広告にだまされるな!口コミでわかった生ゴミ処理機人気ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

生ゴミ処理機はどの商品が人気なのか評判が気になりますよね。

生ゴミ処理機は良いものを選べばとても便利な商品ですが、価格や人気だけで選んでしまうと後々使わなくなって、お金をドブに捨てるようなもったいないことになってしまうかもしれません。

本ページでは生ゴミ処理機マニアの筆者が、生ゴミ処理機を買い揃え実際に使ってわかったことや、200人の口コミを交えながら紹介していきます。

あなたの生ゴミ処理機選びの役に立てる情報を余すことなくお伝えするので、買ってから後悔するようなことはなくなるでしょう。

1. 口コミでわかった!生ゴミ処理機人気ランキング

生ゴミ処理機は他のサイトでもたくさん紹介されていますが、何を選んでいいのかわからないですよね。

何かのランキングで上位に表示されていたり、口コミ数が多い商品も、大きな広告費をかけられているだけの可能性もあるので惑わされてはいけません。

1種類の生ゴミ処理機しか使ったことがない人も多いので、どうしても見かけの評価は高くなりがちです。なるべく公平に評価するため、全ての商品を使って感じた筆者の評価と合わせて総合的に評価しました。

筆者の満足度を5段階(臭い・手間・音・大きさ)で、生ごみ処理機ユーザー200人の口コミの満足度評価を5点満点で点数化し総得点の高い順にランキングにしました。

  写真 商品名 筆者満足度 ユーザー口コミ評価
点数 臭い 手間 大きさ
1位

(9.1点)

エコ美人 4/5点 × 4.6/5点
2位

(6.5点)

生ごみリサイクラーMS-N53 2.5/5点 × 4.0/5点
3位

(6.4点)

生ごみリサイクラーMS-N23 2.5/5点 × 3.9/5点
4位

(5.2点)

パリパリキューブ 1.5/5点 × 3.7/5点
5位

(4.2点)

パリパリキューブライト 1/5点 × × × 3.2/5点
6位

(3.2点)

バイオクリーン 1/5点 × × × 2.2/5点
7位

(3点)

エアドライ RBIII 0.5/5点 ×  ×  ×  △ 2.5/5点
8位

(2.5点)

環境すぐれもの 1/5点 ×  × ×  1.5/5点

※(◯=1点・△=0.5点・×=0点)で評価しています。
※臭いは点数を2倍に設定しています

生ゴミ処理機は長い期間使うものなので、少しでも快適なものを選びたいところです。筆者が実際に使ってみた感想としては、順位が低いものほどデメリットが多いように感じています。あなたがどこまで許容できるのかを考えながら選んでみるといいかもしれません。

この結果を踏まえて、生ゴミ処理機ベスト8を口コミも交えながら、それぞれの商品を紹介していきます。

1位:エコ美人

  • 本体価格:¥10,4000(定価)
  • 電気代:¥400/月
  • タイプ:ハイブリッド型

出典:Amazon

口コミ・評判

「とても満足です。」
評価:★★★★★5
以前乾燥型の生ゴミ処理機を使っていたのですが、臭いが少し気になっていました。壊れたのでしばらく使っていなかったのですが、たまたま催事場のイベント?で見かけてその場で買っちゃいました。生ゴミの臭いは全くしません。出た生ゴミは全てエコ美人に入れていますが、全然中身も増えないのでとても便利です。

エコ美人は室内で使える上、脱臭機能に優れているため臭いが漏れ出ることはまずありません。ゴミの投入時に蓋を開けると少し土のような臭いがしますが、蓋を閉めれば臭いはなくなります。

分解力が強く、内容物はほとんど増えないので、処理後のゴミを取り出す手間はありません。(半年〜1年に1度増えた分を取り出し)

筆者が使った生ゴミ処理機の中で唯一満足したものでした。

※注意|偽物が大量に出回っています。

必ず正規代理店で購入するようにしましょう。

Amazon正規店: https://www.amazon.co.jp/dp/B071KKNVZP

正規店一覧: http://sakuraeco.jp/900.html

※販売元のサクラエコクリーンは、助成金の関係もあり定価(税込112,320円)以外での販売を禁止しているようですので、それ以外の価格の場合は販売元が正規代理店かどうか確認しましょう。

2017年6月現在、Amazonにある出品者で正規代理店なのは『バイオエコショップ』だけでした。

2位:生ごみリサイクラーMS-N53

  • 本体価格: ¥50,813(ネット最安値)
  • 電気代:¥1,000/月
  • タイプ:乾燥型

出典:Amazon

生ゴミリサイクラーMS-N53はMS-N23よりも容量が多いため、一度に2kgまでの生ゴミを処理することができます。

さらに、容量が多いので処理後のゴミがいっぱいになるまで、そのまま次の生ゴミを投入できるので、ゴミ捨ての手間も減ります。

MS-N23と同様にコゲたようなニオイさえ気にならなければ満足度は高いでしょう。

3位:生ごみリサイクラーMS-N23

  • 本体価格: ¥39,288(ネット最安値)
  • 電気代:¥1,000/月
  • タイプ:乾燥型

 出典:Amazon

口コミ・評判

「若干音は気になりますが大変便利
評価:★★★★☆4
音は気になりますが、いやな匂いもせずに生ゴミを肥料として使用できるのでゴミが減り助かっています。

生ゴミリサイクラーMS-N23は乾燥型の生ゴミ処理機ですが、完全に密閉し高い温度の熱を加えているため、生ゴミが真っ黒(コゲたような状態)になります。処理中にニオイが漏れ出てくることはありません。

処理後に生ゴミのニオイはしませんが、食べ物をコガしたようなキツイニオイが広がるので注意が必要です。

処理後のゴミがいっぱいになるまで、そのまま次の生ゴミを投入できるので便利です。コゲたニオイさえ気にならなければ満足度は高いでしょう。

4位:パリパリキューブ

  • 本体価格: ¥23,798(ネット最安値)
  • 電気代:¥1,000/月
  • タイプ:乾燥型

出典:Amazon

口コミ・評判

「思っていたほどでは」
評価:★★★☆☆3
乾燥に時間がかかりすぎて、且つ下のほうの乾きがイマイチかな。使用中のいやな臭いは感じません。他の生ごみ処理機を使った経験がないので比較できないが、安かろう良かろうとはなりませんでしたので、星三つにしました。

パリパリキューブは乾燥型の生ゴミ処理機で、熱風を当てて乾燥処理させます。パリパリキューブライトと違って、脱臭機能は少し強いようで漏れ出るニオイは改善されています。

しかし、生ゴミのニオイが完全になくなるわけではなく、パリパリキューブライトと同様に乾燥処理する際に生ゴミから出た水分が容器にこべりつくので、使うたびに容器を洗わなければならず手間がかかります。パリパリキューブはおすすめできません。

洗い物が苦でない人にはいいかもしれません。

5位:パリパリキューブライト

  •  本体価格: ¥20,782(ネット最安値)
  • 電気代:¥1,000/月
  • タイプ:乾燥型

出典:Amazon

口コミ・評判

「乾燥中の大気へ流れる匂いが少し気になってしまいました」
評価:★★★☆☆3
乾燥中の大気へ流れる匂いが少し気になってしましました。
生ゴミ処理機を買ったのがこれが初めてで
他の生ゴミ処理機を使ったことがなくて、わからないのですが
生ゴミ処理機を使うことではある程度仕方ないでしょうか。それと、生ゴミの匂いが気になる夏場で使用したくなることが多くなると思いますが、
特に夏場では乾燥中のにおいが空気中に残らないようにするため、
部屋で使うときには稼働中は換気扇回したりなどして換気に注意して使う必要があるかと思います。

パリパリキューブライトは乾燥型の生ゴミ処理機であり、熱風を生ゴミに当てるためどうしても生ゴミのニオイが広がり、漏れ出てしまいます。

また、乾燥処理する際に生ゴミから出た水分が容器にこべりつくので、使うたびに容器を洗わなければならないので手間がかかります。パリパリキューブライトはおすすめできません。

6位:バイオクリーン

  • 本体価格:¥90,000(定価)
  • 電気代:¥1,000/月
  • タイプ:バイオ型

出典:Amazon

口コミ・評判

「満足しております」
評価:★★★★★5
一人暮らしですが燃えるごみの袋に入れて捨てている生ごみの処理がいつも気になっていて、今回思い切ってバイオクリーンを購入してみました。
結果は、設置も簡単でしたし、生ごみもすぐ分解してくれますし非常に満足しております。
生ごみの入ったごみ袋を1日でも早くどこかに処理したいと思っていた私にとっては本当に画期的な商品でした。
ただ匂いに関しては生ごみの匂いは全くしませんが、最初に投入するバイオ基剤の「アシドロコンポスト」は完全に無臭というわけではないので、その点は注意が必要だと思いました。

バイオクリーンはバイオ型の生ゴミ処理機ですが、臭いが出にくいタイプの微生物を使っているため、バイオ型の生ゴミ処理機の中では比較的臭いは抑えられています。ただし、酸っぱい臭いがします。

屋外用でありキッチンで出たゴミを外に運び出す手間と、電気代が1000円と高めなのでおすすめしていません。

投入したゴミは堆肥として活用できるため、家庭菜園を楽しみたいご家庭や農家の方は重宝するかもしれません。

7位:エアドライ RBIII

  • 本体価格: ¥9,800(ネット最安値)
  • 電気代:¥120/月
  • タイプ:乾燥型

出典:Amazon

口コミ・評判

「価格通りかな」
評価:★★★☆☆3
これまで使っていたN社の処理機が壊れたので、値段にひかれて購入しました。
乾燥はするものの、そのままでは堆肥に出来ないので仕方なく新聞紙で包んで捨てています。
処理時間もかなり要する為、我が家ではつけっぱなしで使用しています。
匂いも出ず、容量も大きいのでためてから捨てているので、ゴミ出しの回数は減らせるかとは思います。粉砕も出来るとありがたいなぁと思いました。

エアドライは乾燥型の生ゴミ処理機であるため、乾燥させるために風を送ります。そのためどうしても臭いが広がってしまうため注意が必要です。

生ゴミに含まれる水分に雑菌が繁殖することでイヤなニオイとなるので、乾燥させることでニオイがキツくなるのを抑えるというメリットはありますが、カラカラに乾くわけではないので、放置すればニオイはキツくなります

生ゴミ処理機というよりは、干物やドライフルーツなどを作るにはいいかもしれません。

8位:環境すぐれもの

  • 本体価格:¥84,240(定価)
  • 電気代:¥200/月
  • タイプ:バイオ型

出典:Amazon

口コミ・評判

カズーシャさん
評価:★★★☆☆3
扱いが大変です   少し生ゴミを入れすぎると すごい臭いがしてきます(バイオがお腹をこわしてしまう?)
臭いが怖くてペットの糞はいれてません
メロンの皮は処理できないみたいです(何週間も残ってます)
生の野菜は処理に時間がかかるので 電子レンジで熱を加えてから投入したほうが早く分解されます。

「環境すぐれもの」はバイオ型の生ゴミ処理機で、どうしても臭いが出てしまいます。屋外用ですのでキッチンで出たゴミを外に運ぶのが面倒でおすすめではありません。

虫が湧いたり、かき混ぜる手間がないので土中式のコンポストなどよりは便利です。

2. 人気で実力もそなえた唯一の生ゴミ処理機「エコ美人」の3つのメリット

筆者は現在も生産を中止していない生ゴミ処理機を買い揃え実際に使ってみました。その結果、良かったと思えた生ごみ処理機は唯一エコ美人だけでした。

出典:Amazon

というのもエコ美人には下記の3つのメリットがあったからです。

  1. 臭いが出ない
  2. 手間がかからない
  3. 音が出ない

2-1. 臭いが出ない

口コミ・評判

mariko4005さん
評価:★★★★★5
以前実家で、乾燥型の生ゴミ処理機を使っていたことがあります。その時は処理中に臭いが出て、臭いが部屋や服につかないか心配だったのですが、エコ美人は全く臭いがしないのでとても良いと思います。生ゴミを処理機にセットしたり、ボタンを押したり、ゴミを取り出したり、面倒なことは一切ありません。生ゴミを入れても気づいたらなくなっているので、本当に感心していました。もう使って半年くらいになりますが、まだ中身がいっぱいになりません。ちなみに2人暮らしです。

エコ美人は、分解力が強く、繊維質のものなど分解しにくいものを除いて99%分解するので、臭いの元から分解するので処理中に臭いが出ることはまずありません。

ただ、微生物の力を使って生ゴミを分解をするので、フタを開けると少し土のような臭いがしますが、脱臭機能に優れており臭いを外に出さないだけではなく、部屋の空気もきれいにしてくれます。(空気清浄機の機能付き)

臭いレベルを★の数で表しています。

エコ美人
(ハイブリッド型)
バイオクリーン
(バイオ型)
生ごみリサイクラー
(乾燥型)
パリパリキューブ

(乾燥型)

パリパリキューブライト
(乾燥型)
処理中に漏れ出る臭い なし ★☆☆1
発酵臭少し
★☆☆1
少し
★☆☆1
生ゴミが温まった臭い
★☆2
生ゴミが温まった臭い
処理物の臭い なし ☆2
発酵臭
☆2
焦げた臭い
★☆☆1
生ゴミが温まった臭い
★☆☆1
独特の臭い
処理後に機械を開けた時の臭い ★☆☆1
発酵臭少し
★☆2
発酵臭
★3
食べ物が焦げた臭い
★☆2
独特の臭い
★☆2
独特の臭い

※使用方法を守らなければ臭いが出る可能性もありますので注意が必要です。

2-2. 手間がかからない

エコ美人比は手間が一切かかりません。手間がかからない2つのポイントについての声を見てみましょう。

  • 都度の確認や定期的に捨てる手間がない
  • 家の外に捨てに行く手間がない

都度の確認や定期的に捨てる手間がない

口コミ・評判

ちむこ さん 30代 女性
評価:★★★★☆4
とても楽です。生ゴミが出たら処理機の中に入れるだけ。ずっと入れ続けていますが、中身が全く増えないので驚いています。

エコ美人は分解力が高く、99%分解するので、処理後のゴミがほとんど溜まりません。投入するゴミの量にもよりますが、半年〜1年に一度、増えた分を捨てるだけでかまいません。

他のタイプの生ゴミ処理機であれば都度ゴミをとりだしたり、容器を洗う必要があります。

家の外に捨てに行く手間がない

口コミ・評判

垣内 さん 70代 女性
評価:★★★★★5
10年前バイオ型の生ごみ処理機を使っていました。庭に置いていたので毎日外まで運び出していたのですが、もう年なので軒先きの段差もひざが辛くて大変でした。知人から室内に置けるいいものがあると聞いて、エコ美人を買いました。台所に置いているので野菜くずやお惣菜なども全てすぐ捨てれるのでとても楽です。

エコ美人はバイオ型とハイブリッド型の中で唯一の室内用であるため、キッチンで出た生ゴミを外に運び出す手間はありません。

乾燥させながら微生物に分解させるので、臭いが出ることはありません。さらに強力な脱臭機能がついているため、臭いが出ないだけにとどまらず、空気清浄機の機能も搭載しています。

下記の表は他の生ゴミ処理機と処理に必要な手間をまとめて一覧にしています。

  エコ美人
(ハイブリッド型)
バイオクリーン
(バイオ型)
生ごみリサイクラー
(乾燥型)
パリパリキューブ
(乾燥型)
パリパリキューブライト
(乾燥型)
発生する手間
  • 半年〜1年に一度のゴミの取り出し
  • 屋外まで運ぶ必要あり
  • 半年〜1年に一度のゴミの取り出し
  • 1週間〜2週間に一度のゴミの取り出し
  • 設定ボタンを押す
  • 都度のゴミ捨て
  • 都度容器を洗う
  • 処理完了までの長い待ち時間
  • 設定ボタンを押す
  • 脱臭フィルターの交換
  • 都度のゴミ捨て
  • 都度容器を洗う
  • 処理完了までの長い待ち時間
  • 設定ボタンを押す
  • 脱臭フィルターの交換

2-3. 音が出ない

口コミ・評判

たくまさん 35歳 男性
評価:★★★★☆4
生ごみ処理機は音がうるさいと聞いていました、全く気になりませんでした。ハイブリッド型は静かなんですね。

乾燥型の生ゴミ処理機は音がうるさいと感じる人も多いようですが、エコ美人は音がほとんどしません。神経質な人もエコ美人であれば気にならずに使うことができるでしょう。

下記はそれぞれの生ごみ処理機を使ってみて音の大きさを比較した結果を★の数で表しています。

エコ美人
(ハイブリッド型)
バイオクリーン
(バイオ型)
生ごみリサイクラー
(乾燥型)
パリパリキューブ
(乾燥型)
パリパリキューブライト
(乾燥型)
★☆☆1
ほとんどしない
★☆☆1
ほとんどしない
★★★3
気になる
★★☆2
少し気になる
★★★3
気になる

エコ美人についてさらに詳しい情報を知りたい人はこちらの記事「 実験と口コミでわかる室内用生ごみ処理機「環境エコ美人」完全ガイド」で紹介しています。

3. さいごに

人気の生ゴミ処理機の特徴やその真実について詳しくご紹介してきましたがいかがでしたか?

生ゴミ処理機選びで重要なポイントは下記の3つです。

  • 臭いが出ないこと
  • 手間がないこと
  • 音が静かであること

これらのポイントを満たして、人気な生ゴミ処理機は「エコ美人」だけです。人気や価格にまどわされずに、上記の条件を参考にしながら、あなたが納得のいく生ゴミ処理機を選んでください。

あなたの生ゴミ処理機選びが成功し、生活が快適になることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket