. 脱いだクツをすぐに下駄箱に入れない
1-3. 下駄箱の中に重曹を置く
1-4. 新聞紙を下駄箱に敷く
1-5.下駄箱をエタノールで拭く
くつ 1-6.クツに10円玉を入れる
1-7.クツにスプレーを吹きかける
1-8. いらない靴は捨てる
 傘 1-9. 傘は使うたびに完全乾燥
2. 洗濯機 2-1. 洗濯機の蓋はあけておく
2-2. 洗濯機の洗濯槽の掃除
2-3. 洗濯にミョウバンを使う
 3. トイレ 3-1. クエン酸スプレーを吹きかける
3-2. 便座カバーを清潔に保つ
4. お風呂 4-1. 排水溝の掃除
4-2. シャワーカーテンは毎日洗い流す
5. キッチン シンク・排水口 5-1. シンクの排水溝を重曹で掃除
ゴミ箱 5-2. 生ゴミ処理機を使う
冷蔵庫 5-3. 冷蔵庫のふき掃除
5-4. 冷蔵庫に炭を入れる
電子レンジ 5-5. 酢で電子レンジのふき掃除
魚焼きグリル 5-6. コーヒーカスを魚焼きグリルに入れて加熱する
コンロ 5-7. ガスコンロをエタノールでふき掃除
換気扇 5-8. 換気扇に重曹スプレーする
 6. リビング・寝室 部屋全体 6-1. 部屋の窓を全てあける
6-2. 植物を置く
6-3. 濡れタオルを室内で振り回す
じゅうたん 6-4.ミョウバンスプレーを気になる箇所に吹きかける
エアコン 6-5. エアコンの掃除
 寝室 6-6. ふとんとまくらは天日干し
 7.その他 7-1. 気になる箇所にファブリーズをかける
7-2. 市販の芳香剤を効果的な場所に置く
7-3. 市販の消臭剤を効果的な場所に置く

臭いを消すために外せないお役立ちグッズ5選

臭いの原因にダイレクトに効いて、どこでも手に入るおすすめの道具が5つあります。

部屋の臭いを消すために市販されている物はたくさんありますが、下記の5つがあれば臭いの問題の多くは解決できるようになるので、ぜひ揃えてみてください。

汚れや臭いの原因は場所によって異なります。正しくポイントを理解しておくことで効果的に臭いに対策を打てるようになります。下記にそれぞれの道具の性質をまとめてみました。

  重曹 クエン酸 ミョウバン  エタノール
対応できる汚れ
  • 油汚れ
  • 排水口のぬめり
  • 石鹸カス
  • 水垢
  • 石鹸カス
  • 水垢
  • 石鹸カス
  • 水垢
  •  油汚れ
効果
  • 殺菌・抗菌効果
  • 消臭効果
  • 油を分解する
  • 殺菌・抗菌効果
  • 消臭効果
  • 殺菌・抗菌効果
  • 消臭効果
  • 殺菌・抗菌効果
  • 消臭効果
  • 殺菌効果
  • 油汚れを落とす
注意
  • アルミ製品には使わないこと
  • 白木には使わないこと
  • 畳には使わないこと
  • 鉄やアルミ、大理石には使わないこと
  • 塩素系洗剤と混ざらないこと
  • 鉄やアルミ、大理石には使わないこと
  • 塩素系洗剤と混ざらないこと
  •  口に入れないこと
  • 火元に注意

それぞれの、詳しい特徴やスプレーの作り方については、「8. お役立ちグッズ」にまとめましたので詳しく知りたい方はご確認ください。

1. 玄関や下駄箱・くつの臭いを改善する9つのポイント

臭いが発生しやすいそれぞれの場所別に、簡単にできる対策から臭いの元を完全に断つ方法まで余すことなく紹介していきます。

玄関の臭いの場所は主に下駄箱やクツにあります。下駄箱やクツは湿気がこもりやすく、カビや雑菌が繁殖し放題です。玄関の臭いを消すためにできることを8つご紹介します。

  • 下駄箱の扉をあけて換気をする
  • 脱いだクツをすぐに下駄箱に入れない
  • 下駄箱の中に重曹を置く
  • 新聞紙を下駄箱に敷く
  • 下駄箱をエタノールで拭く
  • クツに10円玉を入れる
  • クツにスプレーを吹きかける
  • いらないクツは捨てる
  • 傘は使うたびに乾燥する

1-1. 下駄箱の扉をあけて換気をする

下駄箱はとても湿気がこもりやすい場所です。脱ぎたてのくつは汗を吸って湿気がたっぷり。1~2日間乾かしてから下駄箱にしまうのが理想です。

下駄箱にすぐにクツをしまう習慣がある方は、週に1回は扉を開けて換気をしましょう。

1-2. 脱いだクツをすぐに下駄箱に入れない

脱ぎたてのクツは、汗をたっぷり含んでいます。すぐに下駄箱にしまうのではなく、1日〜2日履かずに乾かしてから下駄箱にしまうようにしましょう。

クツを脱いだら、100円ショップで買った除湿剤を入れるようにするとのがオススメです。100円なのに8袋も入っているのでとってもお得です。

1-3. 下駄箱の中に重曹を置く

重曹には吸湿作用と脱臭作用があるので、湿気の対策と消臭対策が同時にできます。


ふたをあけたジャムの瓶やコップなどに重曹を入れます。このグラスはダイソーで108円で売っていました。

写真のように下駄箱の奥に置いておきます。

1-4. 新聞紙を下駄箱に敷く

新聞紙は紙の中でも水分を吸いとる性質が強いので、湿気対策として使えます。汚れたら捨てるだけでいいのでらくちんですね。

最近は新聞を取らない家庭も増えていますが、トイレットペーパーを置くという方法もあります。

トイレットペーパーは紙の繊維が細かく幾重にも重なってロール状になっています。湿気を吸ってくれるだけではなく、臭いの粒子を吸着してくれるので、消臭効果も期待できます。

1-5. 下駄箱をアルコールで拭く

下駄箱の臭いの原因はたまった湿気によって繁殖したカビや雑菌です。殺菌効果が強いのでアルコール使って拭くことで、カビの増殖を抑えることができます。ちなみにキッチン用のアルコールスプレーは400円程度で手に入ります。

もし下駄箱を見てカビの斑点などが見えるなら、ハイターを吹きかけ拭き取るといいでしょう。

1-6. クツに10円玉を入れる

10円玉をクツに入れると臭いが消えると一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

10円玉は銅でできていますが、銅には消臭、殺菌効果があるので数枚入れておくだけで翌日臭いは改善されているはずです。入れる枚数を増えれば効果も高まるので、しばらく10円玉を貯めて、試してみてください。

1-7. クツにスプレーを吹きかける

足やクツの臭いの原因はバクテリアの作り出すアンモニアが原因です。酢スプレーやクエン酸スプレー、ミョウバンスプレーを吹きかけることで臭い成分を中和し、臭いを消してくれます。

1-8. いらないクツは捨てる

あまり履かないクツが下駄箱にたくさん入っていませんか?汗や皮脂が染み付いたクツは放置しておくだけで、カビや雑菌の温床となってしまいます。

一年以上履いてないクツは思い切って捨ててしまいましょう。

1-9. 傘は使うたびに乾燥する

傘の臭いは、湿気が多い状態が続くことで雑菌が増殖したことによる臭いです。

使い終わったら水気を取ることが一番ですが、次の日が晴れの場合は乾かすために傘を広げて干します。雨の場合は、お風呂場などで広げて乾かしましょう。

※クツの臭いをとるためにやってはいけない注意点!!

くつに重曹を入れるという方法は、他サイトでもよく紹介されている方法です。

重曹でくつの臭いを消す方法

      使い古した靴下やストッキング、布などに重曹を入れてこぼれないように口を塞ぎ、くつの中に置いてください。重曹には吸湿効果と消臭効果があるので、カビの発生を抑え、臭いも吸収してくれます。

しかし、「重曹は粉末なので、布生地などに入れるときっと溢れてしまうだろうな」と思っていました。

靴下でやってみると案の定、写真のような状態になりました。靴下の繊維の隙間から重曹が出てきて、粉なだらけになってしまいます。掃除が大変なのでこの方法はオススメできません。市販で販売されているくつ用の消臭剤や除湿剤を使いましょう。

2. 洗濯機の臭いを改善する3つのポイント

洗濯機は湿度が高く、どうしてもカビが発生しやすい場所です。さらに、洗剤や柔軟剤の残りカスが洗濯機に残り、カビや黒ずみになっているかもしれません。

洗濯機は洗剤の香りで気づきにくいですが、実は臭いが発生しているかもしれません。

カビや雑菌を増やさないように、清潔に保つための方法を3つご紹介していきます。

  • 洗濯機の蓋はあけておく
  • 洗濯機の洗濯槽の掃除をする
  • 洗濯にミョウバンを使う

2-1. 洗濯機の蓋はあけておく

洗濯物にたまった湿気を取り除くためにも、洗濯物はなるべくはやく取り出し、使い終わったらフタは必ずあけておくようにしましょう。

2-2. 洗濯機の洗濯槽の掃除をする

洗濯後の衣類が「なんだか臭う」というあなた。衣類が原因ではなく、もしかすると洗濯槽が原因かもしれません。

洗濯槽は湿気が多く、見えないすき間にカビや黒ずみが発生しているかもしれません。洗濯機を掃除したことがない方は以下の方法で、しっかりとお掃除してみてください。

重曹とクエン酸とお湯で洗濯槽を掃除する

  1. 満水の位置まで洗濯機に水を貯めます。(40度程度のお湯が望ましい)
  2. そこに重曹300gとクエン酸100gを混ぜることで炭酸ナトリウムをつくります。5分程度の洗いを2〜3回繰り返し、その後一晩置きます
  3. 一晩置くとゴミ(黒カビ)が浮いてくるのでくず取りなどでゴミ(黒カビ)を除去します(そのまま流すと詰まりの原因になるため。)
  4. ゴミ(黒カビ)が浮いてこなくなるまですすぎと脱水を繰り返して、掃除完了
    (重曹が使えない洗濯機もあるようなので、説明書などを読んで確認してみてください)

2-3. 洗濯にミョウバンを使う

「洗濯物が臭う」というあなた。何年も着ている服は、汗の臭いが染み付いて何度洗っても臭いが消えないということはありませんか?

ミョウバン水を洗濯物のすすぎのタイミングで洗濯槽に入れるだけで、ミョウバンの消臭作用で、汗の臭いを消してくれます。その後すすぐ必要もないので、とってもらくちんです。

  • クエン酸を入れる量は10Lに対して10g程度です。
  • 酢の場合は水45Lに対して50ml

3. トイレの臭いを改善する2つのポイント

トイレの臭いの主な原因は床や便器に飛び散った尿に含まれるアンモニアの臭いです。トイレはつい掃除を避けがちになってしまいますよね。

トイレの臭いを改善する方法を2つご紹介します。

  • クエン酸スプレーを吹きかける
  • 便座カバーを清潔に保つ

3-1. クエン酸スプレーを吹きかける

クエン酸の酸の作用により、アルカリ性であるアンモニアを中和し臭いを消します。クエン酸スプレーを使って、便器や床、壁などいたるところに吹きかけます。

アンモニアは軽いので天井付近に染み付いている可能性があるので、天井付近にもスプレーをしましょう。

特に便器のふちの裏側は汚れがこべりついています。便器のふちの裏側は尿が付着しやすく、硬化してしまい、汚れが落ちにくくなってしまうので、定期的に掃除するようにしましょう。

クエン酸がない時は酢でも代用可能ですが、クエン酸に比べて気化しやすく、どうしても酢の臭いが出てしまします。しばらく経つと、臭いはなくなりますので安心してください。

3-2. 便座カバーを清潔に保つ

便座カバーは飛び散った尿が付着しやすく、臭いの発生元になっている可能性があります。こまめに洗濯するか、取り替え式にして定期的に交換するようにするなどして清潔に保ちましょう。

4. 風呂場臭いを改善する2つのポイント

風呂の悪臭の原因は主に「排水溝」と「カビ」が原因と言われています。

特に排水溝には、髪の毛や皮脂、石鹸、などが流れ汚れが溜まります。さらに風呂場の湿気や温かい環境によりで雑菌が繁殖しやすくなっています。また、カビについても同様です。

家の中で、最も雑菌やカビが生える条件が整っている場所ですので、しっかりと掃除を心がけましょう。

4-1. 排水溝の掃除

お風呂場が「下水臭い」「酸っぱい臭い」がする場合は、排水溝が原因かもしれません。

お風呂や洗面所の排水溝は髪の毛や、垢、石鹸のカスなど、ゴミが非常にたまりやすくなっています。

まずは、歯ブラシや割り箸を使ってゴミを取り除き、その後、市販されているパイプユニッシュなどをそそぎ入れ、20〜30分ほど時間をおいてから水で流します。

4-2. シャワーカーテンは毎日洗い流す

シャワーカーテンは石鹸やシャンプーなどが飛びちり、雑菌やカビの栄養となり繁殖することで黒い斑点ができます。シャワーカーテンに雑菌やカビを増やさないためのポイントは下記の3つです。

  1. シャワーカーテンを洗い流す
  2. 水滴をはたき落とし、浴槽や壁に張り付かないようにする
  3. 換気扇をまわして、なるべくはやく乾かす

カビがひどい場合は、浴槽に水を少し貯め、漂白剤を適正量入れて薄め、かき混ぜてからシャワーカーテンを浸します。歯ブラシなどでカビを落とした後、シャワーで洗い流して、乾燥させます。

洗うのは面倒という方は、安いシャワーカーテンを買って、定期的に取り替えるとラクですね。

5. キッチン臭いを改善する8つのポイント

キッチンはお家の中で臭いを感じる場所1位にランキングされています。

キッチンは、食べ物の残りかすや蒸発した油などが原因で、臭いが発生しやすい場所です。雑菌のエサになるものが残りやすい冷蔵庫や電子レンジ、コンロなどは臭いの発生元になります。これらの問題を解決する方法を紹介しましょう。

シンク 5-1. シンクの排水口を重曹で掃除する
ゴミ箱 5-2. 生ごみ処理機を使って生ゴミの臭いをなくす
 換気扇 5-3. 換気扇に重曹スプレーする
冷蔵庫 5-4. 冷蔵庫のふき掃除

5-5. 冷蔵庫に炭を入れる

電子レンジ 5-6. 酢を使って電子レンジのふき掃除
魚焼きグリル 5-7. コーヒーを魚焼きグリルに入れて加熱するだけで臭い解消
ガスコンロ 5-8. ガスコンロをエタノールでふき掃除

5-1. シンクの排水溝を重曹で掃除をする

シンクの排水溝には生ゴミがたまりやすく、臭いの発生元になってしまいます。

重曹が臭いの元となる、ヌメりや汚れを落としてくれます。

ゴミ受けはなるべく毎日取り替えて、排水溝にヌメりが蓄積しないように保ちましょう。

重曹でシンクの排水溝の掃除

  1. 重曹を排水溝に満遍なくふりかけ1〜2時間放置します。
  2. 熱湯をかけます。
  3. 再度、重曹を排水溝にふりかけて、酢をかけ10分〜20分程放置します。
  4. 熱湯をかけて、流して完了です。

5-2. 生ゴミ処理機を使う

三角コーナーもしくは、ゴミ箱に生ゴミを捨てると思いますが、ゴミ出しをするまでの期間にどうしてもいやな臭いが発生してしまいます。

生ゴミ処理機を使い、早急に処理することで、臭いの元を断ち切ることができるので、生ゴミの臭いから解放されます。

5-3. 冷蔵庫のふき掃除

冷蔵庫のいやな臭いの主な原因は、冷蔵庫の中でこぼれた食べ物の汁やカスの腐敗臭やカビ臭です。

食材を全て取り出して、エタノールなどで丁寧に拭き掃除をするだけで随分改善します。

5-4. 冷蔵庫に炭を入れる

冷蔵庫の中に溢れた食品の汁や、カスに雑菌が繁殖することによって臭いが発生しているので、それらを掃除しなければ臭いは出続けてしまいます。

なので、掃除をすることが最も重要ですが、応急措置が必要な時は、100円ショップなどで売っている備長炭を入れてみましょう。

5-5. 酢で電子レンジのふき掃除

電子レンジの臭いは、食品のこぼれた汁やカス、蒸発した油分などが原因です。酢を使って掃除をすることで食品のアルカリ性の、油や汚れを浮かしてくれるので掃除しやすくなります。なお、クエン酸でも可能です。

酢でレンジのふき掃除

  • 酢をコップに50mlと水200mlを混ぜて酢を薄めます。
  • 電子レンジで加熱し30分程放置し、蒸発した酢を電子レンジになじませます。
  • あたためた酢を雑巾に染み込ませあとは丁寧にふき掃除をして完了

5-6. コーヒーのカスを魚焼きグリルに入れて加熱する

コーヒーのカス、もしくはインスタントコーヒの粉をグリル皿に乗せ、弱火で3~5分焼くだけで臭いが随分改善されます。なお、使用後の紅茶の葉やお茶殻でも同様の効果が期待できます。
臭いが取れるとはいえ、臭いの原因はグリルに染み付いた、魚の油なので掃除をすることも忘れずに。

5-7. ガスコンロをアルコールでふき掃除

ガスコンロまわりの臭いの原因は、調理中に飛び取った食品の油が、少しずつ酸化することによるものです。

アルコールを吹きかけ拭き取るだけで簡単に取れるのでとても簡単です。

頑固な油汚れや焦げは難しいので、雑巾に酢を垂らして汚れを落としたい部分をしっかりと酢で湿らせます。10分程時間をおくと汚れが浮いて拭き取りやすくなります。

5-8. 換気扇に重曹をスプレーする

換気扇はガスコンロの近くにあることも多く、蒸発した油などが付着し汚れており、酸化が進むことで臭いが発生していると考えられます。重曹スプレーをかけて掃除をするのが一番です。

応急処置としてできることは、重曹スプレーを換気扇に吹きかけるだけでも消臭効果が期待できます。アルコールスプレーでも可能です。

6. リビング・寝室の臭いを改善する10のポイント

リビングや寝室には布生地のもので溢れていますよね。布繊維には臭いがつきやすいので、気づかないうちに臭いが蓄積しています。

人は1日に1L〜3Lの汗をかくと言われています。汗の99%は水分ですが、残りの1%が臭いの元となる皮脂です。その皮脂を栄養として雑菌が増えることで臭いになります。

とはいえ、なかなか洗濯できないものもあるので、洗わずにできる対策方法をご紹介していきます。

6-1. 部屋の窓を全てあける

換気は空気の通り道をつくることがポイントになります。空気が部屋全体を流れるように、なるべく遠く、反対側の窓を全てあけて空気の通り道をつくりましょう。その際、換気扇も回しましょう。

臭い成分が落ちて衣類やカーペットに着く前に、臭いを全て外に出してしまいましょう。

6-2. 植物を置く

植物には空気を清浄化する効果があります。さまざまな臭い成分を吸収してくれるのでおすすめです。お部屋に植物があることで気分もよくなっちゃいそうですね。

6-3. 濡れタオルを室内で振り回す

臭いの成分は水に溶けやすい性質をもっているので、タオルの水分を含んだ繊維に臭い成分がくっつくことで消臭効果となっています。

タオルを濡らして、振り回しても水が飛ばないようにしっかりと絞ってから、お部屋の中で豪快に振り回してみてください。

6-4.ミョウバンスプレーを気になる箇所に吹きかける

リビングの絨毯やカーテン、ソファーなどは中々気軽に洗えないですよね。そんな場所にはスプレーが便利です。ミョウバンスプレーの効果が高いですが、重曹でも有効です。

クエン酸やお酢でも消臭できますが、どうしても酸っぱい臭いがつくので、あまりオススメはできません。

6-5. エアコンの掃除

エアコンは空気を吸って吐き出すため、フィルターや吐き出し口には臭い成分を蓄積しやすくなっています。

実はエアコンもカビが発生しやすい場所の一つ。もし、起動させた時に臭いを感じるようなら、カビや、ほこりが蓄積しているかもしれません。そんな時は下記の2つの方法で掃除をしてみてください。

  • エアコンを掃除機で吸う。エタノールを使って吹き上げる
  • フィルターを取り外し、掃除機で吸う

6-6. ふとん・まくらは天日干し

天日干しをすることによって、殺菌効果があるので、カビっぽい臭いや、湿っぽい臭いを改善することができます。天気が良い日には天日干しをしましょう。

7. 簡単ですぐにできる!生活臭を方法3選

急に来客があることになり、「すぐに生活臭をなんとかしたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方におすすめな簡単にできて即効性がある方法もあります。ポイントをつかむことで効果を高めることができるので、いくつか方法をご紹介します。

7-1. 気になる箇所にファブリーズをかける

市販のスプレーは香りがついているので臭いを上書きすることができます。ファブリーズは除菌もしてくれるので、臭いの発生元にも効果があります。急いでいる時には一番手っ取り早い方法ですね。

7-2. 市販の芳香剤を効果的な場所に置く

芳香剤を置くことで臭いは改善できます。芳香剤などの香り成分は時間が経つとどんどん落ちていってしまうので、香りを拡散し続けることがポイントです。

空気の通り道に置くことで、拡散が期待できるので、窓際のなるべく高い位置に置くといいでしょう。芳香剤の香りが嫌でない方にはオススメの方法です。

7-3. 市販の消臭剤を効果的な場所に置く

消臭剤を置くことで臭いは改善できます。臭い成分は足元にどんどん落ちていくので、臭い成分を集めることがポイントになります。

なので、空気の出口に置くことで、臭い成分を吸着できるので、換気扇などの臭いの出口に置くといいです。

本章で紹介した方法は、あくまでも応急処置でしかありません。臭いの発生元となる場所に近づくとどうしても臭いを感じてしまうことになりますので、しっかりと掃除をしましょう。

8. お役立ちグッズ

先ほど0章で紹介した以下の5つのグッズの解説と、それぞれを使った簡単で便利なスプレーの作り方をご紹介します。

  • 重曹             ・・・吸湿作用、発泡作用、乳化作用、消臭作用
  • 酢                   ・・・消臭作用
  • クエン酸     ・・・消臭作用
  • ミョウバン ・・・消臭作用
  • エタノール ・・・油を溶かす作用、殺菌作用

重曹

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、弱アルカリ性の性質を持っています。また、酸性であるタンパク汚れや油汚れを中和して分解することで臭いを消します。

また、乳化作用があるので、油汚れや排水溝のぬめりなどの汚れを落とすのに効果的です。いたるところで活躍間違いなし。

重曹は100円ショップで350g入りのものが購入できます。

ベタついた汚れにぴったりな 重曹スプレーの作りかた

  1. スプレーボトルに重曹スプレーを小さじ一杯入れる
  2. 水を100ml注ぎ入れる
  3. 蓋を閉め、軽く振りながら溶かす

酢は酸性の性質をもっており、主にアルカリ性の性質をもつ、石鹸カスや水垢などの汚れを落とすのに効果的です。また、抗菌作用ももっているので、カビや雑菌の予防に使うこともできます。

ただ、酢の臭いって結構きついですよね。酢は気化しやすい性質をもっていることが理由です。しばらくすれば臭いはなくなりますので安心してください。

酸性の物質であれば代用が可能なので、酢の臭いが苦手な方はクエン酸やミョウバンを使うといいでしょう。

酢スプレー

  1. スプレーボトルに酢を50ml入れる
  2. 水を150ml〜200ml注ぎ入れる
  3. 蓋を閉め、軽く振りながら溶かす

クエン酸

クエン酸は酸性の性質をもっており、酢と同様の効果を発揮します。

大きく異なる点は、クエン酸は臭いがしません。クエン酸は気化しないので、臭いを感じることがないというわけです。

なお、酸が気化せず残留するので、臭いを消す効果が持続するでしょう。

クエン酸スプレー

  1. スプレーボトルに250ml入れる
  2. 小さじ1~2杯入れる
  3. 蓋を閉め、軽く振りながら溶かす

ミョウバン

ミョウバンは複数の金属イオンの結晶で、水に溶かすと酸性の水溶液になります。ニオイの元になるアンモニアはアルカリ性なので中和することで臭いを消せます。

家庭のお料理にも食品として使われているものなので安心ですよね。

ミョウバン水の作り方

  1. 2Lのペットボトルに水1.5Lを入れ、ミョウバン50gを入れます。
  2. 軽く上下にふって混ぜます。
  3. 一晩時間をおく(ミョウバンを溶かすため)

エタノール

エタノールは油を溶かす作用があるので、いやな油を溶かし、拭き取ることで臭いの元を断つことができます。

エタノールは700円程度値段がするので、キッチン用のアルコールで十分です。ドラッグストアなどで300円〜400円程度で購入できるのでオススメです。

9. さいごに

生活臭をスッキリと決して心地いいお家にするために、臭いの元を断つ方法から、簡単かつすぐにできることまで、幅広くご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

芳香剤や消臭剤だけの対策しかしていないと、臭いが出る箇所に近づくと、どうしても臭いを感じてしまいます。

臭いを意識しながら掃除をきっちりとすることが一番の解決策ですので、上記の方法を参考にしながらできることからやってみましょう。

あなたのお家の臭いが少しでも快適なものになることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket